ピクシブ百科事典

反乱軍リベリオン

はんらんぐんりべりおん

反乱軍リベリオンとは、宇宙戦隊キュウレンジャーに登場する組織。
目次[非表示]

概要

宇宙幕府ジャークマターの侵略に抵抗するレジスタンス組織。キュウレンジャーもここに所属している。創設者はビッグベア総司令
なお、反乱軍と言う肩書はジャークマター側の物で、組織関係者側の正式名称は“解放組織リベリオン”

ジャークマターから宇宙を開放すべく、キュータマの回収やその力を引き出すアイテムの開発、そして宇宙に伝えられる伝説の救世主・キュウレンジャーとなる運命を持った者を探して揃える事に力を注いでいた。
セイザブラスターキューザウェポン等の装備はその成果の一つだが、その過程でスキル用のキュータマによるキュウレンジャーに近い戦士に変身する派生技術も開発・実用化している。それを編み出したのが若かりし頃のショウ・ロンポーであり、その技術で彼本人が変身したのがリベリオン最初の戦士リュウバイオレットである。

ショウ=バイオレットの誕生により直接ジャークマターと戦える力を得たリベリオンだったが、逆にそれが敵の危機感を煽ってしまった様で、ドン・アルマゲに刺客であるイカーゲンマーダッコをリベリオンの本部へ送り込まれる。その結果、メンバーのほとんどは刺客二人の手に掛かって死亡、ベア総司令も時間制限(※当時は試作段階なため変身時間に限りがあった)によって窮地に陥ったショウを庇い、瀕死の傷を負いながら『キュウレンジャーを捜せ!』と言い残し自爆してしまう。

これによりリベリオンは組織系統に多大なダメージを負った様で、現在生き残りであるショウは新たな司令官としてようやく集めたキュウレンジャー達をオリオン号に乗せて率い、孤軍奮闘している(食糧等の物資ルートやスパイを送れるコネクションがある事から、かろうじて組織の消滅は免れている様だ)。

なお、リベリオンやショウに受難を齎した疑似キュウレンジャーの技術だが、後にそれは正規のキュウレンジャーメンバーとショウの絆、そして9つのチェンジキュータマの力により、新たなる救世主の誕生へと昇華した。

一方、ショウを庇って戦死したベア総司令はオオグマキュータマにその魂を宿らせていたが、そのキュータマを持ち出したチキュウ人の少年・佐久間小太郎の心意気と覚悟、そしてラッキーの説得を受けた事で小太郎に協力。その結果、更なる救世主が誕生する事となった。

その後は小太郎のキュウレンジャーとしての研修を受け入れる、ヒカリキュータマを提供する等の支援を行っていた。


その後Space.20で小太郎がキュウレンジャーに帰還、そして鳳ツルギを起点に話が移っていきリベリオンの存在は薄れていったが、Space.36以降ジャークマターへの反抗活動が急激に活発化、各星系のカローダイカーンの動きを短い間に押さえ込んでいる。前話でキュウレンジャーに開放された事で反ジャークマターの旗振り役になったホシ★ミナトの影響力も大きいが、それに加え反抗勢力がジャークマターと互角にやり合えるようリベリオンがバックアップ・統率をしていた可能性もある。

いずれにせよ、これによりジャークマターの組織力が大幅に低下した隙を突き、キュウレンジャーは敵の本拠地であるミナミジュウジ座系・惑星サザンクロスに攻め込んだ。
そしてキュウレンジャーが本拠地を壊滅させた事でジャークマターの権力層の戦意を失わせ、組織から離脱させた結果ジャークマターは実質瓦解
これをもってリベリオンは目的をほぼ果たした事になる。

その後、キュウレンジャーがドン・アルマゲを完全に滅ぼした事で真に宇宙全体の開放を達成。その功績により総司令に昇進したショウの手で、リベリオンは解放組織から宇宙全体の平和を守る組織に生まれ変わった。
Space.18で出会った、宇宙のお巡りさんとの経験を、ショウはしっかりと生かした様である。

余談

プロデューサーの望月卓氏は、雑誌『宇宙船』のインタビューにおいて『キュウレンジャーは描きたい事の2割しか描けなかった』と振り返っている。この内、どうやらリベリオンも描けなかった方に入って持て余してしまったらしく、最終的には物語後半の展開でキュウレンジャーを有利にするべく、舞台装置に回された節がある。

ちなみに小太郎に戦闘訓練を施した教官たちの事は外伝で語られている。

関連項目

宇宙戦隊キュウレンジャー 倒幕運動

テンノーセッショー:宇宙幕府ジャークマターとの関係が逆だったら有り得たかも知れない役職。

関連記事

親記事

宇宙戦隊キュウレンジャー うちゅうせんたいきゅうれんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「反乱軍リベリオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 742

コメント