2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

大神龍

だいじんりゅう

大神龍とは、特撮テレビドラマ『五星戦隊ダイレンジャー』に登場する巨大戦力の一つ。
目次[非表示]

概要

宇宙の秩序を守るために、大宇宙が生み出した龍型の超宇宙生命体。
宇宙航行時の「昇竜形態」と、地上に降り立つ際の「龍神形態」の2つの姿を持ち、前者では全長500m、後者でも全高345m、そして重量に至っては何と50万tと、作中はおろかスーパー戦隊シリーズ全体に目を向けても、規格外ともいうべき巨体(※1)が最大の特徴である。
未知の金属メガトロニウムで覆われた身体はどんな攻撃でも傷一つ付かず、口から放つプラズマ衝撃波は一撃で半径10kmを一瞬で焦土と化す。また前述した巨体そのものが武器でもあり、ゴーマ怪人・パチンコ大名人は単なる踏みつけひとつで呆気なく犠牲となり、堅牢な装甲を有する超気伝獣ダイムゲンでさえも同じ運命を辿りかけた。
さらに宇宙では光速、大気圏内でもマッハ30という信じられない速度で移動するなど、その巨体と反比例するかのような機動力も兼ね揃えており、移動の際に副次的に発生する衝撃波でさえもビルを破壊してしまう程の威力がある。

その行動原理は至って単純で、争うものは正義、それに各々の陣営の抱える事情や背景など一切関係無く、一度「宇宙の秩序を乱すもの」と見なせば全てを無にするまで破壊の限りを尽くす。かつてその圧倒的恐怖を目の当たりにしたダイムゲンからは、恐怖の大王として恐れられている。
逆に言えば行動の理由がなくなる、即ち争いが収まれば至極あっさり宇宙へと去っていくなど、破壊活動を停止する方でもまた単純明快な行動原理を示す訳だが・・・その単純な解決方法がしかし如何に困難なものであるかは、作中でも余すところなく示された通りである。

このように善悪を超越したポジションの存在でありながら、番組終盤にはDX玩具やプラデラなど商品化もなされており、流石に作中のような対比こそ再現されていないものの、歴代スーパー戦隊シリーズのDX玩具でも最大級のサイズとなっている。
大神龍は元々龍星王のパワーアップ版として企画されていたものであり、準備稿の中には龍星王と同様に気伝武人形態も検討されていた痕跡が見られる。

(※1 他方で、作中では全長30m以上の天空気殿が大神龍の爪の先より小さく見えたり、全長110mのダイムゲンを足の裏の大きさだけで上回っているなど、シーンによっては1000~5000m程もあるように見える演出がなされている)

劇中での動向

初出は最終クールに差し掛かる第37話。激化するダイレンジャーとゴーマの戦いを宇宙に飛び火させないため、地球諸共この両者を滅ぼすべく宇宙の彼方より飛来した。
折しもこの時、ダイレンジャーとゴーマとの間では、ゴーマの血に目覚めつつあったコウを巡っての激しい攻防が展開されていた。コウをゴーマに引きずり込むため、シャダムが乗り移って暴れるパチンコ大名人(※2)と、これを止めようとする龍星王が戦っていたところ、地上に降り立った大神龍はこれに介入し、圧倒的な力をもって戦いを中断させたのみならず、プラズマ衝撃波で街にも壊滅的なダメージを与えるなど、亀夫をして「恐怖の大王」と言わしめるだけの実力の片鱗を示した。
その後大神龍が世界各地でも猛威を振るう中、ゴーマはこの混乱に乗じて地球征服を一挙に推し進めようとするが、そんな虫の良い浅知恵などあっさり見透かしていたのか、今度はゴーマ宮が直接大神龍からの攻撃に晒される事態となり、さらには再度街を破壊していたパチンコ大名人もなす術なく踏み潰され、これと干戈を交えていた大連王までも一蹴されてしまう。
この未曾有の危機を前にして、道士・嘉挧ゴーマ十五世に対し休戦協定を持ちかけ、当初は歯牙にもかけなかったゴーマも甚大な被害を被った事で、ここに協定が締結されるに至った。とは言え嘉挧が危惧していた通り、その後もゴーマは度々協定を無視して散発的な攻撃を仕掛けており、いつまた大神龍が現れるか分からない状況が続く事となった。

そしてゴーマの血に目覚めつつあるコウを巡り、ダイレンジャーと阿古丸との間でさらなる戦いが繰り広げられる中、大神龍は再び地球へと来襲する。前回と同様に市街地で猛威を振るう傍ら、さらに一般市民を催眠状態において高層ビルの上に並ばせ、自身の一声次第で彼らを飛び降りさせる事を示し、ダイレンジャーとゴーマに停戦を迫るという極めて厄介な手にも出ている。
ここでも嘉挧はゴーマとの取り引きの末に、再度の休戦協定の締結に漕ぎ着け、さらに大神龍を呼び寄せるきっかけの一つでもあったイカヅチ(※2)が倒された事で、大神龍も再び宇宙へと帰っていったのだが・・・この一件をきっかけに嘉挧はダイレンジャーの解散を宣言、またゴーマ内部でも次期皇帝の地位を巡る争いが勃発するなど、2度目の大神龍の襲来(と、再度の休戦協定)はそれぞれの陣営に深刻な爪痕を残す結果となった。

やがて休戦協定を取り持っていた嘉挧が倒れ、ダイレンジャーとゴーマは最終決戦へと突入。最早休戦協定があってなきような状況に陥ると、両者が死闘を繰り広げていたゴーマ宮を争いの元凶であると看做し、これを破壊すべく大神龍は三度地上へと降り立った。
大神龍による激しい攻撃の前にゴーマ宮も遂に崩壊、そして最終決戦がゴーマの敗北という結果を迎え、今度こそ争いが終わったと判断した大神龍は三度宇宙へと戻っていった。

(※2 この両者に共通するのは、いずれも作中でトップクラスに強い妖力の持ち主であり、パチンコ大名人に至ってはシャダムが憑依した事でより妖力を増していた状態にあった。大神龍が地球に呼び寄せられたのも、あるいはこの両者の発する強い妖力が多分に影響しているのかも知れない)

備考

以上の通り、ダイレンジャーやゴーマはおろか、他のスーパー戦隊やその敵勢力を相手にしたとしても、圧倒的な力で完全にねじ伏せる事が可能であろうと見る向きも少なくはなく、スーパー戦隊シリーズ屈指のジョーカーキャラといっても過言ではない。ただその一方で、2022年現在その事が公式に示されている訳ではない事にも留意されたい。

一応、それを証明できたであろう格好の機会は過去に存在している。それはダイレンジャーも含む全てのスーパー戦隊が存在する『海賊戦隊ゴーカイジャー』の作品世界であり、作中ではレジェンド大戦を始め、宇宙帝国ザンギャックが散々宇宙規模での戦闘を引き起こすなど、大神龍が現れるであろう状況は十分に整っていた・・・のだが、にもかかわらずこの時大神龍は最後まで襲来する気配を見せなかったのである。
同作の演出陣の一人である竹本昇はこれについて、「レジェンド大戦の時にザンギャックに倒されたんじゃないでしょうか」との見解を示しており、同時に後に違う理由で出てこなかったことが明かされたニンジャマンについて「艦隊相手の巨大戦で倒されたので第1話冒頭にはいなかったのかも」とも語っている。この見解を額面通りに受け止めるならば、宇宙意志の化身ともいうべき大神龍も、圧倒的な物量攻勢をもってすれば決して倒せない相手ではない、即ち必ずしも無敵の存在ではないという事となる。無論、こちらもあくまで竹本個人の見解の域を出るものではなく、公式設定でない事は言うまでもない。

スーパー戦隊の常識内の一番強い怪人としても大神龍が最有力候補となっており、他には『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のロン無間龍)や『魔法戦隊マジレンジャー』の絶対神ン・マが候補であるが、これらは何だかんだで最終的にスーパー戦隊に敗北した為、大神龍の方に軍配が上がった。この内、ロン(無間龍)は大神龍をモデルとしている。

漫画家の長谷川裕一は自著・『すごい科学で守ります!!』にて「あれだけデカい存在なのでかなり気も長く、我慢しきれなくなるのは早くても(ダイレンジャー終了から)150年後」との説を提唱している。

海外版

スーパー戦隊シリーズの英語版ローカライズ作品『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』では、第2シーズンにおいて、敵の首領であるロード・ゼッドの操る悪のゾード・セルペンテラとして登場。
原典における善悪を超越した存在ではなく、あくまでも悪の勢力によって建造されたメカニックという位置付けである。操縦は当初ゼッドとゴルダーが担当しており、後にリタがゼッドと結婚してからはゼッドとリタが操縦するようになった。
惑星を破壊できるほどのビームキャノンなど、その強さは原典と負けず劣らずであり、作中でも度々パワーレンジャーを苦しめるも、燃費の悪さが災いしてトドメを刺す前にエネルギー切れを起こしたために撤退を余儀なくされる、というパターンがしばしば見られた。

主に第2シーズンから第3シーズンにかけて登場し、その後も『パワーレンジャー・ジオ』ではマシン・エンパイア)の手から逃れるためにセルペンテラを使用した他、さらに時代の下った『パワーレンジャー・ワイルド・フォース』の第34話「Forever Red」では、マシン・エンパイアの残党が月面に残されていたセルペンテラを回収し利用を試みている。
彼らの野望を挫くべく集結した歴代のレッドレンジャーたちを苦しめるも、専用マシンであるワイルドライダーを駆って口内に飛び込んできたレッドライオレンジャーによって、内部から破壊された。後者においてはオリジナルのスーツが残っていなかったためか、CGで表現されている。

関連タグ

五星戦隊ダイレンジャー 龍星王

デウス・エクス・マキナ チート 強い!絶対に強い!

黒十字城メサイア・リブート:スーパー戦隊において、大神龍と同等以上の巨大な存在として描かれているが、いずれも明確に敵側であるという差異も見られる。
無間龍:『獣拳戦隊ゲキレンジャー』に登場する、龍の姿をしたラスボス。敵・味方問わず肩を並べる者が存在しない、比類なき力の持ち主である点でも共通している。
リュウボイジャー:『宇宙戦隊キュウレンジャー』に登場する巨大戦力の一つ。こちらも大神龍と同様に東洋龍がモチーフとされている。

関連記事

親記事

五星戦隊ダイレンジャー ごせいせんたいだいれんじゃー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「大神龍」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「大神龍」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16551

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました