ピクシブ百科事典

八尺瓊勾玉

やさかにのまがたま

八尺瓊勾玉とは、日本神話に登場する神宝の一種である。皇室において奉斎されている。
目次[非表示]

概要

三種の神器と称されるもののひとつに数えられる勾玉
日本神話天の岩戸隠れにおいて、岩戸に隠れてしまった天照大神を呼び戻すために、真榊(マサカキ、神事に用いるための祭具)に掛けて飾るために作られた。のちに天孫降臨の際に、天照大神がニニギノミコトに、御剣と御鏡とともにこれを授けている。
『八尺』の解釈については様々に存在し、「八尺ほどもある大きなもの」とする場合と、「八尺もの長い尾(環から下がっている部分)を持つ」と解釈が分かれている。また、現存する現物は巨大な翡翠で造られた一つ玉の勾玉であるが、(に)とは古くは瑪瑙のことであり、現存するものは後醍醐天皇の時代から確認されているもので、『瓊』を単に「美しい玉」と解釈する向きもあり、真相は定かではない。
天皇の皇位継承に直接的にかかわる神器であり、八尺瓊勾玉を継ぐ者が天皇となられるのが習わしとされる。
その関係から、皇家で唯一所有されている神器である。

創作での扱い

『天の岩戸隠れ』の件を見るに登場部分があまりにも乏しく、扱う側としてもアクセサリー以外に見目がつかないため、三種の神器のなかではもっとも不遇な位置にいるのが現状である。
ただ、カプコンのアクションゲーム『大神』では、主人公・アマテラス最強遠距離攻撃の武器として君臨しており、面目は保たれたようである。

関連タグ

皇室 三種の神器
日本神話 勾玉 翡翠 瑪瑙
装飾品 アクセサリー

pixivに投稿された作品 pixivで「八尺瓊勾玉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6166

コメント