2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

浴衣

ゆかた

略式の和服。pixivでは、主にそれを着た人物に対してタグ付けされる。
目次[非表示]

概要

木綿で仕立てた薄手の和服
その原型は、平安時代に登場し貴族入浴の際に着ていた製の単衣(ひとえ)「湯帷子(ゆかたびら)にあり、それが略されて「ゆかた」になっていったものと考えられている。

当時はお湯に浸かる習慣が無く、現在のスチームバス(乾式のサウナではない)のような「蒸し風呂」に入っていた(元来日本ではこの蒸し風呂が「風呂」と呼ばれていた)。
そのため高温の蒸気火傷をしないよう、また入浴中にを隠しつつを拭えるよう、湯帷子を着用していたのである。

江戸時代になると、湯屋銭湯)の普及と共に浴衣の着用も広まってゆく。
湯上りにバスローブのように着られていた浴衣は、次第に自宅と湯屋との往復にもそのまま着用されるようになり、なし崩し的に簡易な外出着として認識されていった。
さらに、花見祭りなど野外イベントに浴衣で出かける事も流行し、本格的に普段着と遜色ないデザインが意識されるようになっていった。
ただしこれは、あくまで庶民階級に限った話であり、貴族にとってははしたない行為であり続けた。彼らはせいぜいプライベートな空間で寝間着に用いる程度であった。

Purplish Night
灯籠流し



はしたないと言えば、この時代の浴衣は下着にあたる襦袢を着けず、素肌に直接まとうものとされていた。すなわち、着用者の大多数がはいてないしつけてないのである。

元々これ自体が下着のようなものと捉えられていたという事情もあるが、そもそも羞恥心を覚えるポイントが現代とはずれており、着物を着用した際に下着のラインが浮き出てしまう事の方を気にしていたようである。
生地の薄い浴衣はこれが顕著で、ならば何も付けない方がマシという論理らしい。
明治に入り洋服が広まった後も、和服を着る時だけは「はかないしつけない」という感覚が昭和の初期くらいまでは当たり前に残っていたという。

この感覚は二次元男性向け界隈で細々と生き続けており、現在でもそのような描写がなされる事が稀によくある(→裸浴衣)。R-18だった日にはそのまま外で致しかねない(→野外プレイ)。
もっとも彼らの場合、ラインが見えたら見えたで「我々の業界ではご褒美です」とでも言うのみだろうが・・・

センシティブな作品
紫陽花と浴衣



現代の浴衣

戦後、日本社会から和服がほとんど駆逐された後、浴衣はハレの日の衣装として残存した。
特に場のイベント事に着て行く着用方法は江戸時代から変わらずに続いており、非日常感の演出に一役買っている。
和服としては比較的安価で手入れもしやすいため、外国人お土産としての人気も高い(ただし、pixivでは外国人を描いた作品や海外からの投稿はさほど多くない)。

告白
柳通りの灯篭流し



特に若い女性の間では、お洒落の手段として様々なデザインが発展した。
中にはフリルミニスカートの要素を取り入れたものも現れ物議をかもしたが、着物ドレスミニ浴衣などとして一応の定着を見ている。

【※♂】お祭り
✿



旅館ホテルでは、季節を問わず寝間着として浴衣を用意しているところが多い。
もちろん日本独特の文化で、館内を歩き回る程度であればその格好で構わないとされる。

こうした浴衣は「温泉浴衣」と呼ばれ、寝る時に邪魔にならぬよう、一般的な浴衣よりが細く、のたもとがやや短く作られる。また、芯が無いため柔らかい。

旅館の窓際のスペース、好き
湯上がり



一昔前は共用スペースに卓球用具一式が用意されている事が定番で、それは浴衣姿でやってこそ面白いとされた。この競技を俗に温泉卓球と言う。

余談

  • 7月7日は「ゆかたの日」である。これは七夕関連のイベントがあって浴衣が着られやすく、さらに伝統的には衣服に感謝する日であった事による。
  • 古典的な浴衣は白地と染が多い。熱のこもりにくい白地はに、避けの効果がある藍染はに着用された。
  • 現存最古の浴衣は徳川家康のもの。着古した浴衣は、おむつなどに仕立て直される事が多かったため、残っているものはわずかである。


関連イラスト

月夜霊-TSUKUYOMI-
これが私のお姫様 タペストリー
祭
夏影には牡丹を


風鈴
おかえりのあかり
無題
七夕


無題
真夏の出会い
2020花火大会
# Seabreeze 20200718



ちなみに、pixiv最古の浴衣絵はこちら。

浴衣



関連タグ

着物 和服 和風 日本の夏 夏の風物詩
浴衣男子 浴衣美人 ミニ浴衣 裸浴衣
甚平 羽織

別名・表記ゆれ

ゆかた yukata

個別タグ

関連記事

親記事

着物 きもの

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212019833

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました