ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

鬼太郎本ダウンロード版に


原作とアニメの間に若干の設定の相違は存在するものの、多くの作品で「妖怪による人間支配」を目論む同作最大の敵として登場。卑怯で狡猾な手口で悪事を働き、鬼太郎と対立する。
アニメでは腰巾着として朱の盆を引き連れている事が多い。どこか間抜けなコメディータッチな面もある。

基本的に他者を利用するのが得意な悪参謀タイプ。強い妖怪を雇ったり騙したりして、あの手この手で鬼太郎達を倒そうと画策。
多彩な妖力の他、爆弾や仕込杖などの扱いにも長じる。4期101話の冒頭においては、原典の「人々が気づかないうちに民家に上がり込んでいる」能力を応用し、言霊使いの屋敷に入り口から侵入して誰にも気づかれずに一刻堂の部屋まで忍び込むといった芸当も披露した。

ぬらりひょんが創作において妖怪のボスとして扱われるようになったのはアニメ版鬼太郎の影響が大きいが、実は漫画版の「ゲゲゲの鬼太郎スポーツ狂時代」で墓の下高校校長として登場したのがボス妖怪として扱われた最初の事例だったりする。

当初は妖怪の存在を世間に認知させるために墓の下高校野球部を高校野球に進出させようと尽力する好々爺的なキャラクターだったが、物語後半になって実は人間達と野球勝負して土地を奪い妖怪の国を打ち立てようと企てる邪悪な本性を現した。
人間から魂を奪ったり、マリリン・モンロー柳田國男などの死人を蘇らせて配下として操るなど妖術に長けている。だが最後は人間側の味方についた鬼太郎に地獄流しにされた。

『最新版ゲゲゲの鬼太郎』では、夜行さんよりも下の立場だったが、鬼太郎には原作およびアニメ第1期、3期の単独エピソード中の「先祖流し」によって二億年前に飛ばされ、そこから生き続けたこともあり、閻魔大王様とも張り合うほどのとんでもない力を身に付けた(参照)。巨大化や念力爆弾、たんたん坊ばりのタン攻撃、テレビからの出現アパラチャノモゲータトスイガータルポなどの能力も得た。鬼太郎が左目を開けた回では、地球を守る為に人間と戦って滅ぼされた幽霊族の末裔ながら人間を助け、無実の人間を地獄に送り金を騙しとり未成年なのにタバコを吸う鬼太郎を「ぶりっこ妖怪」と呼び、幽霊族の悲運を伝え、鬼太郎に人間と戦うために共闘しようと持ちかけたこともある(参照)(参照)。

『鬼太郎国盗り物語』では妖怪共通の敵であるムーとの闘いにおいて鬼太郎に過去の対立を乗り越えて共闘を申し出て、手勢の精鋭部隊を駆使してムーを圧倒するなど妖怪総大将の威厳を見せつけた。
さらに『妖怪大相撲』では審判委員の一人として登場するなど、妖怪世界の名士である事を誇示した。

アニメ版

第1期

第12話に登場。原作とほぼ同じ。

第3期

戸田くん対ぬらりひょん


このシリーズ以降、日本妖怪の総大将と呼称され鬼太郎の宿敵として登場するようになる。劇場版では「妖怪皇帝」を名乗り、異次元妖怪を率いて東京を混乱に陥れ、「地獄編」では地獄の奥の院から盗んだ天叢雲剣の力で鬼太郎達を苦しめた。
しかし、最後は鬼太郎に剣を折られた挙句に、ぬらりひょんを裏切った朱の盤の体当たりを受け共に地獄に落ちていった。

第4期

ぬらりひょん


第46話の妖怪大裁判で鬼太郎の担当弁護士として登場した。多少腰の低い性格を演じていたが、第47話で実は鬼太郎を冤罪に陥れようとした真犯人と発覚、天狗ポリスから逃れようとするが、恐竜時代への古代流しの刑に処せられた。
その後、これといった説明もなく古代を生き延びて復活し、3期と同じく朱の盆をお供に付けて鬼太郎を付け狙うようになる。
第96~99話にて地獄以上の苦痛を味わうという試練を受け入れ、強大な妖力を得て「妖怪王」と名乗り、西洋妖怪の首領・バックべアードを従え日本を征服するも、べアードが横暴な態度に腹を立て裏切り、謀反を起こす。一度は倒されたかと思われたが、すぐに復活し返り討ちにして実権を取り戻す。最後は残りの配下たちの力を吸収し巨大化して挑むものの、鬼太郎達の活躍によって敗れ去った。

