ピクシブ百科事典

吼新星・コウ

こうしんせいこう

『五星戦隊ダイレンジャー』の登場人物。
目次[非表示]

そんなんないよ…僕、お姉ちゃんの事…お姉ちゃんの事好きだったのに!!
母ちゃーん!

演:酒井寿
声(キバレンジャー / 白虎真剣):阿部渡

概要

ダイレンジャー6人目の戦士で吼新星を守護に持つ、小学生戦士
気伝獣はウォンタイガーで武器は白虎真剣。音を操る拳法を得意とし
変身前は子供だが変身後は大人の体格になる。

作中での活躍

リンとの出会い

スケボーに乗って悪戯しながら行くとマンションの前でリンと出会い「今日からお姉ちゃんの弟になるからな」と言いその直後おっぱいを掴み動揺したその隙をついてバッグを奪い去って鍵を奪い部屋に入り道士・嘉挧が隠した袋(天宝来来の珠)を見つける

そして何者のテレパシーで導かれ白虎真剣が刺さっている場所にたどり着いたがそこではダイレンジャーゴーマたちの戦いが始まっており出るに出られなかったが白虎真剣が雷雲を呼び寄せ雷を落とした隙に剣を引き抜きキバレンジャーとして転身できるようになった。

だが転身してもスケボーに乗って遊んだり、気力で風を起こして女子高生のスカートめくりをしたり、野球のボールを奪い指で弾いてキャッチャーを突き飛ばすという悪戯ばかりするがゴーマとの戦いでリンがピンチに陥るの見てるいたら白虎真剣がダイレンジャーと一緒に戦うように言うが「怖い」と拒否、だが「遊ぶ時だけ転身して大好きなリンをあのままにしておいて良いのか?」と白虎真剣に諭されてついに戦う事を決意しキバチェンジャーでキバレンジャーに転身した。

その後、リンはおっぱいを触らない事を条件に一緒に暮らす事を約束し、コウもリン姉ちゃんと言い彼女を慕い始める。…がスカートは捲ってた

生い立ち

コウの右腕には虎の形をした火傷の痕がありこれは彼が幼い頃、母親に虎の形をした焼印を右腕に押し付けられた痕でありそれがトラウマとなって度々蘇る。

その理由はコウはダイ族の母親ゴーマ族の父親との間に生まれた子供で成長すれば体内のゴーマの血によって支配されてしまう危険性があり、それを防ぐために心を鬼にして封印の焼き鏝を使い力を封じたのだが10歳の誕生日を迎えるまでに母親に会い再度儀式を行わなければ効力も消えてしまう。

終盤になるにつれ効力が切れかけていたのか何度かゴーマの血に支配されダイレンジャー達を襲う場面もあった

阿古丸との因縁

最初はゴーマとの戦いの時に人力車に引かれてやって来る阿古丸を見ただけの間接的な出会いだったが彼はキバレンジャーの正体は右腕に虎の形をした火傷の痕がある少年だと知っておりそれがコウだと分かると必要以上に執念を燃やす。

ゴーマの力の源が「憎しみ」である事。それを増幅させる為、母親に捨てられたと思わせるため様々な策を講じ精神的に追い詰めゴーマの血を滾らせようとしたがダイレンジャー達の活躍により失敗し今度は「母に会わせる」という策に出て6年前に監禁していたコウの母親とコウを対面させたが「母親と一緒に居たければゴーマになれ」と言う言葉を拒否し母親と共に逃げようとするが、阿古丸の妖力でコウの母は遠くへ飛ばしてしまいその時、落石が起きて阿古丸が大岩に潰され助けようとするコウだが「二度と母親に会えない、一生探して苦むがいい」と言い絶命。母の手がかり失う。

のち復活した阿古丸はコウの母と再び会っておりゴーマになったコウを母親に見せその泣く顔が見たいのだと……。しかしコウの母は阿古丸の父親がシャダム中佐だと知って驚く。

皮肉にも憎しみ、ぶつかり合っていた二人は双子の兄弟で阿古丸はその真実を知ってしまったがコウは双子の兄の存在は知らないままで終わった。

母との再会

終盤で母と再会し母が洗礼の儀を行い右腕にあった虎の形をした焼印がなくなりゴーマの血も消えた。そして目覚めた時、母と再会できたが洞窟の崩落が起こり逃げろと母の言う言葉に初めは「母と一緒じゃなきゃ嫌だ!」と拒否してたが「キバレンジャー・コウとして大勢の人のために戦いなさい」と叱咤激励されて洞窟を脱出する

そして洞窟ではとその場に居合わせた双子の兄がおり二人はそのまま巻き込まれここでコウは母と兄を失った。

しかしダイレンジャー達の支えもあり挫けること無く前に進む事を決意する
戦いの後、リンと共にクリスマスと自身の誕生日を祝い、2人で幸せな時を過ごした。

その後

最後の戦いではシャダム中佐が何も知らないコウに父親である事を明かそうとしたがリュウレンジャーに遮られて未遂に終わった

全てが終わった後、ダイレンジャーは解散したがリンとはそのまま同居していた模様。ただ一緒になったかどうかは不明。

性格

登場してからしばらくは窃盗やセクハラなど今の時代では出来ない事を平然とやってのける小学生だったがしかしリンと共に過ごし様々な経験をし阿古丸との対決を経て母との約束を胸に終盤には一人の戦士として成長している

お調子者でもあるが将児が掛けた偽の電話を母親と思い込み喜びながら駆け出しそれが偽の電話だと知って涙を流したり純粋に母を思う普通の子供で寂しがりやな一面があった

リンには心を開き育ての親に邪魔者扱いされていた事を話したり共にハイキングに行ける事を喜んでいたが他の男4人も一緒に行くと知ったら落胆して1人で飛び出して行った事があり、リンに対してはの様な、の様な、それ以上の様な、複雑で特別な感情があったのが伺える。

関連イラスト

ラブコメの主人公かよw
阿古丸とコウ


コウと阿古丸
遅すぎるこどもの日



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「吼新星・コウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2158

コメント