ピクシブ百科事典

メドゥーサ

めどぅーさ

メドゥーサ(Medusa)とは、ギリシャ神話に登場する怪物である。
目次[非表示]

概要

ギリシャ神話に登場する怪物で、ゴルゴンゴーゴン三姉妹の末妹。
青銅の腕と黄金の翼を持ち、髪の毛が蛇になっている。猪のような牙を生やした姿で描かれることもある。彼女を直視した者は恐怖のあまり体が硬直して石になってしまうといわれている。
古代ではメドゥーサの顔を象った装飾が、神殿や鎧などの魔除けとして用いられていた。

名前は「支配する女」または「守護する女」を意味し、英語ではメデューサ(Medusa)と発音する。
元々はオリュンポス十二神が台頭する遥か以前にギリシャで崇拝されていた地母神だったと考えられている。

神話では、女神アテナに憎まれて姉共々怪物に変えられた挙句、最後はアテナの導きと加護を受けた英雄ペルセウスによって首を刎ねられて殺されてしまう。

しかし石化の能力は死後も失われることはなく、ペルセウスはメドゥーサの首を用いて、天を支える巨人アトラスを岩山に変えたり、自らを殺そうと企む者たちを悉く石化させたりした。
その後、彼女の首は女神アテナに献上され、アテナは自身の楯である「アイギス(イージス)」にメドゥーサの首を貼り付けて敵対する者への脅しとしたと言われる。
また、メドゥーサの視線によって石化した海藻がサンゴになった、メドゥーサの首から滴る血が砂漠に落ちて様々な毒蛇が誕生したなど、後日談的な伝承も多く残されている。
ちなみにペルセウスが三姉妹の中でメドゥーサを狙ったのは、彼女が姉たちと違って不死身ではなかったため。姉と妹、どこで差が付いたのか…。

また、彼女は海神ポセイドンの愛人でもあり、怪物になる前に彼の子を身篭っていた。そもそも怪物に変えられたのも、アテナの神殿でポセイドンと交わり、その神聖を穢したためだとも言われる。ペルセウスに首を刎ねられた際、その首元から天馬ペガソス(ペガサス)と黄金の剣を持つ巨人、クリュサオルが誕生したという。
クリュサオルは後に海神オケアノスの娘カリロエーとの間に、三頭三体の巨人ゲリュオンと半人半蛇の怪物エキドナをもうけている。

現代の創作物では、本来の位置づけから外れて独立した種族名として扱われることがある。
また、蛇の髪の毛という特徴に加えて、ラミアエキドナのような半人半蛇の姿で描かれる場合もある。

関連イラスト

メドゥーサ
ゴルゴン



関連タグ

ギリシャ神話 ゴルゴン ゴーゴン メデューサ アラクネ
邪眼 石化

なでこメドゥーサ

pixivに投稿された作品 pixivで「メドゥーサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3407904

コメント