本来は妖怪王編で死亡する予定だったが、京極夏彦が脚本、キャラクターデザインを行った第101話「言霊使いの罠」にて、それを知らなかった京極が再登場させたことで、生き延びることになった(この回があったために急遽決まったためか、妖怪王編のラストでぬらりひょんが元に戻って生還したという描写はなく、それ以外にも言及されたことはない。4期のぬらりひょんはそういった設定的なものをひらりとかわして生き延びており、ある意味不死身のような存在と言える)。妖怪を言霊で伝承の元になった事象に戻してしまう陰陽道いかるが流陰陽師である一刻堂に、彼の先祖と500年前に交わしていた契約を口実に鬼太郎の抹殺を依頼した。最終的に先走って晒した醜態で失敗し逃亡したが、一刻堂には、最後にが正体であると言われてしまった。

再登場以降はすっかり元の悪巧みしか能がない小悪党キャラに戻ってしまい、113話ではねずみ男に騙されて使えない刺客を雇うことになるなど、冴えない活躍に落ちぶれた。

第5期

ぬら鬼ログ③


第8話で初登場し、自身の妨害をする鬼太郎抹殺を目論み、綿密な策略で追い詰めるが、最終的に失敗した。その際額に鬼太郎との戦闘で髪の毛剣に斬りつけられた傷ができ、以降ある種のトレードマークとなっている。
この件もあって鬼太郎のことを深く憎んでおり、「鬼太郎の抹殺こそが自らの生きがいだ」と語っている。西洋妖怪の首領・バックベアードとは鬼太郎の存在や手強さを教えるなど一応の協力関係を築いており、4期妖怪王編の様な上下関係や6期の様な険悪さこそなかったものの、後述の様に衝突する場面はあり、「私以外に鬼太郎は殺せない」とも語っている。
第30話で片車輪を使った鬼太郎抹殺に失敗し、朱の盆、蛇骨婆と共に天狗ポリスに逮捕された。その後、第39話で石詰め五千年刑の執行寸前、旧鼠の呼んだかまいたちの助力と獄中で新たに身に着けた鉄の爪で護送の檻を破り、「鬼太郎を倒す機会をやる」とかまいたちを仲間に加え、一味を引き連れて脱獄に成功した。

あくまで自分で鬼太郎を倒すことに執着しており、第47話で百々爺が鬼太郎に濡れ衣を着せようとした際は不服だったようで、密かに百々爺の逃亡を妨害し鬼太郎を助けている。
第61話では妖怪城の主・たんたん坊に従うふりをし、たんたん坊が鬼太郎に倒された後に妖怪城とその操縦装置を奪う事に成功。第72話で妖怪城を(予期せぬ朱の盆の活躍もあって)家鳴りの力で復活させると、日本妖怪の頂点に立てると言われるほどの力を手に入れる。第85話では次々と妖怪を城へ取り込ませ強化させたが、取り込まれた鬼太郎が城内で放った獄炎乱舞により津軽海峡に撃沈され、しばらくの間傷を癒すように妖怪城に言い渡し去っていった。その後テレビ本編は打ち切りにされたため、出番がないまま終了した。

最後の登場となった劇場版日本爆裂では世界悪党妖怪サミットに出席中、日本列島がヤトノカミの復活により崩壊の危機にあると知り、「日本はヤトノカミに滅ぼされる」と祖国をコケにしたバックベアード達への反感もあって、窮地に陥った鬼太郎に思わず「頑張らんか!」と応援してしまっている。鬼太郎が勝って日本が守られた後は、コケにした面々の鼻っ柱を明かすことになった結果に満足し、高笑いをあげながら会議を退出していった。

第6期

ぬらりひょん


最終章ぬらりひょん編にて登場。前章「地獄の四将」編にて「大逆の四将」を解き放った真の黒幕であったことが判明。間接的とは言え石動零の里を滅ぼした首謀犯(実行犯は玉藻前)でもある。
部下の朱の盆や、敵対者である鬼太郎相手にでも丁寧な口調で話すが、裏では陰謀を張り巡らせる老猾な男で、人間・妖怪を問わず自身の利益にならない者や目障りな者、用済みとなった者は躊躇無く始末する冷酷で残忍な性格をしている。

