ピクシブ百科事典

三明の剣

さんみょうのけん

日本の伝承に登場する神剣

概要

坂上田村麻呂伝説において、鈴鹿御前(立烏帽子)が使用している三振りの神剣であり、多くの場面で登場する。
剣名の由来は仏教語の「三明六通(さんみょうろくつう)」に由来すると考えられる。

近江の水海の蛇の尾より取りし剣。双無き剣とも水海剣とも。
天竺にて文殊師理菩薩に打たせ給った剣。坂上田村麻呂騒速と夫婦刀とも。
天竺にて文殊師理菩薩に打たせ給った剣。

古い形態を残す『田村三代記』には、屋代本『平家物語』や『源平盛衰記』の「剣の巻」に相当する「剣譚」が挿入される。
「剣譚」では大通連と小通連が古年刀(源氏累代の太刀のこと)になるまでの話などが記されている。

関連タグ

鈴鹿御前 立烏帽子 坂上田村麻呂 大嶽丸
武器

コメント