ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ヤングジャスティス

やんぐじゃすてぃす

ヤングジャスティス(Young Justice)とはDCコミックスのコミック及びアニメ、作中に登場するチームの名称である。
目次 [非表示]

概要

ヤングジャスティスはティーンタイタンズと同様にDCコミックス作品に登場する若いスーパーヒーローやサイドキック(相棒)を中心に結成されたチームの名前である。コミックの初登場は1998年の『Young Justice: The Secret #1』。


オリジナルの設定でアニメ化もされており、カートゥーンネットワーク、Netflix、HBO Maxで配信されている。

シーズン1:『Young Justice』(2010年-2011年)

シーズン2:『Young Justice: Invasion』(2012年-2013年)

シーズン3:『Young Justice: Outsiders』(2019年)

シーズン4:『Young Justice: Phantoms』(2021年)



本来のタイトルは「ヤング・ジャスティス」だがタグとしては「ヤングジャスティス」の方が多い。


登場人物

第1シーズンから参加

アクアラッド(カルダラーム)

CV:松田健一郎

アクアマンのサイドキックの少年でチームリーダー。

魔法で水を武器にして戦う。


ロビンナイトウィング(ディック・グレイソン)

CV:小野塚貴志

バットマンのサイドキックの少年。

高い身体能力とさまざまな武器で戦う。

第2シーズンでナイトウィングとなりリーダーになる。


キッドフラッシュウォーリー・ウェスト

CV:前野智昭

フラッシュのサイドキックの少年。

高速で走る能力を持つ。


スーパーボーイ(コナー・ケント)

CV:新垣樽助

スーパーマンのクローンの少年。

スーパーマンと同等の怪力と頑丈さを持つ。


ミス・マーシャン(メーガン・モールス)

CV:北原知奈

マーシャン・マンハンターの姪の少女。

テレパシーや透明化能力などがある。


アルテミス(アルテミス・リアン・クロック)

CV:中嶋ヒロ

グリーンアロー2人目のサイドキックの少女。

彼同様弓矢の名手。


スフィア

球体状の機械生命。


ウルフ

ブレインに操れれていた白い狼。事件後スーパーボーイになつきチームに協力する。


ザターナ(ザターナ・ザターラ)

CV:上田麗奈

ザターラの娘。魔法を扱う。


ロケット(ラクエル・アービン)

CV:

アイコンのサイドキックの少女。


第2シーズンから参加

バットガール(バーバラ・ゴードン)

CV:山川琴美


ビーストボーイ(ガーフィールド・ローガン)

CV:宮田幸季

様々な動物に変身する能力を持つ。


ブルービートルハイメ・レイエス

CV:祐仙勇

人工知能スカラベの力で戦う。


バンブルビー(カレン・ビーチャー)

CV:原島梢

体を小さくする能力を持つ。第1シーズンではメーガン達の同級生として登場。


ガーディアン(マルコム・"マル"・ダンカン)

第1シーズンではメーガン達の同級生として登場。

チーム加入後もしばらくはコスチュームやコードネームを持っていなかったが、敵を欺くためにガーディアンのコスチュームを着て以降2代目ガーディアンとなる。


ラグーンボーイ(ラガーン)

CV:烏丸祐一

半魚人のような姿で一時的に筋肉質な姿になる。


ロビン(ティム・ドレイク

CV:斉藤壮馬

ディックからロビンを受け継いだ少年。


ワンダーガール(キャシー・サンズマーク)

CV:高橋李依

ワンダーウーマンのサイドキックの少女。


インパルス(バート・アレン

CV:鈴木晴久

フラッシュの孫。未来世界からタイムマシンに乗ってやってきた。

キッドフラッシュより速く動くことが出来る。


関連イラスト

Young Justice GO !Young Justice

ヤング・ジャスティス放送開始おめでとう!!ヤンジャスまとめ


関連タグ

DC / DCコミック / アメコミ

ジャスティスリーグ / ティーンタイタンズ / スーパーサンズ


youngjustice


外部リンク

関連記事

親記事

DCコミック でぃーしーこみっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1252872

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました