ピクシブ百科事典

神剣

しんけん

神によって鋳造・鍛造された刀剣。もしくは神の力を宿した刀剣。
目次[非表示]

神剣とは、特殊なの一種である。

解説

文字通りに、の力が宿った刀剣”のこと。
鋳造・鍛造を神自らがおこなったか、神の祝福や祈願によって神通力を宿した刀剣を指す。『霊剣』とも呼ばれる。

神剣に該当する刀剣

天叢雲剣(草薙剣)

生太刀

  • 須佐之男が所持していた剣。その後、大国主が根の国から持ち去り、八十神を倒して葦原中国を平定した。生命が込められた剣でもある。

十拳剣(十握剣十束剣十掬剣)

三明の剣

  • 鈴鹿御前(立烏帽子)の所持する顕明連大通連小通連の三振りの太刀。由来は三明六通や釈迦如来と両脇侍と考えられる。
    • 『田村三代記』では大通連は文殊菩薩の打った智慧の剣(もしくは化身)、小通連は普賢菩薩の打った慈悲の剣(もしくは化身)とされる。顕明連は近江の湖の蛇(龍)の尾より取られた剣であり、朝日にかざすと三千大千世界を見渡せるという。

グラム

フラガラッハ

  • 英名「アンサラー(応える者)」。光の神ルーの愛剣であり、狙った相手を必ず仕留める魔力を有する。


創作での扱い

神話からの影響の強いファンタジーなどでは、上位武器・最強武器といった待遇で扱われることの多い代物である。またこれ自体が物語の中心となることも少なくはない。
もう一つの特徴としては、神の力が込められているが故に、魔剣以上に人を選ぶ装備であることが多く、神の末裔や剣自身に認められたものでないと装備(もしく真価を発揮)できない設定が適用されやすい。

関連タグ

武器

類属する武器

pixivに投稿された作品 pixivで「神剣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2129

コメント