ピクシブ百科事典

デスストローク

ですすとろーく

デスストロークとはDCコミックの登場人物である。
目次[非表示]

概要

本名はスレイド・ジョセフ・ウィルソン。初登場は「New TeenTitans#2」(1980)。

元敏腕の傭兵で、アメリカ軍の極秘実験により、超回復力と身体能力を手に入れた。その回復力は、脳が無事であればどんな大怪我でも治ると言われる。さらには、バットマンに勝るとも言われる戦術頭脳と武器を選ばぬ多彩な技術を持つ(事実、何度かバットマンを窮地に追い込んだ)。メインウェポンとして両刃の剣と金属の棍棒を主に使用。

初登場時には「デスストローク・ザ・ターミネーター」と名乗っていたが、「デデンデンデデン」のテーマでおなじみの某超有名映画のせいで二つ名が名乗れなくなり、アニメのティーンタイタンズでは「デスストローク」という言葉が卑猥なスラングになりうる(デス=激しく、ストローク=しごく…)という理由から本名のスレイドを名乗ることとなった。そして、変態キャラになったのはご承知の通り。

実は妻子持ちだったのだが、夫婦喧嘩で右目を失明(普段は眼帯を着用)。さらに、恨みを持つ人物によって息子は喉を切り裂かれ、生命は助かったものの言語障害になるなど、ろくな過去がない。アメリカのサイトで行われた「父の日記念・アメコミ 史上最低の親父キャラ」ランキングではマグニートーや同じタイタンズの宿敵であるトライゴン(レイヴンの父)らを抑えて、見事栄光の一位に輝く…って、良いのか?それ

あのキャラクターとの関係

「名前(本名も)」「職種」「経歴」「能力」など、ここまで記事を読んだ人はある事に気づくだろう。そう、ライバル出版社のキャラクター:デッドプールとの共通点である。見た目から設定までパクリと言われても反論出来ないほどよく似通っており、実際デッドプールの生みの親がそれを公言している。そもそもウェイド・ウィルソンという名前も、スレイド・ウィルソンとの関連性を匂わせるために付けられたという。
ただし、(キャラクターとしての)元ネタとの差異として「デッドプールはやかましく喋るロクデナシ」という設定が組み込まれた。ちなみに名前の一部が一緒なのは、遠縁の親戚(また従兄弟)だったら面白いなという、スタッフの悪戯心から。

しかし問題は、DCコミックスから出版された「Superman/Batman Annual Vol 1」である。同作に出てくるアース3(DCコミックスのヒーローとヴィランの立場が逆転している並行世界)のデスストロークは、見た目からして明らかにデッドプールであり、事あるごとに「俺の本当の名前はデッ(ry」「俺はデスストロークじゃなくてデッドp(ry」と名前を名乗ろうとしては妨害されていた。フキダシは黄色じゃなかった。
これは、当該作品を手掛けたライターがデッドプールのシリーズを手掛けたことに由来する一種のお遊びである。

実写映画

2017年公開の映画『ジャスティス・リーグ』のエンドクレジット後の映像でサプライズ登場。
レックス・ルーサーの呼びかけに応じて現れ、「ジャスティスリーグに対抗した新たなチームを作りたい」という彼の構想を聞いていた。

演じたのはジョー・マンガニエロ、吹替遠藤大智が担当している。

関連イラスト

素顔が描かれたイラストが投稿されることもある。

Deathstroke



タイタンズ仕様

すれいどさん




関連タグ

DCコミック ティーンタイタンズ
スレイド:タイタンズでの役名。

pixivに投稿された作品 pixivで「デスストローク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51565

コメント