ピクシブ百科事典

メドゥーサマイナソー

めどぅーさまいなそー

『騎士竜戦隊リュウソウジャ―』に登場する、ドルイドン族が生み出したマイナソーの一体。
目次[非表示]

「ミィロ~、ミィロォ~!」

CV金城茉奈/スーツアクター蜂須賀祐一

データ

属性/半獣半人型モンスター
分類/動画配信目メドゥーサ
身長/183cm~44.8m
体重/275kg~673.8t
分布/石化の街
経験値/304

概要

クレオン龍井尚久の娘の龍井ういから生み出した、幻獣「メドゥーサ」の伝説を司り、その風貌を得た本編初となる女性型のマイナソー

見た目は頭部にが絡み付いた女性が蛇の目や鱗等の意匠をあしらえたドレスを着た様な外観で、胴体は眼を見開いた怪物の顔となっている。また腹部の怪物の口内は画面にヒビの入ったスマートフォンとなっている。クレオン曰く『上物』。

「ういチャンネル」を自ら作って動画配信に勤しんでいたういは、密かに「もっと自分の事を動画を通じて見てもらいたい」と思い詰めており、その思いをクレオンに悪用される事となった。

「ミィロォ~!」と鳴きながら人前に現れて他者の視線を自身へ集め、その声に反応した対象に胴体の怪物が持つ呪いの瞳を見せつけて対象を石化させる能力を持つ。しかも肉眼だけでなく映像越しでも効果があり、それを用いて一度に大勢の人間を石化させる事も可能。
この石化能力は、動画を視聴した人が本当に固まるほど面白くない、ういの動画センスへ起因するらしい。
戦闘では蛇の骨の意匠を持つ湾刀『コブランベルジュ』を武器にする。

戦闘よりも自身を他者に見て貰う事を優先する思考で、その為ならクレオン達に守って貰うのも許容して、巨大化しても必要以上に暴れずマスコミや野次馬が駆け付けるのを誘う等、言葉こそ発しないが明確な知性を伴った行動を見せている。

活躍

前話でユニコーンマイナソーリュウソウジャーの戦いを撮影し、動画視聴数を稼げるとほくそ笑んでいたういクレオンが発見し接触。処置を施して誕生させた。
※なお、処置された時の記憶をういは消されていたが、後の第5話バンバが使ったコタエソウルの力により深層意識から思い出す。そして彼女の証言により、リュウソウジャーはクレオンがマイナソーを作っている事を知った。

それからしばらくして、等身大の姿で実体化して街中に出現。
リュウソウジャーと交戦する。鳴き声に反応したリュウソウピンクリュウソウレッドに言葉を伝言したため自身を凝視してしまった彼を早速石化させ行動不能に追い込む。更にこれで相手をまともに見れなくなった残りのリュウソウジャーの動きが悪くなったので、コブランベルジュを手に圧倒、隙を突いて呪いの瞳を相手へ向ける。
しかし突如現れたリュウソウブラックマブシソウルの力で放った光を浴び目晦ましを喰らう。これで生じた隙をリュウソウグリーンに突かれそうになったが、クレオンが連れて来たドルン兵の援護で難を逃れ、残ったリュウソウブルーとリュウソウピンクもタンクジョウが強襲して押さえ込んでいる間に、この場から立ち去った。

それからしばらくして、ういの生命エネルギーを取り込んで巨大化し、マスコミや野次馬を集めてから石化能力を発動、中継映像を見ていた者も含め多くの人間を一気に石へ変えていく。
すぐに石化状態から復活したレッド(※バンバが使ったミストソウルにより浄化され回復)がキシリュウオーを駆って挑んでくるが、前回の戦闘で相手を凝視出来なくなった向こうのハンデは大きく、再び優位に立ち圧倒する。それを地上で見ていたブルーとピンクがトリケーンアンキローゼを呼び出して加勢させるも、意に介さずコブランベルジュから斬撃を放って振り払う。
だが、ブルー=メルトより励ましと策を受けたトリケーンとアンキローゼが路面の舗装を剥がしそのガレキをブルーとピンクの元へ投げる。これに対しピンクはカルソウルの力でガレキを軽くしてメドゥーサマイナソーの胸元へ弾き飛ばし、そのガレキをブルーがギャクソウルの力で舗装に戻した事で、呪いの瞳が舗装で目隠しされて石化能力を封じられ形勢逆転。
初合体を行ったキシリュウオースリーナイツに圧倒された後、最期はキシリュウオーファイナルブレードを喰らって、悲鳴を上げながら爆散した。

余談

経験値の合計数の由来は「スマートフォン」の語呂合わせ。((3)(0)ートフォ(4)ン)

メドゥーサ(ゴーゴン)モチーフの戦隊怪人冥府神ゴーゴン(魔法戦隊マジレンジャー)以来となる。近年では宇宙戦隊キュウレンジャーククルーガのモチーフの一部として取り入れられている。

デザイン担当の久正人氏によると、ボディ全体がメデューサの生首を表しており、のたうつ髪のヘビが身体を作っているデザインとなっている。
また、人間の頭部に当たる部分は衆目を集めて人々を石化させるために美形になっているとのこと。ちなみに、マイナソー共通の尾はヘビの生殖器(半陰茎)を模している。
武器のコブランベルジュは全身から蛇の骨格を模したデザインしているが、マイナソーのコンセプトについて「怪獣っぽさを持たせる為に武器を持たせない」という点があり、武装して戦ったメドゥーサマイナソーは今となってはイレギュラーとの事。

スーパー戦隊シリーズで一般の女怪人が序盤から登場したのは天装戦隊ゴセイジャー女王蜂のイリアン以来、9年振りとなる。
なお、メドゥーサマイナソーが登場した3/31のニチアサは一時間前の世界でも三十分前の世界でもが元になった、もしくは変貌した怪物怪人が登場しており、(前者は微妙なラインだが)この日のニチアサに登場した敵は全員女性という珍しい事となった。

武器のコブランベルジュは第22話に登場したネクロマンサーマイナソーの持つ武器に流用された。また、スーツは第25話に登場するグリム・リーパーマイナソーに改造された。本編にはもう1人女性型のアラクネーマイナソーがおり、今作で確認出来た女性型マイナソーはこの2名である。

声(唸り声がほとんどだが)を担当したのは本作で龍井ういを演じている金城氏であり、怪人としての出演も初となるが2020年12月1日に死去されたことが公式で発表されたため、最初で最後の出演となった。

関連項目

騎士竜戦隊リュウソウジャー ドルイドン族 マイナソー メドゥーサ

メディアツヨインダベーピッチ・コック:の動画(映像)制作関係者戦隊怪人。前者はテレビ局のチーフディレクターを務め、後者はドキュメンタリー映画の演出家兼カメラマンを自称した。

メドウメドウメルダメルダ:同じくメドゥーサがモチーフの女怪人だが、こちらは原典の様な石化能力は披露していない。
ナイーヨ・カパジャー:雰囲気が少し似てる先輩女怪人。

メデューサ(ファントム):先輩のライダー怪人

関連記事

親記事

マイナソー まいなそー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メドゥーサマイナソー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1546

コメント