ピクシブ百科事典

つば

刀剣の部位の名前。 刀身と柄を分ける金属製の部品で、誤って柄から刀身へ手が滑らないようにするために付いている。 また相手の刃から手を守る意味もある。 日本刀の鍔は特に凝った装飾を施したものが多く、骨董芸術としても価値が高い。

鍔とは、の刀身と柄の仲立ちをするパーツである。

概要

刀剣類の刀身と柄のあいだにある金属製の部品。
剣による戦闘の際、力んだり相手に押されたりすることで誤って手が滑り、柄から手が刀身にいかないようにする役割を持つ。
また、相手の刃が容易に自分の手に滑って来ないようにする為の防具としての意味合いもある。

西洋剣の鍔は、左右に棒状の板が広がっているものが主流で、あまり飾り気はない。
またサーベルレイピアカットラス等の片手剣には、鍔を発展させた護拳(ナックルガード)が付いている場合がある。
中華刀も西洋と同じく質素なものが多く、古代の剣や儀礼用の剣でない限り装飾は多くない。

一方、日本刀の場合は銅銭のような円形をしており、その切れ味からより手を守るための意味合いが強く出ることになった。
さらに、刀剣の鋳造技術の向上につれて鍔にも芸術性を求める動きがおこり、結果としてなどの動物から、松竹梅などの植物に至るまで、非常に幅広いく趣向の凝った装飾が施される事となり鍔師と呼ばれる専門の職人も現れる様になった。
そのため、鍔だけでも100万円単位の価値を持つ、骨董芸術品の域に達するものも少なくはない。

また、ドラマやゲーム等ではヒモを通し眼帯の代わりとして使用する登場人物がいたりする。

関連タグ

  日本刀

pixivに投稿された作品 pixivで「鍔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44150

コメント