ピクシブ百科事典

田中ゲタ吉

たなかげたきち

田中ゲタ吉とは、鬼太郎その者である。
目次[非表示]

ぼく小学校をおろそかにしていたものですから。

解説

ゲゲゲの鬼太郎』シリーズの主人公鬼太郎が成長した姿。
鬼太郎の青春時代を描いた非常にブラックカオスな事で有名な作品『続ゲゲゲの鬼太郎に登場する。『その後のゲゲゲの鬼太郎』とは別編なので注意を (鬼太郎の子作りが描かれる点で共通している)。

『続』の劇中、鬼太郎は妖怪に理解のある民生委員万助老人に「妖怪も人間の中で暮す時代」と助言され、彼の世話の元、幽霊族としての素性を隠して人間社会で生活を始めた。
この時、名乗った名前が田中ゲタ吉。田中姓の由来は不明だが、目玉おやじ中の人が故田の中氏であり、全く名前につながりが無いわけではない。

少年期に比べると頭身が上がっており、服装もちゃんちゃんこを編みなおしたシャツに長ズボンと言ういでたちに変わっている。
そして「ゲタ吉」という偽名でありながらゲタは履いていない。ただし「相撲の巻」で浴衣を着た際にはゲタ履きであった。

墓の下高校と言う学校に通っており、収入を得る為に新聞配達などのアルバイトも行っている。当初は貧乏劇画家の家の2階に下宿していたが、劇画家に迷惑をかけた為に追い出され、7年ぶりに再会したねずみ男と共に町外れの幽霊屋敷に住処を変える。
基本的な性格や行動は墓場鬼太郎のものに近く、相変わらずタバコや酒を嗜み、世の中をすねた視線で眺め、どこかマヌケなところを持ちつつもクールなニヒリストを気取っている。
しかし年頃の青年らしい純情さもあり、ユリ子という人間の恋人が狩首マラ男に寝取られ、失恋したときには涙を流した。郷ひろみに嫉妬したこともある。

もちろん、恋やエロ方面にばかりうつつを抜かしているわけではない。小学校にもろくに行くことができなかった息子に「東大ぐらい行ってもらいたい」と無茶ぶりする父に辟易しつつも、大学進学を目指し勉強にもそれなりに励んでいる。
……が、妖怪退治のためにままならず落第気味。

俺 正義の味方だもの

俺 正義の 味方だもの




エロと不条理に特化した「続ゲゲゲ」のカオスな内容とは


「ぼく まだ高校生なんですけど」
「鬼太郎よ おまえもか」
「お父さん なんてエッチなことするんです」

「続ゲゲゲ」では、思春期の青年らしく異性に対して好奇心旺盛になった鬼太郎が、金と欲の大人の世界で活躍する様子が描かれている。
ねずみ男が「女房」として連れてきた裸の美女を見て出会い頭に「ゴチソウ」と心の声を漏らし、「タダ」でデキると知って更に興奮したり、鬼太郎とねずみ男が仲良くもげたり、学校での部活動(「女体研究部」)に励んだり、ゲイバーに通ったり、暴力団に身売りされたり、おやじが女体「内」でウハウハしたのは有名。
猫娘もヒゲを生やす高慢ちきになるねずみ男との殺し合いの末に殺されたそのあと本人または全くの別人の猫娘が登場した、などと忙しい(昔の本編でも、鬼太郎ファミリーはねずみ男のせいでほとんど全員死亡したが、その後に何事もなく復活しているなどあったが)。

後に原作者の水木しげる「鬼太郎にセックスを持ち込んだのは失敗だった」と述懐している。その為か、続編にあたる新ゲゲゲの鬼太郎スポーツ狂時代ではアダルト色からの脱却のための多少の軌道修正が図られている(偶然から相撲界に入門する、さらには野球界で活躍するようになる、など)。

ゲタ吉さん×野球狂の巻


が、結局はとんでもないセクハラ相撲であった

だが、しかし!
これこそ御大の本領発揮と喜ぶファンも存在する名作or迷作or怪作である。

「水木先生とぼく」より



また、『挑戦シリーズ』などにもあった描写(あの玉藻前とセックスバトルいやみが更にやばいことになっている鬼太郎とねずみ男が互いの糞尿の取り分で争うチンポなどなどなど)から見ても、6期の尻子玉騒動などまさに屁のかっぱである。

要はナニが言いたいかというと、普通である

関連イラスト

ちょっとこんなん
深夜はお気を付けて


鬼太郎とベルゼブブ
死なせるものか



外部リンク

関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎
鬼太郎シリーズのカップリング一覧参考になるだろう
公式が病気
封印作品

pixivに投稿された作品 pixivで「田中ゲタ吉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 897179

コメント