ピクシブ百科事典

ホシ★ミナト

うちゅうなんばーわんたれんと

宇宙戦隊キュウレンジャーの登場人物。
目次[非表示]

演:松本寛也(※友情出演)

概要

宇宙戦隊キュウレンジャーが活躍する88の星座系で大人気の芸能人で、通称『宇宙NO.1タレント』
ダンス付きの代表曲『ラッキー ミラクル パラダイス』を引っ提げ、全星座系のテレビ画面を席巻する。
金色の肌に触覚を持ったヒューマノイド型宇宙人で、アフロヘアーにド派手な衣装を纏い、左肩にマスコットらしき生物を乗っけている。

現時点ではキュウレンジャーの活躍に絡まない脇役だが、その通称通り全星座系のあらゆるメディアに登場し、本編のどこかでチラッと顔を見せる他、EDダンスでもバックダンサーに紛れて登場している。
夏限定のEDでは浴衣で登場している。

この他にもキュウレンジャーのサウンドトラック等に収録されたキャストトークに出演(※ミナトがMCを務めるラジオ番組と言う設定)。
そこでの彼は一言一言をカッコ付けて強調した様な口調で話しており、視聴者に対しわざとらしい話し方をしていると推測出来るが、同時に妙に機械的な印象も受ける。

このサウンドトラック、後の回との矛盾もあってパラレル要素こそ強いのだが、実はこの口調こそが、後に明らかとなる彼に関する真実の重大な伏線であった…。

登場シーン

Space.1バランスナーガ・レイが居るカフェのテレビ画面
Space.2ガルチャンプハミィスパーダが惑星ジガマへ降り立った時の街頭スクリーン
Space.14ジャークマター御用達の娯楽施設『ぜいたくヘブン宇宙竜宮城』のCM内
ネットムービーセイトカイチョウインダベーが仕掛けたお絵描き勝負のモデル


余談

演じる松本氏は同年にスーパー戦隊親善大使に就任しており、そのPRとして“友情出演”の名目でキュウレンジャーへ出演した模様。
ミナトの代表曲である『ラッキー ミラクル パラダイス』は勿論本人が歌唱している上、ダンスの振り付けはかつて黄色の腰とも呼ばれた自身が考えた物との事。
3月15日に発売のキュウレンジャー主題歌シングルの初回限定盤に、本曲がボーナストラックとして収録されている(詳細はこちら)。

ちなみに松本寛也氏とワシピンク/ラプター283を演じるM・A・O氏とアキャンバーを演じる小宮有紗氏は特命戦隊ゴーバスターズVSゴーカイジャーで一度共演している。

真相

当然、全宇宙がジャークマターに支配されている状況でただのタレントが全宇宙規模の人気を誇っていたり、EDに毎回登場しているなどあまつさえ主役のキュウレンジャーよりも目立ったりするはずがなく…………。




















































肩乗りショーグン


その正体はショーグンドン・アルマゲ(正確に言うとドン・アルマゲのうちの一体)の依り代
実はミナトの左肩に乗っているマスコットこそがドン・アルマゲであり、影でミナトを操っていた。

もともとはレチクル座系を中心に活動していたストリートミュージシャンで、ハミィはこの頃からの古参ファンにして恩人。
ハミィはかつて故郷の星をジャークマターに追われ、少しずつ心をすり減らしていた中、レチクル座惑星ザキーセでミナトと出会い、「確かに今は誰もいない。でもね、いつか絶対僕の歌を聞いてくれる人が現れるって信じていれば、それだけで前向いて歌えるんだ」 という彼が歌う理由を聞いた事で、自分に希望を芽生えさせ元気を取り戻したという過去があった。
それ以来、ハミィはミナトの事を心の中で「ミナティ」と呼んでいる。

いつ頃かは不明だが、アキャンバーに目をつけられた彼はドン・アルマゲの依り代に仕立て上げられてしまい、ジャークマターの広告塔として洗脳工作に従事する事になる(東映公式サイトによると『ラッキー ミラクル パラダイス』をリリースした時点で既にドン・アルマゲの依り代だったとの事)。
彼の熱烈なファンは少しの事で感情を爆発させやすいと噂になるなど、怪しんでいた人は決して少なくないようだが、圧倒的な人気の前にかき消されていた。

しかしSpace.35冒頭でライブ中継の映像の「お前らの感情、解放してみないかーーっ?」というミナトの発言に違和感を感じたナーガの一言がきっかけで、キュウレンジャーが「ホシ★ミナトは本当にジャークマターの一員なのか」を確かめるべく行動を開始した事で状況は一変。

新人アイドルに変装してオーディションに潜入したハミィがストリートミュージシャン時代の代表曲『からっきし』を歌うが、ミナトに憑依したドン・アルマゲはこの曲を知らなかったため「これ、本当に俺の曲?いっぱい歌ってきたから、覚えてないや」と返す。
この不用意な一言によりハミィを傷つけたばかりか、ハミィのマネージャーに扮していたツルギとスパーダに怪しまれてしまう。
状況に気づいたミナトのマネージャーはハミィ達を追い出そうとツヨインダベーをけしかけるが、着ぐるみを着て潜入していたバランスとラプターに邪魔されてしまい失敗。

ミナトのマネージャーに化けたアキャンバーもろともエリダヌスキュータマの力によって真実を暴かれ、直後にドン・アルマゲがミナトから分離し巨大戦に突入した。

こうしてドン・アルマゲから解放された事でミナトは元の人格を取り戻し、Space.35ではキュウレンジャーの戦いをテレビを通じて全宇宙に伝え、反ジャークマターの旗振り役となった。

Space.44では冒頭でキュウレンジャーがドン・アルマゲの野望を暴いた事でジャークマターが浮き足立っている事をメンバー達に伝言。終盤ではチキュウの非常事態をメンバー達に連絡していた。

関連タグ

矢澤にこラブライブ!の登場人物で自称宇宙No.1アイドル。ホシ★ミナトのキャッチフレーズである『宇宙NO.1タレント』やSpace.35のサブタイトル(『宇宙No.1アイドルの秘密』)は、こちらが元ネタと思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ホシ★ミナト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1015

コメント