ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
龍井ういは特撮ドラマ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の登場人物。

演:金城茉奈


概要

リュウソウジャーの協力者の一人で、明るく元気な女の子。龍井尚久の娘。母・龍井結子とは幼少期に死別。

年齢や学年は不明だが、少なくとも高校は卒業している模様(第12話で高校時代の後輩が登場している)。学業成績は優秀だったらしい。


動画サイトで「ういちゃんねる」を配信しているが、内容は固まってしまうほど面白くないらしく、劇中ではコウが実際に固まってしまっている(これが彼女によって生み出されたマイナソーの能力にも影響している)。

事実青木ヶ原樹海に行ったのを加工もせず「アマゾンから」と言い張るなど、その内容は短絡的に話を盛ったものであり、父親にもその安っぽさを見破られている。


尚久曰く、頑張りすぎてしまう癖のせいで友達がなかなかできず、友達を自宅に招いたのはコウたちが初めてだった。うい自身は「小学生までは友達はいた」と否定しつつも、後に「コウたちと出会って初めて友達っていいなって思えた」と発言している。


ある時配信の実況のため出かけた先でドルイドン族に襲われた所をコウに助けられ、それが元でリュウソウ族の村へと忍び込んでしまう。リュウソウ族の掟により、コウに「消飛記憶」と書かれたハンマーで記憶を消される所だったが、マイナソー完全体が現れたことでうやむやになってしまった。


その後、コウ達が先に村を出たバンバトワ騎士竜の捜索をしている事を物陰で聞き、コウ達と再会。尚久が騎士竜の研究を行なっている事もあってコウ達を自宅へと招き入れる。

しかし第2話終盤で、リュウソウジャーとマイナソーの戦いの様子を動画配信しようとした所をクレオンに見つかりメドゥーサマイナソーを生み出す素体にされてしまう。

結果事態の早期終結のためトワ&バンバにも命を狙われる羽目に陥り、自身も罪悪感から身を差し出そうとするが、アスナの説得を受けて思い留まる。


以降は、マイナソーの宿主や毒牙に掛かったトワを自宅で看病する、敵の企みを盗聴する為スマートフォンをセットする、マイナソーの出現場所や宿主をインターネットやSNSで調べる等、リュウソウジャーに協力している。

コウやアスナ、メルトはもちろん、かつて自分を手に掛けようとしたトワやバンバとも良好な関係を築いている。


第42話冒頭で動画が認められたらしく、映画撮影のスタッフとしてアメリカに旅立つ。最終話にてアメリカから自宅へ一時帰宅した。


余談

本作の戦隊メンバーは全員普通の地球人ではない為、このような作品での地球人女性のレギュラーキャラは初となる。また作中において、龍井親子以外の地球人はモブやゲスト以外は一切登場していないこともあり、事実上視聴者視点を担っているキャラである。この為、彼女を地球人側の主役という呼び声もあった。

少女にも見える外見だが、演者の金城氏はそもそも子役出身ではない上、バンバ役の岸田タツヤ氏以外のリュウソウジャーメンバーより年上である。コウ達3人にとっては外の世界での保護者のイメージだろうか。


第7話でコウ達リュウソウ族は人間の10倍近くも長命なこと、第13話と第17話で人間とリュウソウ族の寿命差による悲恋に触れたことから、「今は見た目こそ同年代でも、いずれ彼女だけが年老いてしまうのでは」と危惧する声があった。しかし本編では、結局最後まで彼女や尚久との寿命差について言及はされなかった。


クレオンに続くキャラクターソングが発表されたり、OP・EDでの出番を鑑みれば、この作品のサブヒロインに相当するキャラクターである筈なのだが、父・尚久よりも登場話数が少ない。尚久が登場してういが登場しない回が複数あるのに対し、ういが登場して尚久が登場しない回は2019年放映分では一度もなく、特にクリスマス回(尚久やオトは登場したにも拘らず)まさかの彼女のみ出番なしだった

ストーリー上は映画スタッフとしての単身渡米であったが、その前後含めて急に出番がなくなったことに対して金城女史及びリュウソウジャーのファンは驚き、「せめて最終回には出て欲しい」等の意見が出ていたが、最終話のラストで再登場した。


終わってみると出番こそ減少したものの、“一時帰国したういを「おかえり」と出迎えること”が戦いを終え各々の道を歩んでいるリュウソウジャーたちが集合する理由となっており(特に旅に出ていたトワすらわざわざ龍井家に訪れている)、ういがコウ達全員にとって大切な存在であることを明確に示したラストシーンとなっている。


演じた金城女史は、放送終了9ヶ月後に24歳の若さで病気により逝去。訃報と同時に、長期療養のため芸能活動を休止していたことが公表された。

上記の急激な出番減少も、活動休止に伴う措置であったと思われる(金城女史は2017年にも治療のため活動を一時休業しており、長期に渡る闘病生活を送っていたことが窺える)。


そのため本作が俳優として最後の出演作品となってしまった。


ご冥福をお祈りします。


おまけ:本人によるケボーン!リュウソウジャーのダンス動画(公式)


関連タグ

騎士竜戦隊リュウソウジャー


有働ノブハル/キョウリュウブルー恐竜系戦隊の登場人物かつ演者の苗字が金城である繋がり。


天知望:同じくスーパー戦隊に協力する一般人。偶然出会い、最初は記憶を消されそうになったという共通点もある。因みにこちらの中の人とは年齢3歳差の同年代だが、出演年齢の都合上、作中で与える印象は違う。


常磐ソウゴ:同時期に放送された仮面ライダーシリーズの主人公。こちらもエキセントリックな将来の夢(王様になりたい)から友達が出来なかった過去がある。


来海えりか七瀬ゆい別のニチアサ作品にて、彼女と同じくヒーロー側の人物でありながらもを生み出してしまったキャラクター達。因みに前者は後に変身し、後者に至っては複数回も生み出している。

尚ニチアサでは無いが彼女達の大先輩達主人公を含めて怪人を生み出させられてしまっている。

演:金城茉奈


概要

リュウソウジャーの協力者の一人で、明るく元気な女の子。龍井尚久の娘。母・龍井結子とは幼少期に死別。

年齢や学年は不明だが、少なくとも高校は卒業している模様(第12話で高校時代の後輩が登場している)。学業成績は優秀だったらしい。


動画サイトで「ういちゃんねる」を配信しているが、内容は固まってしまうほど面白くないらしく、劇中ではコウが実際に固まってしまっている(これが彼女によって生み出されたマイナソーの能力にも影響している)。

事実青木ヶ原樹海に行ったのを加工もせず「アマゾンから」と言い張るなど、その内容は短絡的に話を盛ったものであり、父親にもその安っぽさを見破られている。


尚久曰く、頑張りすぎてしまう癖のせいで友達がなかなかできず、友達を自宅に招いたのはコウたちが初めてだった。うい自身は「小学生までは友達はいた」と否定しつつも、後に「コウたちと出会って初めて友達っていいなって思えた」と発言している。


ある時配信の実況のため出かけた先でドルイドン族に襲われた所をコウに助けられ、それが元でリュウソウ族の村へと忍び込んでしまう。リュウソウ族の掟により、コウに「消飛記憶」と書かれたハンマーで記憶を消される所だったが、マイナソー完全体が現れたことでうやむやになってしまった。


その後、コウ達が先に村を出たバンバトワ騎士竜の捜索をしている事を物陰で聞き、コウ達と再会。尚久が騎士竜の研究を行なっている事もあってコウ達を自宅へと招き入れる。

しかし第2話終盤で、リュウソウジャーとマイナソーの戦いの様子を動画配信しようとした所をクレオンに見つかりメドゥーサマイナソーを生み出す素体にされてしまう。

結果事態の早期終結のためトワ&バンバにも命を狙われる羽目に陥り、自身も罪悪感から身を差し出そうとするが、アスナの説得を受けて思い留まる。


以降は、マイナソーの宿主や毒牙に掛かったトワを自宅で看病する、敵の企みを盗聴する為スマートフォンをセットする、マイナソーの出現場所や宿主をインターネットやSNSで調べる等、リュウソウジャーに協力している。

