ピクシブ百科事典

大神

おおかみ

大神とは、大抵の場合カプコンのゲームを指すが、人名を指す場合もある。
目次[非表示]

人名


アドベンチャーゲーム『大神』

クローバースタジオ企画・開発、カプコン発売のアドベンチャーゲーム。
対応機種はPS2WiiPS3PS4XboxOneWindowsPC

PS2版発売当時のキャッチコピーは
「この世の命が、蘇る」

美しい日本画風に描かれた世界が特徴で、登場キャラクターには昔話神話の登場人物、歴史上の人物等の名前が使われている。

Wii版は海外メーカーにより移植された事もあり海外版が先に発売されていたが、国内版は調整及び修正がされたものが遅れて発売された。

続編のDS用ソフト『大神伝~小さき太陽~』が2010年9月30日に発売。(大神とは開発スタッフが違うため、続編と銘打たれているが二次創作物と言っても差し支えない)

HDリマスター版の『大神 絶景版』が2012年11月1日に発売。
PSMove対応。
なお、内部解像度3840x2160でレンダリングされており、1920x1080画像を生成しているとの事

4K描画への対応がされた『大神 絶景版』が2017年12月に発売予定。
Steam配信のPC版が12月13日に、XboxOne版及びPS4版が12月21日に発売予定。
なお、PC版はDL販売のみ、XboxOne版及びPS4版はパッケージ販売とDL販売が行われるが、国内ではXboxOne版はDL販売のみとなっている。

劇中では戦闘中の演出を含め、様々な場所に漢字が多く使われているため、海外版では変更が出来ない部分の漢字は取扱説明書に意味の解説があり、漢字の意味がわからない場合でも参照することでプレイに支障がないようにしているが、戦闘評価の松竹梅神の表記はわかり易さからか桜の絵に変更されている。
タイトルロゴが漢字でないためか、神格(ダメージを無効化できるバリアのようなもの)の絵もアマテラスのシルエットへと変更されている。

製品情報

プレイステーション2WiiPS3
ジャンル ネイチャーアドベンチャー同左同左
国内版発売日 2006年4月20日2009年10月15日2012年11月1日
希望小売価格 税込7,140円→廉価版3,129円税込3,990円→廉価版2,100円税込3,990円(DL版3,500円)→廉価版2,990円
販売元 カプコン同左同左
開発 クローバースタジオレディ・アット・ドーンHEXA DRIVE
CERO A(全年齢対象)同左同左


あらすじ

大神絵物語


狼の姿をした太陽神「アマテラス大神」が主人公となって、相棒の旅絵師「イッスン」と共に、全国行脚の旅をする。
その目的は、アマテラスの失われた神通力の化身「筆神」を探すこと。
アマテラスとイッスンは、宿敵「ヤマタノオロチ」がばら撒いた各地の呪いを解いて回り、恐ろしい妖怪たちを、神業「筆しらべ」を駆使して退治してゆく。
神さまであるアマテラスの原動力は、人間や動物が幸福を感じた時に出現する「幸玉」と呼ばれるものであり、人助けをしながら、この「幸玉」を集めるのもまた、旅の大事な目的である。

余談

狼を神と崇める地域からその風習が日本に入り「狼」を『大神』とする。
ゲーム名は「狼」と同じ発音で読むのが正しい。

キャラクター

アマテラス イッスン ウシワカ サクヤ スサノオ クシナダ ツヅラオ ヒミコ オキクルミ サマイクル 
白野威 イッシャク カグヤ フセ姫 ヤツフサ タマヤ コカリ ネムリ サザンカ ツバキ 
ヤマタノオロチ エキビョウ キュウビ 双魔神モシレチクコタネチク) 女郎蜘蛛 常闇ノ皇
疾飛丸 天邪鬼 骸金魚 姑獲鳥 烏天狗

地名

神木村 神州平原 アガタの森 高宮平 笹部郷 クサナギ村 両島原 西安京 龍宮 カムイ ポンコタン

関連タグ

カプコン クローバースタジオ 和風 日本画 昔話 神話 歴史 神器 妖怪 大神風 okami
筆神 陰特隊 八犬士 クサナギ伍 オイナ族 天神族

関連動画

PS3「大神 絶景版(HDリマスター)」プロモーション映像(公式・『CpcomChannel』より ) 


関連イラスト

最古の「大神」

筆気味




天照
大神


大神行進絵巻
大神 アマテラス




他の記事言語

Ookami

pixivに投稿された作品 pixivで「大神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16341219

コメント