ピクシブ百科事典

大太刀

おおたち

日本刀の一種。太刀・打刀の中でも刃長86cm以上の物を指す。別名『野太刀』とも。
目次[非表示]

大太刀とは、日本刀の一種である。

概要

 日本刀の太刀の中でも特別大きな太刀のことを指す。
 別名として『野太刀』や携帯する際背中に背負うことから「背負い太刀」とも呼ばれることがある。また現代においてはフィクション等の影響からか『斬馬刀』とも呼ばれる事もある。
 また、それら長大な日本刀の総称でもある。
 この刀は遅くとも鎌倉時代末期にはその存在が確認されており、南北朝時代には隆盛したものの、その後は下火になった。
 また江戸期薙刀と共に戦道具としてその所持を禁止されたあたり、単なる魅せ武器ではなくそれなりに実用的な武器であったことが察せられる。
 これは日本の兵器に限ったことではないが、特に武具向けに使われる鉄鋼は製造や精錬に専門技能が要求されるためかなり貴重なものであり、そして、大太刀などのような一定以上の刀身を持つ武器は製造に高い冶金と加工技術が要求されるため武器としては高価なものである。
 南北朝時代以前には武士の剛毅さを誇るため、強弓、すなわち大きく用いるに力が必要な、を用いていたのだが鎌倉時代の末以降、騎兵同士の白兵戦が増加していったと思われる。当然、その対象も太刀や薙刀などの打物へ移っていたため、かつては騎馬武者の主要な白兵戦武器だった太刀を徐々に長大に拵えていくという一種のパフォーマンス的な発想から生まれた武器である可能性があり、現に太刀・薙刀に限らず南北朝時代では飛び道具以外の武器の大型化が流行している形跡が存在する。
 つまり大太刀の所持が所有者である武士経済力豪傑さを一目で知らしめる武器だと言える。
 しかし、この種の武器は長大な見かけに反し、使用者に配慮しての厚さを薄くしたり軽量化のための樋を刻むことにより軽量化されていることが多い( 文献に登場することが多い刃渡り、約90cm〜約105cmの大太刀は2kgを大きく超えることは意外と少なく、例として大包平や真田家伝来の「( 伝 )青江の大太刀」は鞘以外の器具を取り除いた重量は約1.3〜1.5kgであり等の拵を含めても2kgを大きく超えることはないと思われる )。
 とはいえ自在に振るうには技も必要でありそれよりも腕力や持久力が要求される
後に長柄武器の一種である長巻に発展し、より実用性を求めていくことになる。
 実在の記録としては『太平記』には九尺三寸( 約282cm )という大太刀が登場し、現存する日本最大のものとしては、山口県下松市花岡八幡宮所蔵の「破邪の御太刀」( 刃長345.5cm/全長465.5cm/75kg )という大業物で、幕末尊王攘夷の願を込めて特注で鋳造し奉納したとされ、その製造過程も細かく記録に残されていることから歴史的な価値も高いとされる。

その他の大太刀の例

重量1.35kg( 刀身のみ ) 刀身の長さ89.2cm 元幅( 鍔元付近の幅のこと )3.7cm 元重( 鍔元付近の峰の厚さのこと )0.75cm 先幅( 切っ先付近の幅 )2.55㎝ 先重( 切っ先付近の厚み )0.6㎝ 茎( 読み:ナカゴ )の長さ23.3cm 反り( 刀身のカーブの深さ )3.58㎝

重量不明( 1.8㎏という説があるが拵え込かどうかは不明 ) 刀身の長さ101.35㎝ 元幅3.9㎝
元重1.2㎝( 0.9㎝説もある )先幅2.1㎝ 先重0.57㎝ 茎の長さ34.2㎝ 反り3.4㎝
  • 青江の大太刀
重量約1.5kg( 拵え除く ) 刀身の長約さ103cm
  • 備前長船倫光( 大太刀 )
重量約2.5kg( 拵え込みかどうか不明 )刀身の長さ124.5cm 元幅5.8cm 元重1.2㎝ 先幅4.4㎝
重量約4.5kg 元幅4.4㎝ 刃長220cm( 167㎝の太刀も存在するためそれとの混同がみられるかも )

馬上の武器

 そもそも太刀は騎馬の武器として発展してきた中で、に跨って戦う際に馬同士がぶつからない長い距離で戦闘する、また馬上から落ちても馬上の敵を攻撃しやすいという理由ために攻撃範囲がより長くなる様に発展してきた武器である( 馬上の武器なので乗馬中の姿勢を保つために派手に振り回すことはあまりされないとも言われている )。
 先述した通り大太刀は高価であり、元々片手使用前提だったため刀身に対し柄が短いこともあり扱いづらかったとされる( 扱いやすくするために刀身の根元付近を握れるよう改造することもあり、これが長巻の原型になった )ため、どちらかと言えば安価で扱いやすい薙刀の方が使用率が高かった。
 とはいえ、剛毅さをアピールできる武器として人気だったようで、一定の実用性もあったこともあり、騎兵・歩兵ともに槍がポピュラーになった戦国時代においても一部の武士が使用した( 徳川家康上杉謙信など一部の大名は大太刀や長巻を主武器とする部隊を作り、自身の警護に当たらせたり戦わせたりしたという。また朝鮮出兵でもしばしば軍の戦闘報告に記載されることもある)

使用方法

 大太刀が流行した南北朝時代においては騎兵同士の戦闘ではすれ違いざまに敵に向かって薙刀や大太刀などの得物で一撃くわえるという戦闘機のような一撃離脱戦法だったとも言われている。
 また、後世の明国軍と倭寇との戦闘の記録や同時代の宣教師たちの記述や国内の史料のように長柄武器の穂先を柄ごと切り落として使うこともあったであろう。
 また長さによっても使い方にばらつきがあったと思われ、普通の太刀よりは長い三尺程度のものであれば通常の太刀と差異は少ないであろう( 実際に戦国時代に使用したという伝承が存在する )し、次郎太刀ほどの大きさともなれば長柄武器に近い使われ方になったであろう。

携行方法

  • 自分の手で持つ

 かなり長い大太刀を持っていくことが可能である。ただしは捨てることにもなる。しかし利点は腰に太刀や腰刀などの他の武器を身に付けやすい。

  • 従者に持たせる
 従者が手に持ち運ぶ。抜く際には従者に鞘を持たせて引き抜く。馬上の武者( 従者がいるくらいなので基本的に馬に乗れる偉い地位である場合が多い )に従者に鞘を持たせて馬上から引き抜く。または徒歩の武者でも引き抜く。利点は左腰に佩いても背負っても抜けない様な長い大太刀を抜くことが可能であること。
 欠点は言うまでもなく、抜く前に従者から離れてしまうと使用できなくなることである。太刀ではないが、鍵屋の辻の決闘にて桜井半兵衛が槍持ちの従者を引き離された為に得意の十文字槍を使用することが出来ず倒されている。
  • 左腰に佩く
 左腰に佩き移動する。あまり長い大太刀だと鞘を引きずるために程ほどの長さの大太刀での携行方法。また古武術に左腰に佩いて抜刀する技法を持つ流派も存在する。刃は下に向けて携行するか上に向けて携行するかも流派により違うが、あまりにも反りがある大太刀だと刃を上に向けて携行すると鞘の先を地面に引きずることになる。
  • 背負う
 背負う場合フィクションの作品では右肩から左腰に背負っていることが多い。しかし実際に抜こうとすると右手の長さだけでは足りずに抜けない。
しかし左肩から右腰に背負う場合だと右手の長さだけでなく、鯉口が存在する左肩から右肩までの長さが増える。さらに腰を捻ることが可能になり大太刀を抜くことが出来る。左肩から右腰に背負う場合の抜刀は鍔元を左手で掴み、鯉口を切り引き抜く。この方法だと納刀も可能である。
 背負う利点は普段から両手を開けておけるという点である。
 興味が沸いた方は実際にメインイラストの様に右肩から左腰に大太刀を背負い抜けるかを試してみるのも一興かと思われる( 一応、右肩から背負った場合も太刀を抜くのに合わせて鞘を払うという方法で抜くことが出来る。ただこの方法だと「自分の手で持つ」と同じく鞘は落ちてしまう)。

斬馬刀

 本来「斬馬刀」は大陸で使用された対騎兵用の武器を示すものであり、大太刀とは設計思想や時代、形状も異なるものである。だが近年のフィクション作品の影響もあってか混同されることが非常に多い。つまり歴史的に大太刀は斬馬刀と言われたことはないゾ!
 大切なことなので念を押すゾ!
 詳しくは該当項目を参照

関連イラスト

桜花
少女が守るは永遠の春


関連タグ

武器 日本刀
太刀 打刀 長巻 薙刀
斬馬刀 野太刀 大刀
巨大武器

創作に登場する大太刀

pixivに投稿された作品 pixivで「大太刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 764392

コメント