ピクシブ百科事典

天之尾羽張

あめのおはばり

日本神話に登場する神器。 伊弉諾尊の持つ「十拳剣(とつかのつるぎ)」であり、生まれながらに伊弉冉尊を致命傷を与えた迦具土神を殺めた「子殺し」の神器。
目次[非表示]

天之尾羽張とは、日本神話に登場する神器である。

概説

国造り神話の夫婦神・伊弉諾尊(イザナギ)伊弉冉尊(イザナミ)由緒の
伊弉諾尊が持つ十拳剣であり、日本神話の特異性を示唆する重要な神器でもある。

イザナミはイザナギとの間に幾人もの御子神を儲け、一番最後にカグツチを出産する。
しかしカグツチは生まれながらにを纏う「火の神」であり、出産に際してイザナミの女陰(産道)に酷い火傷を負わせてしまう。
火傷に苦しむ愛妻の姿にイザナギは頭に血が上り、怒りに任せてカグツチを剣で斬り殺してしまう。

この時、カグツチを屠った剣とカグツチ自身の血から、幾柱もの神々が生まれている。(※カグツチの項を参照)
そしてこの剣も「神産み」と「神殺し(子殺し)」の両面を持つ神剣として、高い神格を得ている。
このため剣神「伊都之尾羽張神(いつのをはばりのかみ)」の別名を持っている。
伊都之尾羽張神としては、高天原の安河に陣取り、堰き止めて占領しているとされる。

イザナギの「黄泉下り」神話でも、約束を破って激昂したイザナミが放った黄泉國の悪鬼を、イザナギが尾羽張で薙ぎ払う場面がある。

武甕槌命はこの「カグツチ殺し」で生まれた神であり、そこから『古事記』では「天之尾羽張の子」、『日本書紀』では「天之尾羽張から4代後の子孫」に位置付けてされいる。

創作での「天之尾羽張」

同じ日本神話の刀剣として草薙剣(天叢雲剣)が圧倒的に知られるため、他の十拳剣同様になかなか登場の機会を得ない。

ただ「神殺し」にして「子殺し」であり「神産み」であるという、非常に複雑な神性を持つ「創造神の愛剣」で、かつ神格を得て独立していることも示唆されるため、想像の余地を大いに残した題材であることは間違いない。


関連タグ

日本神話
武器 神剣 十拳剣
イザナギ イザナミ
迦具土神
神殺し 子殺し
タケミカヅチ

関連記事

親記事

十拳剣 とつかのつるぎ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天之尾羽張」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24

コメント