ピクシブ百科事典

ペガサスシシレッド

だんしんぐすたー

キュウレンジャーのメンバー、シシレッドの強化形態。
目次[非表示]

ダンシングスター!ペガサスシシレッド!

概要

Space.6にてペガサスキュータマから召喚した“ペガサスアーマー”をシシレッドが装着した姿。

レッドの上半身をアーマーが覆っているだけのシンプルな出で立ちだが、装着前と比べてパワーとジャンプ力が飛躍的に上がっており、それを生かした立体的な動きや一気に距離を詰めてからの猛攻で戦う。
更に、キュウレンオー搭乗時にはペガサス座のキューエナジーをキュウレンオーへ付加・パワーアップも可能。

しかし、アーマーの運動性能は扱いが難しく、使用者であるレッド=ラッキーは初使用時にアーマーに振り回されて闇雲にそこら中を飛び回る羽目になった(※持ち前の強運で周囲のインダベーも巻き込んだが)。それでもラッキーはアーマーと語り合いながら(後述)、扱いを掴む為に一夜掛けて猛特訓。コツを得て制御に成功した。

固有技

  • ペガサス・オールスターインパクト

他のキュウレンジャーとの合体技で、キューソードから放った斬撃に他のメンバーがキューザウェポンから放った斬撃・銃撃を当てて強力な斬撃へと変化。これを敵に喰らわせる。

ペガさん(ペガサスアーマー)

「アホ!呼び捨てにすなっ!“ペガさん“と呼ばんかい!」
CV:てらそままさき

ペガサスキュータマから召喚される、意思を持ったアーマー。関西弁のおっちゃん口調で話し、一人称は『ワテ』。
マイペースかつ遠慮の無い性格で、自分を装備した相手が自分へついて来てないのも御構い無しに動き回って振り回す。ただし、その相手が自分に付いて行く努力をしているのを軽口を叩きながら応援しつつ(相手に着付いたまま)付き合う等、面倒見は良い(※ネットムービー6話より)。
アーマーだが汗をかいて水を求める、疲れを感じたりラッキーの言葉に感動する等フリーダムかつ人間臭い。ただアーマーの姿は保つのに限度があるらしく、長時間だと疲れて眠ってしまう。

Space.8でイカーゲンに苦戦したラッキーが状況を打開すべくペガさんの転送を要求するが、ショウが不在だった為叶わなかった。この時点でペガさんが回復していたかどうかは不明。

ペガサスキュータマ自体は、ショウ・ロンポーキュウレンジャーに合流する以前に手に入れていたキュータマの一つ。本人とショウが(紙芝居を交えて)語った話によるとペガサス座系の惑星に住む聖獣だったペガさんはジャークマターと戦おうとしているショウに共感、我が身をキュータマに宿したらしい。また、ショウが惑星ババンギの怪物と戦った時もアーマーとなってショウに着られたとの事(※ただ、ショウ指令のテキトーぶりを知っているキュウレンジャーの面々は半ば疑いの顔で話を聞いており、ナーガに至っては『絶対ウソだ…』と呟いた。しかし、ショウがジャークマターと戦っていた事は事実であり、あながち嘘ではないのかもしれない)。

不遇フォーム疑惑

キュウレンジャー最初の強化形態ポジションとして登場したペガサスシシレッドだがSpace.6での初登場以降、Space.43の時点で一度も登場していない(前述の通りラッキーがペガサスキュータマの転送要請をしたことはあったが)。この回はリュウバイオレット(後のリュウコマンダー)の初登場回であった事、ペガさんがまだ回復していたか不明だった事からあえて登場させなかったと思われていたのだが…。
その回以降もチキュウ出身の追加戦士の登場、自分だけでなく一部の仲間の強化も可能なシシレッドの新たな強化形態の登場など次々と戦力が増えていくのに一向に登場する気配がない。他のメンバーが嫌がる中必死に続けたダンスの特訓はなんだったのか。さらに激化していく戦いの中でアルゴ船から目覚めた伝説の戦士の参戦もありペガさんの立ち位置はさらに危うくなっていく。「劇場版では活躍するのでは…?」とも思われていたがこのポジションですらシシレッドムーンに奪われる始末。そして本編でもとうとうシシレッドの最強形態が登場し、ペガさんの再登場は絶望的に…(というかそもそもペガサスキュータマ自体が放送初期のキャンペーンで貰える限定品ゆえ販促要員ではなかったという事情もある)。ペガさんの明日はどっちだ!?(→こっちだ!!)

余談

なお、日本における正式名称ではペガスス座である。
ペガサスの方が人口に膾炙しているし、聖闘士星矢というこの分野での先達もあるのでこちらを採用したのかも知れない。これはヘルクレス座も同じで、Space.22や劇場版において『ヘラクレス』キュータマとして登場した。

初登場以降の不遇疑惑は先述の通りだが、撮影事情でもペガサスアーマーの損傷具合が無視出来なかったのがある。胸部分がペガサスの頭である都合上突っ伏したりした時等に傷付き易かった為、撮影が終盤になる頃にはペガサスの鼻面に目立つ大きな皴が出来ていた(※戦隊シリーズ初の特写写真集『SAY the GO!』ではこの状態で収録されている)。
その為、Space.44では鼻面の皴を修復した状態で再登場している。

関連記事

宇宙戦隊キュウレンジャー
シシレッド ラッキー(キュウレンジャー) ペガサスカジキイエロー

獅子王(ニンニンジャー):変身前でも装着できる(というか勝手にする)戦隊での強化装着要員の先輩。ショウ指令の昔話が本当なら他のメンバーでも使える共通点も出来るが、終盤になってようやく実現された。

キンタロス:てらそま氏が10年前に演じたキャラで、氏が近年に演じたキャラの代表格。
…と言うより、ペガさんのキャラがキンちゃんと丸被り。(一応、一人称は「俺」で違うが…)

よっしゃラッキーやでぇ!



円盤戦争バンキッド:かつて初代スーパー戦隊の放送期間中、その人気にあやかって東宝が制作した複数ヒーロー物特撮。この作品のレッドがペガサスの名を冠している(バンキッドペガサス)。

ベルトさん:装着アイテムだが意思を持ち、呼び捨てにされるのを嫌う点が同じ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ペガサスシシレッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1924

コメント