コウやアスナ、メルトはもちろん、かつて自分を手に掛けようとしたトワやバンバとも良好な関係を築いている。


第42話冒頭で動画が認められたらしく、映画撮影のスタッフとしてアメリカに旅立つ。最終話にてアメリカから自宅へ一時帰宅した。


余談

本作の戦隊メンバーは全員普通の地球人ではない為、このような作品での地球人女性のレギュラーキャラは初となる。また作中において、龍井親子以外の地球人はモブやゲスト以外は一切登場していないこともあり、事実上視聴者視点を担っているキャラである。この為、彼女を地球人側の主役という呼び声もあった。

少女にも見える外見だが、演者の金城氏はそもそも子役出身ではない上、バンバ役の岸田タツヤ氏以外のリュウソウジャーメンバーより年上である。コウ達3人にとっては外の世界での保護者のイメージだろうか。


第7話でコウ達リュウソウ族は人間の10倍近くも長命なこと、第13話と第17話で人間とリュウソウ族の寿命差による悲恋に触れたことから、「今は見た目こそ同年代でも、いずれ彼女だけが年老いてしまうのでは」と危惧する声があった。しかし本編では、結局最後まで彼女や尚久との寿命差について言及はされなかった。


クレオンに続くキャラクターソングが発表されたり、OP・EDでの出番を鑑みれば、この作品のサブヒロインに相当するキャラクターである筈なのだが、父・尚久よりも登場話数が少ない。尚久が登場してういが登場しない回が複数あるのに対し、ういが登場して尚久が登場しない回は2019年放映分では一度もなく、特にクリスマス回(尚久やオトは登場したにも拘らず)まさかの彼女のみ出番なしだった

ストーリー上は映画スタッフとしての単身渡米であったが、その前後含めて急に出番がなくなったことに対して金城女史及びリュウソウジャーのファンは驚き、「せめて最終回には出て欲しい」等の意見が出ていたが、最終話のラストで再登場した。


終わってみると出番こそ減少したものの、“一時帰国したういを「おかえり」と出迎えること”が戦いを終え各々の道を歩んでいるリュウソウジャーたちが集合する理由となっており(特に旅に出ていたトワすらわざわざ龍井家に訪れている)、ういがコウ達全員にとって大切な存在であることを明確に示したラストシーンとなっている。


演じた金城女史は、放送終了9ヶ月後に24歳の若さで病気により逝去。訃報と同時に、長期療養のため芸能活動を休止していたことが公表された。

上記の急激な出番減少も、活動休止に伴う措置であったと思われる(金城女史は2017年にも治療のため活動を一時休業しており、長期に渡る闘病生活を送っていたことが窺える)。


そのため本作が俳優として最後の出演作品となってしまった。


ご冥福をお祈りします。


おまけ:本人によるケボーン!リュウソウジャーのダンス動画(公式)


関連タグ

騎士竜戦隊リュウソウジャー


有働ノブハル/キョウリュウブルー恐竜系戦隊の登場人物かつ演者の苗字が金城である繋がり。


天知望:同じくスーパー戦隊に協力する一般人。偶然出会い、最初は記憶を消されそうになったという共通点もある。因みにこちらの中の人とは年齢3歳差の同年代だが、出演年齢の都合上、作中で与える印象は違う。


常磐ソウゴ:同時期に放送された仮面ライダーシリーズの主人公。こちらもエキセントリックな将来の夢(王様になりたい)から友達が出来なかった過去がある。


来海えりか七瀬ゆい別のニチアサ作品にて、彼女と同じくヒーロー側の人物でありながらもを生み出してしまったキャラクター達。因みに前者は後に変身し、後者に至っては複数回も生み出している。

尚ニチアサでは無いが彼女達の大先輩達主人公を含めて怪人を生み出させられてしまっている。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 戦隊悪役創作

