ピクシブ百科事典

フクショーグン

ふくしょーぐん

フクショーグンとは「宇宙幕府ジャークマター」の最高幹部のことである。ここではフクショーグンの配下についても記載する。
目次[非表示]

ドン・アルマゲ「よくぞ集まった。我が信頼すべきフクショーグン達よ。我が宇宙を乱す者、鳳ツルギを抹殺せよ!」

概要

ドン・アルマゲ直属の家臣であり、宇宙幕府ジャークマターの最高幹部。今までキュウレンジャー達を苦戦させたカローよりも高い地位にあるが、ショウ司令はその存在を知らなかったと同時に、アルマゲの本気を伺わせた。
space.22でドン・アルマゲによって3名招集され、キュウレンジャー及び復活を果たした鳳ツルギの抹殺の命を受け、Space.23で本格的に活動を開始する。

当初、フクショーグン達が最優先しているのは『鳳ツルギの抹殺』であった為、逆を言えばショウ指令をはじめとするキュウレンジャーの存在は二の次と言う認識だった。
しかし単独で先行したテッチュウがツルギだけでなくキュウレンジャーも危険な存在と理解し、全員抹殺を遂行しようとするも彼らに後れを取った上で戦死、これにより残ったフクショーグン達も認識を改める事となる。

全員、右肩に龍の様な生物を象った黄金の肩当てを付けており、そこにキョダインロウを身に着けている。彼ら直属の配下達も存在している。

ツルギはかつて戦った事があり、300年前よりも格段に強くなった事に驚いていたが、フクショーグン達はドン・アルマゲの記憶改竄の影響でツルギの事を知らない様子。

Space.25でテッチュウは倒され、残ったアキャンバーとククルーガにアルマゲから出動の命令が下される。その時、アキャンバーとククルーガはショーグンと近しい位な為か、アルマゲに敬語を使わず、対等な物言いをしている(ただ、これに関してはアルマゲがはっきりと怒る事はなかった)。
まず先に動いたアキャンバーはナーガ・レイ自らの傘下に引き込む事で内部からキュウレンジャーを壊滅させようとしたが、引き込んだナーガを彼の昔からの相方であるバランスが建てた作戦により元に戻されて奪還され、失敗(Space.31)。

これによりアルマゲのフクショーグンに対する信頼は揺らぎ出し、キュウレンジャー抹殺の為新たなフクショーグンへの昇格を報酬に全星座系のカローを招集する演説へ踏み切る事となる。
こうして実質、現フクショーグン達の後が無くなって来た状況の中、これまで同胞の行動を傍観していたククルーガが動き出す。彼は配下のドーギュンや協力者であるカロー・マゲラー、更にはジャークマターラボに眠っていた殺戮兵器・ゼロ号の力まで借りつつ真正面から叩き潰そうとしたが、既に他のフクショーグンと渡り合った事で相応な実力を付けたキュウレンジャー相手には後れを取っており悉く敗走、遂には撃破されてしまう(Space.34)。
更にこれから程無く、アルマゲ(の一人)が取り付いて操るホシ★ミナトを開放しようとするキュウレンジャーの作戦においてミナトの護衛役に戻っていたアキャンバーが正体を暴かれた上で戦死する(Space.35)。

しかしククルーガはボディを回収され、蘇生手術を施された事で復活を果たす。
直後に自身を敗北へ追い込んだラッキーに復讐するべく、かつて制圧したラッキーの故郷・シシ座系惑星カイエンへと向かう。そこでラッキーがシシ座星系の王族である事を知ったククルーガは当星系を制圧していたカロー・ジューモッツの手を借り、捕らえたラッキーを父・アスラン王(を模した砂人形)に殺させようとしたが結局ラッキーには見抜かれた上直後のツルギ達の援護で失敗。その流れからの直接対決でとうとう戦死する(Space.37)。
これにより、キュウレンジャー抹殺の為招集されたフクショーグンは全滅、完全敗北した。
しかし、Space.36でククルーガがジャークマターラボで復活した際の場面で背後のカプセルに倒された筈のテッチュウとアキャンバーの姿があり、もしかすれば復活する可能性があるのではないかと思われる。

Space.29、30に登場した過去におけるフクショーグン達は現代の彼らとは若干姿が異なっており、300年前の戦いが終わった後、ジャークマターラボでアントン博士に強化改造を施され、現在の姿になった様だ。
アルマゲと同じ様に現代でも健在であったのは博士の蘇生手術が要因と思われる。
詳細は個別記事を参照。

フクショーグン一覧

※話数は本格的に活動を開始した物を記載。

Space.名前装備特有分類出身惑星モチーフCV過去の戦隊出演
23~25、29~30テッチュウテッキュウ鉄骨ピラー鋼鉄宇宙人ケフェウス座系サビナインデリーの鉄柱&破戒僧土田大サイゾウ/ニンジャブルー
26~35アキャンバーブレイクマイク、再ブレイクマイク、ミクロツヨインダベーコワイロ声ボーカル宇宙人カシオペア座系キョリュードアカンバロの恐竜土偶&アイドル小宮有紗宇佐見ヨーコ/イエローバスター
28~37ククルーガククルガン、メドウサーベル超強靭な肉体サイボーグ宇宙人ペルセウス座系ケツァルコケツァルコアトルメドゥーサ&サイボーグ内田直哉緑川達也/デンジグリーン

フクショーグンの部下

フクショーグンが直属で従える配下達。基本的な実力や地位はダイカーンと然程変わらないが、支配・管理する惑星(及びモライマーズ)は持っておらず仕えるフクショーグンの命により主のいる惑星へと馳せ参じる(※待遇的にはショーグンの刺客とほぼ同じ)。

他惑星出身

Space.名前装備特有分類キョダインロウ担当出身惑星モチーフCV
24ギャブラーチュパカブランスチュパカヅラ吸収宇宙人左肩テッチュウの部下ヤギ座系チュッパチュパカブラ&処刑人小形満
32ドーギュン液状生命体マトリック、スーパービッグモライマーズ、コーギュン箱E・モノアイサイボーグ宇宙人右太腿ククルーガの部下チョウコクシツ座系シャコキ遮光器土偶&科学者水内清光


Mツヨインダベー

Space.名前装備高い能力や特色キョダインロウ担当CV
31ミクロツヨインダベーチーサ遺伝子自身が編み出した身体を縮小させる技右腰ナーガ・レイ地区、アキャンバーの部下太田哲治


その他

Space.名前装備特有分類担当出身モチーフCV
23メタルデスワーム-メタルシル歯宇宙昆虫テッチュウの部下(戦力)砂漠惑星(レア)モンゴリアンデスワーム不明
27ジャーク戦隊ゴインダベーギョイサーベル-戦闘擬似生命体アキャンバーの部下ジャークマターラボリトルグレイ白鳥哲(赤)、松島昭浩(青)、下和田ヒロキ(黄)、伊藤茂樹(黒)、下園愛弓(紫)
34牛型汎用破壊兵器ゼロ号180mm猛牛火呑(カノン)、30mm猛牛魔震貫(マシンガン)、猛牛風米嵐(ブウメラン)-ロボット兵士ククルーガの部下(戦力)ジャークマターラボ&ロボレスファイター-


余談

東映公式ページによると、フクショーグン役の声優は全て戦隊OB・OGが務めるとの事である。この内、上級幹部でありながらアキャンバー役の小宮氏がスコルピオ役の久保田悠来氏どころかマーダッコ役の喜多村英梨氏よりも比較的若くて浮いているが、これは戦隊OGの女性声優でベテランの需要がない事に由来される。ちなみに現在戦隊OGの女性声優はラプター283役のM・A・O氏の他、特捜戦隊デカレンジャー菊地美香氏と獣拳戦隊ゲキレンジャー平田裕香氏とそう多くない。

フクショーグン3人の出身星系はそれぞれケフェウス座カシオペア座ペルセウス座であり、いずれもギリシャ神話に示される英雄譚の一つ『海獣ケートス退治』の関係者を模した星座である。またフクショーグンの関係する回において、残りの関係者を模したアンドロメダ座くじら座キュータマが使われている。
そしてくじら座以外の4つのキュータマは、ドン・アルマゲの潜むミナミジュウジ座に張られるバリアを突破する鍵ともなっている。この為、フクショーグンに完全勝利したキュウレンジャーはミナミジュウジ座へと攻め込むべく、彼等3人の出身星系に赴き対応するキュータマを集める事になった。

恐らく元ネタは江戸幕府における水戸紀州尾張の徳川御三家。

関連リンク

宇宙戦隊キュウレンジャー 宇宙幕府ジャークマター

pixivに投稿された作品 pixivで「フクショーグン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 995

コメント