ピクシブ百科事典

シャザム

しゃざむ

DCコミックの刊行するアメリカン・コミックスのキャラクター、および彼を主役としたコミックタイトル。ヒーロー名は「キャプテン・マーベル」だが、雑誌のタイトル名は「シャザム」である。
目次[非表示]

概要

元々はフォーセット・コミックと言う出版社から発行された『ウィズ・コミックス#1』(1940年2月)にて登場した「キャプテン・マーベル」と言うヒーロー。普段は少年の姿だが、変身すると成人男性の姿となる。

当時業界ではスーパーマンの二番煎じとも言われる亜流ヒーローが蔓延っていたが、その中でもキャプテン・マーベルは本家をも凌ぐ人気を誇った。もちろん、スーパーマンの本家のDCとしては面白くない話であり、フォーセット・コミックを「著作権侵害」として訴える(ほぼ、イチャモンに近い形ではあるが)。

そして裁判は長年に渡って行われ、その結果「フォーセット・コミックは多額の示談金を支払う事で和解」と言う方法を採った。結果、キャプテン・マーベルは出版を停止。その後、1953年にフォーセット・コミックは業界から撤退、さらに20年後にDCがキャラクター版権を買い取り1972年にDCで「Shazam!」のタイトルで連載を開始した。
よく誤解されるが著作権侵害が認定されたわけではない。あくまで示談申し込みによる和解である。さらに版権の移動は上記のようにDC側が買い取ったためで裁判とは無関係であり、雑誌名の改名も同様に無関係である。
(裁判について詳しくはこちら

DCから刊行された際にタイトルを「シャザム」に変更。これはすでにライバル会社から「キャプテンマーベル」と言うタイトルが出てたため(と、いうのは通説らしい)。その後、タイトルとヒーロー名を統合するためにnew52ではヒーロー名もシャザムになった。


オリジン

主人公の少年:ビリー・バットソンは家族を失い、叔父さん(父の弟)に引き取られたが、遺産目当ての叔父さんに追い出され、ホームレス同然となってしまう。ある夜、地下鉄のトンネルから謎の男が呼びかけてきた。ビリーが誘いに乗ると、そこにはルーン文字やヒエログリフ(神聖文字)が刻まれた、壮麗な魔法の地下鉄車両があった。
そして、地下鉄はある洞窟にたどり着く。洞窟の中には、魔術師シャザムが待っていた。シャザムはビリーを後継者と認め、魔力の全てを与えることにした。

こうしてビリーは、6人の神々の力を発揮するキャプテン・マーベルへの変身を身につけたのだった。


能力

キャプテン・マーベルに変身するための呪文である「SHAZAM」は、彼に力を授ける6つの神々と英雄の頭文字から取られており、それらを全て合わせた物である。
ソロモン王(Solomon)の知恵:様々な学術知識にアクセスしたりできる。
ヘラクレス(Hercules)の剛力:強大なパワーを有する。
アトラス(Atlus)のスタミナ:殆ど不死に近い耐久力の源。
ゼウス(Zeus)の全能:変身する時の魔法の稲妻に火をつける。
アキレス(Achilles)の勇気:戦う時の原動力。精神攻撃にも耐えられる。
マーキュリー(Mercury)のスピード:これによって空を飛べる。

…ギリシャ・ローマ神話の神や英雄の有名どころが中心だがユダヤ教伝承のソロモン王が混ざってるのは気にするな。

マーベル・ファミリー

  • マリー・マーベル
マリー・マーベル


本名はマリー・バットソン。ビリーの生き別れた兄妹。両親がブラックアダムに殺されたショックで記憶喪失となってしまう。その後、紆余曲折を経てビリーと再会する。
魔術師シャザムに出会い、記憶を取り戻した彼女はキャプテン・マーベルの正体がビリーだと悟る。「家族を守るために兄と同じパワーが欲しい」とシャザムに願うと、彼はそれを認めキャプテンと同じパワーを与えた。彼女も変身後は成人の姿となる。

スーパーガールの原型となったキャラクター。

  • キャプテン・マーベル・ジュニア

キャプテンマーベルJr.


本名:フレディ・フリーマン。ビリーの親友。能力はキャプテンとマリーから分け与えれた物なので、彼らがジュニアと同時に変身しているとパワーが半減してしまう。彼は変身しても子供のまま。しかし、new52では大人に変身する様に設定された。

  • 魔術師シャザム
ビリーやマリーに能力を与えた魔法使い。

  • ダーラ、ユージーン、ペドロ
new52で登場したビリーのステップフォードブラザー。ビリーが新たに引き取られたバスケス家の里子たち。ダーラはアフリカ系のメガネっ子、ユージーンは中国系、ペドロはぽっちゃりのラテン系。彼らもシャザムと同じ力を与えられた。


ヴィラン

  • ブラックアダム
ブラックアダムとキャプテンマーベル


古代エジプトの王子テス・アダムは、かつてシャザムから力を与えられたが、それを暴走させてしまいシャザムに封印された。Dr.シヴァナの手で封印を解かれ現代に蘇ったテスは、「ブラックアダム」と名乗り、キャプテンの前に立ちはだかる。「ヒーローに似た姿、同じ能力を持った敵役」の元祖。実写版では風貌がクリソツなロック様が演じることが決定している。
「SHAZAM」に対応する神々は以下の通り。
シュー(Shu)の体力
ホルス(Horus)の速度
アモン(Amon)の剛力
ジェフティ(Zehuti)の知識
アトン(Aton)の神力
メヘン(Mehen)の勇気
テス・アダムがエジプトの王子だったので、対応する神々もエジプトのものになっている。

  • Dr.シヴァナ
悪の天才。

  • ミスターマインド
喋る芋虫。

実写映画

2019年4月15日に、DCエクステンディッド・ユニバースの作品の1つとして製作される予定。
ジャスティス・リーグ パート2』公開前の最後の作品であり、おそらく、シャザムもジャスティス・リーグへと合流する流れになるものと思われる。

関連タグ

DCコミック

pixivに投稿された作品 pixivで「シャザム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46306

コメント