    クレオン詰め合わせ

    クレオン君絡みの短編三話詰め合わせです。 P.1 クレオンとタンクジョウ様。ラブラブ(?) P.2 クレオンとういちゃん。作者は投稿動画のことを何も知りません。 P.3 ルパパトとクロスオーバー。 パトレン、ノエル、ワイズルー様出ます。ルパレン側は出てません。
  • 正義に使える7本の剣

    季節は移り変わる

    ういside。ナダと龍井ういの話。 時系列は、ナダがガイソーグの怨念から晴れた後辺りから。 ナダの過去捏造してる描写あり。
  • 戦隊健全創作

    会いに行く理由

    ルパパトキュウが楽しかったので、リュウソウルパパトも!と思って書き始めたものの、ほぼ夜野兄弟の話になりました。 最終回後の怪盗サイド。 リュウソウ要素はオマケ程度&警察サイドは出てません。 心配要素。 ・勝利さんのキャラ迷子 ・別にティラミーゴの存在隠してないのかも
  • ユリーカ

    映像監督になったういちゃんと、劇団宇宙桟敷の愉快な仲間たちのお話。
  • not say リュウソウジャー

    父親だなんて言えない。

    いつもありがとうございます。 リュウソウジャー言えないシリーズ続いております・・・・💦ww お付き合いして下さっている方に感謝感謝です✨本当にありがとうございます! 相変わらずの低クオリティーで捏造甚だしいです。加筆修正もいっぱいあります。 そして物語は、シリアス展開突入~~(´;ω;`) もう諦めてるからいいよ!という方のみ閲覧して下さいね☆ しかしメルオト可愛すぎるぜ~い/// 公式でもいっぱい絡んで欲しいなぁ♥
  • リクエストデータ

    まだ兄弟に会う前。設定はhttps://www.pixiv.net/novel/show.php?id=14768390を流用。 本編だとコウは家族への執着を持っていないように感じたので、これは都合の良い捏造です。 拙い文章ですが楽しんでいただけたら幸いです。
  • 騎士

    節分

    Noside。 リュウソウジャー達による「節分」の話。 -------- (余談) リュウソウジャーの映画予告編が出ましたね!もう号泣案件ですよ〜!予告編だけで泣いているなんて、本編だとどうなってしまうのやら…。
  • アスナとカナロ 村の学校日誌

    ういへの手紙 ~星祭りへのお誘い~

    アスナからういちゃんへのお手紙。 ざっくばらんな感じです。 カナアスタグ着けてますがホントにうっすらです。 この世界のニューヨークは今まで通りの 日常と言うことで。 一日も早く世界が癒えますように。
  • 外で出会ったはじめての仲間へ

    病気と戦いながら、ういちゃんを演じて下さっていたことに、ただただ「ありがとうございます」としか言えません。 『キラメイVSリュウソウ』では、シーナちゃんと一緒にみんなをサポートするのかな?と想像してたので、とても残念です。 金城茉奈さんのご冥福をお祈り致します。
  • 騎士竜戦隊リュウソウジャー

    今日の佳き日に

    メルオト結婚式を、どうしても人間の龍井尚久とういにも祝福してほしくて捏造妄想しました。 人間寿命短い… 本当はドルイドンにも余興でショータイムとかビデオメッセージとかさせたかった… とにかく末長くお幸せに!
  • 騎士恋物語

    ういの相談室

    メルアスそれぞれから相談されるういちゃん!カナロは仲間になったらアスナちゃん口説いたりしないのかなー!同じリュウソウ族の方がいい!とかならないかなー! いつもブクマ、いいねありがとうございます(•^u^•)
  • アスナとカナロ 村の学校日誌

    ういへの手紙 ~星祭りの報告~

    前回の続きです。 ういちゃんはお仕事で帰って来れませんでした。その返事の時にたくさんお菓子を送ってくれたので、そのお礼も兼ねたアスナからのお祭り報告です。 手紙の内容がほとんどカナロのことばっかりになってることは本人は気づいていません。 ちらほらとほめてることも気づいていません。 少しずつ恋になっていってる感じです。
  • 魔進戦隊キラメイジャーvs騎士竜戦隊リュウソウジャー

