ピクシブ百科事典

ローズ・ウィルソン

らゔぃっじゃー

DCコミックのキャラクター。デスストロークことスレイド・ウィルソンの娘である。
目次[非表示]

概要

1992年の『Deathstroke the Terminator』#15にて初登場。
アデリーンと別れたスレイドが東洋某国の王女であるリリアン・ワース(Lillian Worth)との間に設けた娘である。

親子関係が明らかになった後、スレイドはナイトウィングに娘の指導を依頼し、ローズはティーンタイタンズのメンバーとなる。一方で父親の影響が彼女を悪の道へと駆り立て、四代目ラヴィッジャー(後述)としての側面も持つ。

2003年からのアニメーションシリーズ『ティーンタイタンズ』では登場していないが、アニメ版設定を反映したコミックシリーズ『Teen Titans Go!』に登場。
2013年からのアニメーションシリーズ『Teen Titans Go!』ではスレイドとの親子関係には言及されず、パメラ・アドロンが声をあてている。日本語吹き替えは鷄冠井美智子が担当。

2012年にはRavagersという新チームが結成され、ローズ・ウィルソンも参加している。

ラヴィッジャー(Ravager)

『破壊者』『略奪者』を意味する英単語。

DCコミックのラヴィッジャーは複数のキャラクターによって受け継がれている称号だが、いずれもデスストロークことスレイド・ウィルソンと浅からぬ因縁がある。

初代

1980年、『The New Teen Titans』#1にて登場。本名はグラント・ウィルソン(Grant Wilson)。
父親はスレイド、母親はアデリーン・ケイン(Adeline Kane)。また弟のジョセフ(Joseph William Wilson)はジェリコ(Jericho)という名前でティーンタイタンズに加入している。

二代目

1984年、『Tales of the Teen Titans』#44にて登場。本名はウィリアム・ウォルシュ(William Walsh)。
スレイドの元部下であり、彼に恨みを抱いている。
ジャッカルという名で活動しつつ初代ラヴィッジャーにも成りすまし、後に二代目ラヴィッジャーを襲名。

三代目

1994年、『Deathstroke the Terminator』#41にて登場。本名はウェイド・デファルジュ(Wade DeFarge)。
スレイドの異父弟。姪であるローズを誘拐し、その母であるリリアンを死に至らしめた。

なおスレイド関係以外では、1989年トゥーフェイスバットマン抹殺のために雇った傭兵の中に同名の者がいる。

スピンオフ

タイニータイタンズ

ティーンタイタンズのメンバーが小学生となった日常を描いた作品。
ローズも生徒として登場し、父のデスストロークが校長を務める。

たいにーたいたんず
tiny titans!



関連タグ

アメコミ / DCコミック
ヒロイン / villainess
ティーンタイタンズ

Rose Wilson / Ravager
Rose_Wilson

pixivに投稿された作品 pixivで「ローズ・ウィルソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 225

コメント