これまでのアニメ版と異なり支配欲の権化ではなく、「人間が沢山作った光を駆逐し闇を取り戻す」という「妖怪の復権」を掲げる妖怪側の保守過激派頭目として鬼太郎達の前に立ちはだかる。尚、「妖怪の復権」の妖怪とは妖怪という種の事を指しており個々の妖怪の事は自分も含めて駒としてしか見ていなかったりする
その目的のため「大逆の四将」脱獄の手引き以降も、人間に不満を持つ妖怪を焚きつけて暴れさせたり、その妖怪を鬼太郎にわざと退治させて妖怪同士の対立を煽ったり、爆弾テロを仕掛けて人間同士の不信感や対立を煽るなどして世界に混乱と分断をもたらしている。さらに何処へでも侵入できる能力の他、政治家に賄賂を贈るなど政財界にも顔が広く、その存在が表沙汰にされる事なく社会の影で暗躍している。
明言はされていないものの、草案の書類を持っていたことから妖対法の成立にも一枚噛んでいると思われる。

第94話で奪い取った富士のエネルギーを西洋妖怪に手渡し、その力でバックベアードを復活させ、共通の敵・鬼太郎を倒す為に同盟を結び、共に人間への宣戦布告と街の焼き払いを行った。その結果人間と妖怪の不和は決定的なものとなり、人間側を止めようとした鬼太郎も殺されてしまう。
これにより憎悪に染まったねずみ男や、その他妖怪をも引き入れ、遂に人間と妖怪の大戦争を開始した。

第96話では戦争が優勢である事を見届けると、用済みとなったバックベアード達を彼らにとって猛毒となる神聖な「レックス・ネモレンシス」の血液入りワインを飲ませ始末(妖怪も人間も支配しようとするベアードとは思想が相容れなかったという理由もある)。
更に犬山まなをねずみ男に射殺させようと拳銃を手渡し、彼女への情を捨てられず頓挫した事でねずみ男も用済みと判断し始末しようとするが、裏切りに激怒し暴走したベアードが世界各地で被害をもたらし始める。これはぬらりひょんにとっても全くの誤算で、暴走したベアードを止める手立てまでは講じていなかった。ベアードの妖力を見誤ったと失策を認めるが、もはやどうにもならない状況に陥る。目玉おやじに争っている場合ではないと共闘を提案されるも「人間と手を組むことなどありえない」と拒み、付近で起こった爆発に乗じ逃亡する。

最終回で復活した鬼太郎がねずみ男の必死の呼びかけに応じた人間達と妖怪達の応援の力でベアードを撃破した後、苦々しい表情で敗北を認める。
しかし、和解・更生を勧める鬼太郎に対して「同志を無駄死にさせた責任はあっても償うべき過ちなど無い」と自らの考えを曲げることは一切なく、むしろ鬼太郎がこれまで多くの妖怪達を倒した罪こそ償うべきだと指摘。そして最後は、「敵の情けを受けて生きるくらいなら潔く自ら死を選びます」「私が去っても志を継ぐ者はきっと現れますよ…」と言い残し、自爆して消滅した。
この時、本当に死亡したのか疑問に思う視聴者もいたかもしれないが(妖怪が倒されると魂が出てくるがぬらりひょんはその表現がなかったため)その後、山奥の桜の木で朱の盆がぬらりひょんを思いながら黄昏ていた様子からも、本当に死亡したと思われる。

ぬらりひょんの同族殺しの誹りは鬼太郎に少なからず影響を与えたのか、10年後に犬山まなを襲ったわいらに対し、ちゃんちゃんこパンチでは無く薙ぎ払いで追い払うに留めていた。
また、同じく10年後の場面は妖怪の隔離区域と思われる『霊毛ちゃんちゃんこと同じ柄の隔壁で囲われた場所』や、頭から妖怪の存在を否定する者がいたりと、人間と妖怪の距離がかなり離れているように描かれている。それどころか件の隔壁の看板は「関係者"は"立ち入り禁止」と落書きされていることから(関係者というのが政府と妖怪のどちらを指すにしろ)互いの憎悪意識が燻り続けているとさえ言える。
このような事件の爪痕を残したため、死して勝ち逃げされたとも解釈できる。

実写版

実写版でも黒幕として登場しており、1985年に放映された月曜ドラマランド版ではボディコンの女性姿(演:夏樹陽子)という斜め上の人間態をとっていた。(正体は着ぐるみで表現され桑原たけしが声を担当)
1987年の悪魔くんとコラボしたビデオ作品『妖怪奇伝ゲゲゲの鬼太郎 魔笛エロイムエッサイム』では妖怪皇帝姿で汐路章が、2008年の『千年呪い歌』では妖怪の総大将として緒形拳が演じた。