    波乱のトリプルデート

     シリーズ第14話です。投稿が遅くなってしまいました。これからは学校があってなかなか投稿出来ません。今まで遅かったのに更に遅くなると思います。それでも読んで頂けると幸いです。今後とも宜しくお願い致します。小説の中の画像は実際に僕がやっているTwitterにツイートしてそれをスクショして使いました。初めての変身音はフルです。
    10,726文字pixiv小説作品
  • not say リュウソウジャー

    同じだよって言いたい。

    『・・・そして、最強のマイナソーが生まれる。』 ラストを読み終わったあとに、そう思って下されば嬉しかったりしますww いつもこんな拙いお話しに付き合って下さり、本当にありがとうございます。 感謝でいっぱいです。 リュウソウジャーシリーズ続きで~す☆(自分なりに戦隊応援週間で・・更新頑張ってますw) 今回から、少しずつ気持ちの変化がタイトルに現れてきている感じなのです。 『言えない』じゃなくて『言いたい』・・・でも未だ言えない・・じれったいのなんのってww コウくんとアスナちゃんの気持ちが通じ合っていく回となります。 捏造嫌な方は、ブラウザバックでお願いします☆ 最初の出だしは、OPのういちゃんが空に傘を投げている(個人的に好きな)シーンを想像して書いてます☆
  • 騎士恋物語

    怪力乙女と慎重男子

    一旦書き出したら止まらず第3弾! 今回からういちゃん登場!でもまだいまいちキャラ掴めてませんw リュウソウジャー展開早すぎてwもうちょっとキャラ1人1人掘り下げてほしいです! メルアスシリーズにいいね、ブクマありがとうございます!(*^^*)
  • 魔進戦隊キラメイジャーvs騎士竜戦隊リュウソウジャー

    W戦隊の恋模様

    シリーズ第四話です。前回の話から1ヶ月後です。ナダは出ていませんでしたが、今回はナダがコウにソウルを託した後です。キラメイジャーもナダのことは知っています。
  • 甘い気持ちを貴方に

    メルオトのバレンタイン話を書いてみました。 時間軸はういちゃんがいるかつ最終決戦前です。 会話分が多めで読みにくいかもしれませんですが大目にみて下さい。 ・ 前作へのブックマーク登録・いいねありがとうございます✨
  • 試練の断崖とは何ぞ?

    海の御姫様と叡智の騎士による推理①

    文面が今回はかなり長いです。心してお読みください。 しかも話のメインがコウ君の行動に対しての探偵オトちゃん&助手メルト君が中心になります( ̄ー ̄)ウフフ ナダさんなんて回想ぐらいしかでてこない(笑) ナダとコウしか知りえていない情報はこれより1本前をお読みください。 案外これを読んでから最初のお話読むと盛大なギャグ話です(笑)
    16,719文字pixiv小説作品
  • 君から学んだこと

    リュウソウ作品14作目。 今回はほやま様に頂きましたリクエストでういちゃんとトワ君のお話です! ほやま様、リクエストありがとうございました! ご希望に添えましたでしょうか…?|д゚) 6話の後、ういちゃんの元にトワ君が行く…という時系列です。 こんな風に悩むトワ君もありかな、と想像(妄想)して書きました。 うまく本編の雰囲気が出ているか分かりませんが…楽しんで頂ければ幸いです。 (最後の方にチラッと兄さんが出ます) ※諸注意 ・今回はタグの通り、ういちゃんとトワ君しかほぼ出てきません。 ・兄弟が仲間になる前を想定して書いていますので「今の(仲良しの)皆がいい!」と思われる方は一応、ご注意下さい。 ・NL要素は無いと思います(作者は意識しておりません)それでも無理…!という方はバックを推奨させて頂きます。 9月29日(日)

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎
  3. 悪女(と誤解される私)が腹黒王太子様の愛され妃になりそうです!?

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー