ピクシブ百科事典

ロックマンXDiVE

ろっくまんえっくすだいゔ

『ロックマンX DiVE』は、2020年にスマートフォンアプリとして配信されたロックマンXシリーズのスピンオフ作品。
目次[非表示]

概要

2020年3月24日に配信された『ロックマンXシリーズ』のスピンオフ作品。
ジャンルはアクションRPG。英語表記は『ROCKMAN X DiVE』。
本作はXシリーズの続編ではなく、電脳世界「ディープログ」で発生したXシリーズのデータバグを主人公であるプレイヤーが新キャラクターのリコと共に修正していく、という「if」を描いたストーリーになっている。

制作は2018年3月から日本台湾の連携で行われ、グループ会社のカプコン台湾が企画・開発、カプコン本社が監修などを務めている()。
台湾のプロデューサーは同支社の依田秀登、日本のプロデューサーは橋本賢一。
2019年9月12日にクローズドβテスト版が配信され、日本も対象にテストが実施された。
日本版は株式会社カプコンから2020年10月26日に配信された。日本での正式リリースは当初から想定され、台湾版を先行配信した上で準備が進められた()。

ハードは過去に配信された『ロックマンXover』と同じスマートフォン。ボタンの配置・サイズ・透明度などを自由に変更できるほか、ゲームパッドによるプレイにも対応している。
ロックマンシリーズ総合プロデューサーの土屋和弘によると、多くの人が所有するスマートフォンでXシリーズの楽しさに触れてほしいという思いから本作が制作された()。

プレイについて

台湾版が正式に配信されている国は、アジア地域を中心に台湾・香港・マカオ・シンガポール・マレーシア・フィリピン・インドネシア・タイ・カンボジア・オーストラリア・ニュージーランド・インド。
オプションで設定できる言語は、順に中国語・日本語・英語・タイ語。海外公式サイトは中国語と英語。

日本版は台湾版と同じ流れで進行し、配信時点でキャラやシステムが最新の状態になっている。
なお、それぞれバージョンが異なるためユーザーデータの引き継ぎはできない。

選択できるサーバー毎にセーブデータは別のものとなるが、プレイヤー同士のマッチングなどはサーバー全体で行われる。

特徴

3Dグラフィックによる横スクロールアクションゲームで、Xシリーズでは『ロックマンX8』や『イレギュラーハンターX』に近い。
また、唯一のRPG作品である『コマンドミッション』からもキャラクターが多数登場している。

タイトル通りXシリーズを基にしているが、他の各ロックマンシリーズのキャラクター・装備類・ステージなども登場する。
また、各画面のアイテムBOXの絵は初代シリーズエディになっている。

イラストや3Dモデルは一部を除き台湾で新規に製作され、タッチは2018年の『ロックマンX アニバーサリー コレクション』に合わせている。
それらを『イレハン』以降のデザイナーである水野佳祐が監修・修正することで、よりXシリーズらしさを引き出している()。
味方キャラのイラストはLive2D系のソフトによりよく動く。また、3Dモデルのポージングは過去の公式イラストなどを基にしている。

キャラクターボイスはすべて日本語で、基本的に過去作の収録分のうち最も新しい戦闘用ボイスを流用している。
そのため引退済みの声優(『ロックマンロックマン』でロールを担当した二宮圭美、『ゼロ』シリーズでレヴィアタンを担当した今井由香など)のボイスも使用されている。
なお、アイリスは『X4』に戦闘用ボイスがなく、当時担当していた水谷優子が2016年に死去しているため、後任の遠藤綾による新録になっている。

BGMは本作オリジナルの他に過去作品のものが多く使用・アレンジされている。一部アレンジはXシリーズに携わった作曲家の小見山優子が担当。

ストーリー

あらゆるゲーム、そして、そのゲームをプレイしたプレイヤーたちの思い出の記憶を全て保存する電脳世界「ディープログ」。
ところがその中で、『ロックマンXシリーズ』の記憶を保存していたディープログにおいて、経年劣化だけとは思えない謎のバグが生じ始める。
『ロックマンX』をプレイしていたプレイヤーは謎の声に導かれ、そこで出会った少女・RiCOと共に、『ロックマンX』とプレイヤーたちの大切な思い出の記憶を守るべく、バグの修正を開始した!

登場人物

本作オリジナル

  • 主人公

プレイヤー本人。リコからは「プレーヤさん」と呼ばれている。
主にエックスたちを操作してデータの修正を行う。

NAVIGATORリコちゃん


CV:上田麗奈
プレイヤーが出会った少女。現在のディープログを管理している。
ナビゲーターとしてゲームの操作方法やバグの原因であるイレギュラーデータを解説する。非常にはっちゃけた喋り方が特徴。
詳しくは彼女の記事を参照。

敵か味方か!?青ゼロ登場!


プレイヤーの前に現れた謎の存在。
『1』の頃のゼロに似た姿をしているが、メインカラーはゼロの反転色である青となっている。
以前はディープログを管理していたらしく、内情をよく知っている様子。
また、姿について彼自身は偶然ゼロを基に具現化されたためと予想しており、名前も本来は存在しない。
本来のゼロと比べると口調は軽めで、よくリコをからかったりしている。口癖なのか「はっ!」と笑うことが多い。
ストーリーでは的確にプレイヤーをサポートしたり、高い戦闘力でピンチを救ったり、イベントでは現実世界の行事について詳しく解説したりしてくれる。

ハンタープログラム

本作の操作キャラは「ハンタープログラム」と呼ばれるプレイヤーの分身扱いであり本人ではない。そのためか、装備する武器の互換性に関しては心配はない。
ストーリーやイベントでは本人のゲームデータが具現化され意識をもった存在として登場する場面もあり、そのデータをハンタープログラムとして登録することもできる様子。

ノーマルエックスとアーマー形態、ゼロとブラックゼロなど、原典では同一のキャラクターも個別に扱われているが、スキン変更により使用できる形態もある。
また、ゲーム作品以外にも本作オリジナルや過去の公式イラストを元にしたバリエーションもある。

一覧画面では未入手のキャラも含めてステータスおよび3Dモデル・イラストを確認できる。
キャラの多くは海外公式サイトにて担当声優や設定解説が掲載されている。

ロックマンXシリーズ


おなじみのプレイヤーキャラに加え、『X8』のようにナビゲーターのエイリアたち、そして本来は敵キャラであるVAVA(『イレハン』では操作可能)やシグマまでも操作できる。
マリノやシナモンは外伝作品『コマンドミッション』から15年以上ぶりの再登場となる。
ヴァジュリーラFF(およびMC)、マグマード・ドラグーンはボスとして先行登場。

ロックマンシリーズ


特徴として効果音が初代シリーズのものになり、Xシリーズの地上ダッシュがスライディングに置き換わっている(空中ではエアダッシュ)。
ロールは『8』の長袖姿で、武器はロールバスターではなくモップ。
操作キャラ以外にサポートロボットのラッシュエディビートも味方として登場し、イベントステージではラッシュジェットも登場した。

ロックマンゼロシリーズ


他のシリーズと比較するとゲーム本編のボイス量の関係で台詞の種類が少ない(特にゼロは掛け声が中心)。
レヴィアタンとハルピュイアはゼロシリーズのデザイナーである中山徹により3D参考用の設定画(12)が描き下ろされた。
シエルの味方としてサイバーエルフも登場する。
コピーエックスとオメガはボスとして先行登場。

ロックマンZXシリーズ


エールはライブメタルでロックオンすると一定時間モデルZXに変身できるシステムになっている。

ロックマンDASHシリーズ


トロンはグスタフに搭乗して戦うことができる。
コブンはトロンの味方やイベントステージのボスとしての登場を経て実装された。また、それぞれクロスオーバー作品の技も使用する。
2回目のイベントステージではロール・キャスケットも会話シーンに登場した。

ロックマンエグゼシリーズ


ロックマンのオペレーターとして光熱斗(CV:比嘉久美子)も演出に登場し、イベントステージでは会話シーンにも登場した。
同様に、ボイスは無いがブルースのオペレーターとして伊集院炎山も演出に登場する。

イレギュラーデータ

ディープログで発生するバグの原因となっている存在で、主にXシリーズのボスキャラクターが具現化されている。
データの異変により原作とは異なる場面に出現するケースも多く見られる。また、ステージ構成やザコ敵の配置が異なるのもバグの影響と推測されている。

意識の無いデータのはずが、レプリロイドはプレイヤー側との意思疎通ができるようになっている。口調や性格は基本的に原作準拠。
更に、本来は言葉を発することがあっても自我は無いメカニロイドまでもプレイヤーに語りかけるという不可解な事態も発生している。
会話の内容から、彼らには何らかの「役割」があり、ヴィアとの接点もあることが示唆されている。

出現時はボスの解説文が表示され、能力の特徴や原作における役割が記述されている。
また、イレギュラーデータの多くは後述の「BOSSチップ」としてその能力が再現されている。

ロックマンXシリーズ

ボス


イベントステージ登場

中ボス
  • ビーブレイダー
  • モルボーラー(『イレハン』版デザイン)
  • 超巨大メカニロイドCF-0
  • RT-55J
  • REX-2000(マッド・ジョーイ搭乗)
  • メットールギガント
  • シュリケイン
  • RT-55J(ヤコブver)(仮)(本作オリジナル)
  • チョップレジスター
  • レイダーキラー

イベントステージ登場
  • RT-55J(ホワイトデーver)(仮)(本作オリジナル)
  • メットールG(サマーver)(本作オリジナル)
  • モルボーラー(リーバードver)(仮)(本作オリジナル)
  • RT-55J(バレンタインデーver)(仮)(本作オリジナル)

ロックマンシリーズ

ボス


イベントステージ登場

ロックマンゼロシリーズ

ボス(イベントステージ)

  • コピーエックス(第1形態)
  • オメガ(第3形態)

ロックマンDASHシリーズ

ボス(イベントステージ)

  • コブン(4体&キングコブン)

主なゲームシステム

基本システム

アイテムの入手や強化に使用するものとして、「AP」(スタミナ)・「ゼニー」(資金)・「エレメタル」(石)などがある。

キャラや装備類は、ストーリー進行や期間限定イベント、ショップや「アイテム研究」(合成)などで「断片」を一定数集めたり、「ダイヴカプセル」(ガチャ)で対象を直接排出したりすることで入手できる。
RPG要素としてレア度のほかレベルやランクなどの概念も存在する。また、断片は入手した対象をランクアップする際にも使われる。
イベントでは周回して断片を集めることで入手やランクアップしやすいが、カプセルに関しては特に排出率が低い対象は地道に引き、その上で断片を集める必要がある。

チャット機能もあり、過去作品のドット絵やリコの絵文字も使用できる。
後に絵文字は台湾版1周年記念のタイミングで公式LINEスタンプとして発売され、リコ以外のキャラクターが大幅に追加されている。

キャラ

基本アクションは全キャラクター共通で、ダッシュ(スライディング)・エアダッシュ・壁蹴り・しゃがみ・2段ジャンプを行える。
敵に近づくか直接タップすると照準が出現し、角度を問わず狙い撃つことができる。
各キャラには個別のスキルが2つあり、原典で使用している攻撃技や能力アップ技が多い。

また、既存の公式イラストが描かれた「ダイヴカード」を装着することでステータスが上昇する。
1人につき最大3枚で、タイプを揃えたり特定のキャラに装着したりすることでスキルが発動する。

一部のステージではライドアーマーにも搭乗可能で、その際は移動や攻撃技が専用のアクションに切り替わる。
ベースは『X8』に登場したゴーレムで、ザコ敵も含めていくつかバリエーションがある。

装備

武器の系統はバスター・セイバー・マシンガン・インジェクター・ランチャーの5種類に分かれている。
エックスやゼロのおなじみの武器に加え、アレンジされた歴代キャラのものや本作オリジナルなど幅広いバリエーションがあり、メイン・サブの2つを選択して切り替えながらミッションを行える。
そのため原典では見られないようなキャラと武器を組み合わせて活躍させることも可能。
未使用の武器に関しても、攻撃やライフのパラメータが上がる「サブアーム」として活用できる。
なお、ザコ敵も一部の武器を装備した状態で迎え撃ってくることがある。

登場ボスのデータから作られた「BOSSチップ」を武器に装備することで、原典における特殊武器のような技を付加できる。
「ダイヴトリガー」と呼ばれる攻撃や回復スキルも存在し、その中から選択した2つを1ステージの出撃で1回ずつ使用できる。
特定の部品を用いて頭部や腕部などの「アーマー」を作ることができ、それぞれ装備することで防御やライフのパラメータを上げることができる(キャラの外見には反映されない)。


本作では上記の装備類に強さを示す数値である「総戦力」が設定され、プレイヤー自身の戦闘力と合わせた総戦力が表示される。
また、使用していない装備類の多くも戦力に上乗せされるほか、「図鑑」ではキャラ・武器・カードの使用回数や強化度の目標を達成することで戦力アップにつながる。

各ステージには出撃時に「推奨戦力」が表示され、これより高いほど攻撃が通りやすくなりダメージを受けにくくなる。
そのため「戦力ガイド」の評価ランクも参考に、レベルを上げたり装備類を強化したりして総戦力を上げていくことが重要となる。
中には推奨戦力が未設定のモードも存在し、キャラや武器のレベルなどが反映されず戦力が自動調整されるため難易度が上昇している。

ステージ

「ストーリー」は1つの場面を6つのステージに分けて攻略していく。難易度はノーマルとハードに分かれている。

「イベント」は各種アイテムが入手できるステージで、選択した難易度とクリア結果に応じて報酬が増減する。期間限定イベントもここで開催される。

「協力プレイ」はプレイヤー2人で各場面のステージを攻略し、お互いの活躍の度合いで報酬が増減する。
追加時期が新しいステージを除き、「シングル出撃」による1人プレイも可能となっている。

「チャレンジ」
「BOSSチャレンジ」はストーリーや協力プレイに登場したボスに挑む(一部は先行登場)。
戦闘訓練プログラム「ヤコブ」はタワーエリア各階層の敵を撃破していく。操作キャラには出撃回数に応じてステータスが徐々に低下していく「疲労度」が設定されている。
「タイムアタック」は毎日ランダムで変わるステージを駆け抜け、複数のプレイヤー同士でクリアタイムの順位に応じた報酬が得られる。

「バトル」ではマッチングされたプレイヤー同士で実力を競い合うことができる。
「対戦モード」はキャラ1対1で3回戦う練習戦などがある。また、指定したプレイヤーとの「プライベート対戦」も可能。
「ランキング戦」はキャラ3対3で戦い、勝敗によって上下するランクに応じた報酬が得られる。

これまでのロックマンシリーズと異なり、一部ステージを除き穴やトゲに落ちてもライフが減少するのみでゲームオーバーにならず、穴の場合はその手前付近に再出現する。
一方で、回復アイテムはバトルと一部の限定イベントにのみ存在し、回復する手段は先述のダイヴトリガーの使用や、一部キャラが所有するスキルの発動に限られる。
ゲームオーバー時はリタイアするか、消費アイテムでミッションに復帰するか選択することになる。

ステージ内には隠し要素として「ディープエレメント」と呼ばれる不思議な物質が存在し、集めるとちょっとした良いことがある。

エイプリルフール?

2020年4月1日に「MEGAMAN Series All-Star Team」という画像が公開された。
イラストにはバスターを構えた初代ロックマンの背景に、一部しか映っていないが初代シリーズからブルースとロール(8仕様)、『ゼロ』シリーズからロクゼロ版ゼロとレヴィアタンの姿が確認された。
そして、先述の通り5人とも参戦が実現することとなった。

2021年4月1日に「誰もが待ち望んだあのキャラ」としてコブンのプレイ動画が公開された。
実際に『DASH』のイベントステージの報酬となり、合わせて「嘘をつかないエイプリルフール」カプセルにて悪ロックがピックアップキャラとなった。

他作品とのコラボレーション

アジア地域では2021年1月に『神魔之塔(Tower of Saviors)』、2月に『白猫プロジェクト』にてコラボイベントが実施された。

関連動画



関連タグ

ロックマンX
コマンドミッション
イレギュラーハンターX

ロックマンシリーズ:本家からロックマン、ブルース、ロールの3人が参戦。
ロックマンゼロ:ゼロ、レヴィアタン、シエル、コピーエックス、オメガ、ハルピュイアの6人が参戦。
ロックマンZX:エールとパンドラの2人が参戦。
ロックマンDASH:ロック・ヴォルナット、トロン・ボーン、コブンの3人が参戦。
ロックマンエグゼ:ロックマン.EXE、ブルース.EXE、フォルテ.EXEの3人が参戦。

ロックマンXover:過去に配信されていたスマートフォン用ゲーム。

外部リンク

・日本


・海外

関連記事

親記事

ロックマンX ろっくまんえっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロックマンXDiVE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1611189

コメント