部下一覧

蛇骨婆…ぬらりひょんの部下というより仲間。参謀役。初登場は原作からと実は以外に長い。
朱の盆…ご存知アニメから登場したぬらりひょんのレギュラー部下。まぬけでちょっとドジな愛すべき馬鹿ポジションだったが、6期ではかなり有能になった。
夜行さん…鬼太郎の仲間だが、初登場の1980年代の「最新版」やアニメ第3作ではぬらりひょんの部下として登場した。
がしゃどくろ…アニメ第3作の映画や実写2作目で部下として登場。
再生妖怪軍団…ぬらりひょんが妖怪香炉を使って再生した妖怪。「最新版」とアニメ第3作に登場。
見上げ入道…アニメ第3作と4作、「最新版」に登場。
濡女…テレビと映画の実写に登場。
ヨナルデパズトーリ…「最新版」とアニメ第4作に登場。
百々目鬼…アニメ5期での部下、人間に化けている時の名前はひとみ。元々は人間の少女だったが盗みを働いた天罰で妖怪になってしまい、ぬらりひょんの世話になっていた。ぬらりひょんの命令で人間の少女に成りすまして鬼太郎に接近して罠に嵌めるのだが……。
火取り魔…アニメ5期に登場。火の代わりに電気エネルギーを吸収させた結果、6期のベアードよろしく爆弾化した。
かまいたち…アニメ5期での部下。元々はフリーの殺し屋だったが、鬼太郎に負けた雪辱を晴らすためにぬらりひょんと行動を共にする。
旧鼠…アニメ5期での部下。全身にあらゆる毒や病原菌をため込んでおり、爪を突き立てて相手に毒を送り込むのが得意。
蟹坊主…アニメ5期での部下。巨漢で怪力の持ち主で、口から泡を吹いて相手を固める事もできる。旧鼠とコンビを組む事が多い。
本所七不思議…ぬらりひょんが鬼太郎を抹殺するために目玉おやじを人質に取り本所七不思議で待ち伏せした妖怪軍団。メンバーは、狸ばやし、送り提灯、雷獣、足洗い、板鬼、狐者異(こわい)、足洗い、おいてけ堀、草かまいたち。「最新版」とアニメ3作の最終回に登場。
邪魅…アニメ3作と4作、6作でぬらりひょんに協力していた。
火車魍魎釜鳴り…かつて鬼太郎に退治された妖怪。3作の最終回でぬらりひょんに協力していた。
百々爺…アニメ4作と漫画版の「妖怪千物語」で協力したが、5作では上記のように妨害している。
逆柱…「最新版」とアニメ4作で部下になった。「最新版」では野衾を使って複製人間を作った。4作ではぬらりひょんに騙された。
片車輪…アニメ第5作に登場。ぬらりひょんが復活させた。
バックベアード…アニメ第4作と第6作で部下になった。但し4作では彼を裏切った。
ダイダラボッチ…アニメ3作と6作に登場。
わいらさがり…最新版での部下。なぜか合体した。
土蜘蛛…最新版とアニメ第3作の映画で配下になった。
猫仙人…アニメ6作目に登場、朱の盆が封印を解いて賛同者にした、ぬらりひょんの事を「あの方」と呼んでいる。
手の目…アニメ6作目と実写版に登場。
七人同行…アニメ6期に登場、ダイダラボッチの復活し操るために暗躍した。
土転び…アニメ第6期に登場、自分の住処がなくなった元凶だと知らないで、彼に賛同する。
ぬっぺっぽう…第6期に登場。
朧車…アニメ3作映画の部下

キャスト

アニメ版では青野武が第3期と第5期の2シリーズで長期に担当したため、そのイメージが強いといファンも多い。とはいえそれぞれ世代間で差はある。

アニメ版

※大塚明夫は青野武とMGSシリーズで共演していた他、父周夫同様にねずみ男のCVを務めた事がある。他、直接関係はないが、周夫は「ぬらりひょんの孫」でぬらりひょん役を演じている。明夫は番組終了時に父の携わった作品にレギュラーとして携われることを喜ぶコメントをしている。

ゲーム版

実写版
  • 桑原たけし(声)(テレビドラマ「ゲゲゲの鬼太郎」)
  • 夏樹陽子(人間態)
  • 汐路章(「妖怪奇伝ゲゲゲの鬼太郎 魔笛エロイムエッサイム」)
  • 緒形拳(「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」)

関連項目

ゲゲゲの鬼太郎 ぬらりひょん 黒幕 悪のカリスマ

関連記事

親記事

ゲゲゲの鬼太郎 げげげのきたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぬらりひょん(ゲゲゲの鬼太郎)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21575

コメント