ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ロックマン」シリーズの登場キャラクター。シリーズ毎に容姿が大きく異なり、その役割・設定も千差万別である。
基本的に赤を基調としたカラーデザインがなされていて、少女であることは共通している。
また、主人公のロックマン(ロック)と合わせると「ロックンロール」になる。

シリーズごとのロールちゃん


DRN.002 ロール(ロックマン)

時期により三種類の服がある。(左が初期からの、中央がロックマン8からの服装、右がロックマン11での服装)

本当に家庭用か?
ロールちゃそ。
ロールちゃん



担当声優一覧

声優担当作品
平松晶子『ドラマCD』
椎名へきるロックマン2・ザ・パワーファイターズ
小西寛子ロックマン8』『バトル&チェイス』
吉田小南美スーパーアドベンチャーロックマン
藤野かほるMARVELvsCAPCOM』『MARVELvsCAPCOM2
二宮圭美ロックマンロックマン』(『ロックマンXDiVE』)
五十嵐裕美タツノコvsカプコン
こおろぎさとみOVA
井口裕香ロックマン11

主人公ロックマンのにあたる。
家庭用女の子型お手伝いロボットで、家事全般が得意。
ほうきやバケツを武器として使用することもある(ロックマンロックマンでは操作キャラ時に、コスプレをしたりしている〈コスプレに応じて手持ちの物も変化する〉)。
クロスオーバー作品等でバスターを装備(ただしロックマンのように腕が変形するのではなく、スカートの中(!)に隠し持っており、適宜装着する形となっている)して参戦している為、彼女にもロックマン同様に戦闘能力があると思われがちであるが、実は正史では一度も戦闘可能になる改造を施された事もなければ戦闘した事すらない。
確認されている範囲では、ライトナンバーズでの女性型ロボットは彼女とスプラッシュウーマンのみである。
ちなみにツイッターの「Dr.ライト研究所からのアドバイス」ではロックマンに近いアーマーを装着している。(ちなみにロックマンの姿に近いロールというネタはエグゼが先にやっていたりする。ある意味時代が追いついた…?)

ゲームに出てきたのは「ロックマン1」のエンディングの一番最後が初。そして「ロックマン4」のエンディングでも登場するが、ファミコンで展開していた頃のロックマンシリーズでは登場したのはわずかこの二作品だけ。ようやくレギュラーの形で登場するのは「ロックマン7」以降からの作品である。

またラッシュ、ビート、エディと合体し、ハイパーロールへと変形する能力もある。


ロックマンロックマン

そんなロールちゃんだが、過去にもロックの劣化コンパチとしてプレイアブルになっていた経験もあったがロックマンロックマンでは正式にロックマンと全く別の性能を持ったキャラクターとして参戦することとなった。
その戦闘スタイルはほうきを振りかざして…なんと某ヒッフッハよろしくインファイタースタイルで戦っていくとつげきうおと化す。
ひと振り当たりの威力もカスチャージ以上フルチャージ未満くらいには高く、さらにはガビョールもシールドアタッカーも真正面からでも問答無用で真っ二つにする今までのかよわいヒロインポジションを遥か彼方に投げ捨てるまでに膂力溢れるパワフルなもはや血に飢えた怪物と化している。
さらにはダウンロードコンテンツ次第でコスチュームと武器を換装できるビジュアル面での優遇はしっかりヒロインとしての役目を放棄していないこともちらつかせる至れり尽くせりっぷり。
そして多少の被弾は仕方ないと割り切るインファイト前提なファイティングスタイルに合わせて防御力もガッツマンと同程度、つまり被ダメージはロックマンの半分にカットしてしまう堅牢無比っぷりも見せる。お前みたいなか弱い女の子がいるか!

そしてそして、オープニングシーンを見る限り、他のDRNと違って戦闘向けに改造された描写がない。ライト博士はただロールちゃんが出撃の意思を見せることに手をこまねくばかりで止める間もなくロールちゃんが旅立っていくという、珍しく(そうでもない?)ライト博士が無能な体たらくを露呈してしまう醜態と粗相をさらしてしまう一幕である。
それであの火力と耐久力を発揮するのだから、素体性能自体はじつはロックマンやブルースなんざ比べ物にならないくらい高いポテンシャルを秘めているのかもしれない。
いつかはラーニング技でも取得してもたぶん誰も驚かないであろう。

以上のことから、ワイリーはのちに最後のワイリーナンバーズとしてゼロを作っているわけだが、そのゼロのベースとなったのは他でもないロールちゃんであることを匂わせる共通点が多数ある。
・赤を主体にしたカラーリング
・金髪のポニーテール
・前述の通り破壊力抜群の高耐久の敵をも問答無用でなぎ倒す接近戦スタイル
・(少なくともロックマンロックマン作中では)ロックと違って基本的に一切迷わず悩まないタカ派そのものな思考回路
(ロックマンは兄弟に当たるDRNたちと交戦することに戸惑いと迷いを隠せなかった一方、彼女はカットマンの悪い戦闘ロボットに改造され凶暴化したというカン違いをあながち間違いと言い切れないまでの容赦なく“おしおき”する決意を怒気とともに凄みを放っていた)

上記より、ワイリーがゼロを作った参考資料として、ロールちゃんの設計図を盗んだことは疑いようがなく、最早言い逃れなんてできないくらい真っ黒である。

また、ポケットファイターのごとく様々なコスプレが配信されており、その数デフォルト含めてなんと13種類もの衣装が配信された。以下のイラストはほんの一部に過ぎない。

雨の日ロールちゃんの日
ロールちゃん


ロールちゃん
バレンタインロール



ロックマンちゃん

主人公のロックマンよりも身長が高い。MARVELvsCAPCOMでの身長差が逆転しており、「ロールちゃん」ではなく「ロール姉さん」である。

ロックマンXDiVE


2020年5月21日にロックマンコラボの一環でロックマンブルースと共に実装。
ランクはA。服装は8仕様で、ボイスはブルース同様ロックマンロックマンのものを流用している。
今作ではエディーが彼女のオトモとして登場しており、彼女の派生キャラでも一緒に登場している。

専用ダイヴカードが実装されるまでは長らくパッとしない性能だったが、専用ダイヴカード実装後は急変、武器使用不可やエイム障害、アンコントロール、くらみやノイズ障害などスキル使用不可やスタンを除くありとあらゆるデバフを解除できるようになったり、エディー呼び出しに長めの無敵時間が加わるなど、非戦闘用のロボットにしては破格の性能を得た。
その為、プレイヤーの腕や武器次第では赤いイレギュラーを返り討ちにしてしまうことも…

また、彼女の派生キャラはいずれも非戦闘用でありながら高性能である為、かなり優遇されていることが窺える。

ロール・キャスケットロックマンDASH

DASHロールちゃん


<CV:よこざわけい子>
主人公ロック・ヴォルナットとはガールフレンドであり、共に育ったため義理姉弟とも言える。ディグアウトのさいはナビゲーションを勤める。父から譲り受けたキャスケット帽を被っている。14歳のデコイ(人間とほぼ変わらない人工生命体の種族)。

メカニックとしての腕は一流だが、技術に妥協を許さないためコストが高くつきがち。
トロン・ボーンからは「開発費をピンはねしている」などといわれる有様である。

ロールちゃんの仕打ち


またシリーズをまたぐ時にロックの装備を勝手に売り払って金に変えるエピソードなどもあるため、ファンからは守銭奴の二つ名で呼ばれている。ちなみに彼女の名前はロックが名付けられるときの元になった。

ロール(ロックマンエグゼ)

ロール


該当記事を参照


関連イラスト

※個別記事が存在するロールちゃんの関連イラストについてはそちらを参照。

DRN.002 ロール

ロールちゃん!
センシティブな作品


ロールちゃん
もー!ダメでしょ、ロック!?
ロールちゃん
ピースピース



ロール・キャスケット

ロールちゃん 2
旅の始まり




関連タグ

ロール ロールちゃん
ロックマン ロックマンDASH ロックマンエグゼ
ゼロ カリンカ トロン スプラッシュウーマン
マーティ アイリス エイリアレイヤー パレット シナモン マリノ ナナ
フェラム レヴィアタン パンドラ
ロール.exe(ロックマンエグゼ) ハープ・ノート オヒュカス・クイーン クイーン・ヴァルゴ セラ ユーナ

関連記事

親記事

ロックマンシリーズのキャラクター一覧 ろっくまんしりーずのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロールちゃん(ロックマン)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ロールちゃん(ロックマン)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2628844

コメント