ピクシブ百科事典

大神龍

だいじんりゅう

大神龍とは、『五星戦隊ダイレンジャー』に登場する、宇宙秩序の使者である。
目次[非表示]

概要

五星戦隊ダイレンジャー』の作品世界において
宇宙の秩序を守るために大宇宙が生み出した超宇宙生命体。
争う者は正義も関係無く、全てを無にするまで破壊の限りを尽くす。
この為、はるか昔の時にその圧倒的恐怖を目の当たりにした超気伝獣ダイムゲンからは、「恐怖の大王」として恐れられている。

宇宙や空を駆ける昇竜形態から、2本足で大地に降り立つ龍神形態へ変形する。
未知の金属メガトロニウムで覆われた身体はどんな攻撃でも傷一つ付かず、全身から放つプラズマ衝撃波は半径10kmを一瞬で焦土と化す。
500mにも及ぶその巨体そのものがもはや「凶器」であるとも言え、パチンコ大名人と大連王の戦いに介入した際には、恐怖におびえるパチンコ大名人を踏みつけるだけで倒している。
更にその巨体に全く見合わない機動力も兼ね揃えており、宇宙では光速で移動し、大気圏内でもマッハ30という、信じられない速度で移動する事が可能という化け物ぶりを見せる。この時に、二次的に発生する衝撃波でさえも、ビルを破壊してしまう程の威力がある。

ダイレンジャーやゴーマ族どころか、おそらく他のスーパー戦隊やその敵勢力を相手にしたとしても、圧倒的な力で完全にねじ伏せる事が可能な戦闘力を持っていると考えられており、スーパー戦隊シリーズ屈指のジョーカーキャラといっても過言ではない。

劇中での活躍

激化するダイレンジャーとゴーマの戦いを宇宙に飛び火させない為に、地球そのものを滅ぼすべく飛来。パチンコ大名人と龍星王の戦いに介入し、その圧倒的な力でゴーマを撤退に追い込み、更にはプラズマ衝撃波によって街にも壊滅的ダメージを与え、その後は世界中でも猛威を振るいながら暴れまわった。
ゴーマ側はこの混乱を利用しようと企みパチンコ大名人を再び暴れさせるが、都合のいい考えでしか無く、直後にゴーマ宮が直接攻撃を受ける事態となり、パチンコ大名人も巨体による踏みつけで圧殺されてしまう。
大連王もダイムゲンも敗北し、双方共に打つ手が無くなり追い詰められた結果、導師カクとゴーマ十五世の間で休戦協定が結ばれる事になった。

その後もゴーマが協定を破る度に地球に来襲しており、2度目には催眠術で人々を操り、ビルの上から飛び降り自殺させようと脅しをかける等、単なる破壊以上に厄介な行動に出る。
そして、ダイレンジャーとゴーマの最終決戦が展開した際は、3度目の襲来となり、遂に争いの元凶であるゴーマ宮を直接破壊(この時、ダイレンジャーもゴーマ宮内で戦っており、両者を攻撃対象にしていた節がある)。ゴーマが破れ戦いが終わった事を悟った大神龍は、宇宙へと戻っていった。
結局の所、大神龍は傷一つを負う事も無いまま、ストーリーから退場する事になり、エピローグである50年後の様子からも、その後は大神龍が地球に襲来する事は無かった模様。

前述のとおり、設定上の身長は500mなのだが劇中では全長30m以上の天空気殿が爪の先より小さく見えたり、全長110mのダイムゲンを足の裏の大きさだけで上回っているのでどう見ても最低で1000m、デカイと5000m程はあるように見える。

シリーズとしては珍しく、スーパー戦隊の戦力でも味方でもないのだが玩具化されている。

余談

ダイレンジャーも含む全てのスーパー戦隊が存在している『海賊戦隊ゴーカイジャー』の作品世界では、宇宙帝国ザンギャックが散々宇宙規模戦闘を起こしているにもかかわらず、襲来する気配を見せなかった。

竹本監督曰く「 レジェンド大戦の時にザンギャックに倒されたんじゃないでしょうか 」とのことではあるが、同時に後に違う理由で出てこなかったことが明かされたニンジャマンについて「艦隊相手の巨大戦で倒されたので第1話冒頭にはいなかったのかも」とも言っている(※あくまで竹本監督個人の見解で公式設定ではない)。

もっとも、「気力と妖力がぶつかり合うダイ族とゴーマ族との戦いにしか干渉しない」「何らかの弱点をザンギャックに突かれて敗れた」「一応は国家であるザンギャックの言い分にも理があると判断し、干渉しなかった」のいずれかの可能性もある。

『スーパー戦隊の常識』内の「一番強い怪人」としても、大神龍が最有力候補となっており、他には『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のロン無間龍)や『魔法戦隊マジレンジャー』の絶対神ン・マが候補であるが、これらは何だかんだで最終的にスーパー戦隊に敗北した為、大神龍の方に軍配が上がった。このうち、ロン(無間龍)は、大神龍をモデルとしている。

ちなみに、長谷川裕一先生は自著・「すごい科学で守ります!!」にて「あれだけデカい存在なのでかなり気も長く、我慢しきれなくなるのは早くても(ダイレンジャー終了から)150年後」との説を提唱している。

パワーレンジャーでは

マイティ・モーフィン・パワーレンジャーではロード・ゼッドのゾード「セルペンテラ」として登場。
その凶悪な強さでパワーレンジャーを苦しめたが、数ミリ動かしただけでエネルギー切れとなるのが最大の弱点。
パワーレンジャー・ワイルド・フォースの第34話「Forever Red」にて再登場。
歴代レッドレンジャーを苦しめたが、レッドライオレンジャーの特攻にて大破される。

関連タグ

五星戦隊ダイレンジャー

デウス・エクス・マキナ チート 強い!絶対に強い!

黒十字城 メサイアリブート・・・スーパー戦隊における同等以上の大きさを誇る存在。
リュウボイジャー・・・こちらも東洋龍をモチーフにした戦隊メカ。
無間龍……同じく拳法スーパー戦隊の『獣拳戦隊ゲキレンジャー』に登場した巨大な龍。敵・味方問わず肩を並べる者が存在しない強力なキャラクターといった点も共通している。

関連記事

親記事

五星戦隊ダイレンジャー ごせいせんたいだいれんじゃー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大神龍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13503

コメント