ピクシブ百科事典

三明の剣

さんみょうのけん

日本の伝承に登場する神剣
目次[非表示]

概要

坂上田村麻呂伝説において、天女鈴鹿御前第六天魔王の娘・立烏帽子)が使用している三振りの神剣であり、多くの場面で登場する。
剣名の由来は仏教語の「三明六通(さんみょうろくつう)」に由来すると考えられる。

今日では鈴鹿御前の所有する三振りの剣として有名であるが、『大織冠』(大織冠=藤原鎌足をモデルとした万戸将軍と宝珠をめぐる物語)にも大通連や顕明連が登場する。

田村三代記

田村三代記では以下の設定で登場する。

近江の水海の蛇の尾より取りし剣。双無き剣や水海剣とも。
天竺にて文殊師理菩薩に打たせ給った剣。坂上田村麻呂の騒速夫婦刀とも。
天竺にて文殊師理菩薩に打たせ給った剣。

古い形態を残す『田村三代記』には、屋代本『平家物語』や『源平盛衰記』の「剣の巻」に相当する「つるぎ譚」が挿入される。

佐藤本『田村三代記』では「大通連・小通連・けん妙連は帝へと奉じられ、神璽宝剣内侍所という三種の神器と共に日本の宝とするべし」、青野本や遠藤本では「大通連・小通連は帝に宝剣として奉じられ、現明剱(顕明連)は御身(田村将軍)に奉じる」と簡単に語られる。
一方で、渡辺本では続けて「大通連・小通連は田村に暇乞いをして天に登って黒金となり、箱根山の小鍛冶に申してあざ丸しし丸友切丸の三つの剣になった。これをもって素早剱は其人の首を切って毘沙門堂に納め置く。八幡殿(源義家)に申おろして源氏の宝となる古年刀・友切丸と申すはこれなり」と締めくくられる。

一般的には「大通連・小通連が打ち直されて、あざ丸・しし丸・友切丸となった中から、友切丸が源氏の古年刀となった」というお話であるが、一部では「素早丸→毘沙門堂→八幡殿→友切丸」と原文で連結していない記述を連結した独自解釈がなされている。

関連タグ

鈴鹿御前 立烏帽子 坂上田村麻呂 大嶽丸
武器

コメント