ピクシブ百科事典

ドルイドン族

どるいどん

騎士竜戦隊リュウソウジャーに登場する敵勢力。正式名称は『戦闘民族ドルイドン』
目次[非表示]

概要

太古の時代に地球征服を企み、リュウソウ族と対立していた邪悪なる戦闘民族。
長きに渡ってリュウソウ族と戦いを繰り広げていたが、約6500万年前の恐竜絶滅のきっかけとなった巨大隕石から逃れて宇宙へ逃走していた。

過酷な宇宙の環境の中でより力を増大させ、現代になり再び地球の征服を目的に帰還。
人間からマイナソーを生み出す事ができる様になり、それを使って人間を滅ぼそうとしている。
尚、先程彼等の目的を「地球の征服」と述べたが、第1話でタンクジョウが「この星は元々我々ドルイドンの物だ。必ず返してもらう」と地球の所有権が自分達にある事を主張していた所から、その本質は過去作品の敵組織に多く見られた地球侵略と言うよりは、故郷の奪還と言った方が適切な様だ。

宇宙から地球の征服のためにやってきたという設定から、本拠地自体は宇宙にあると思われる。戦力規模がどれ程なのか明確では無いが、地球だけでなく宇宙の様々な星を侵略しているらしいのでそれなりのものではある様子。
一方で地球征服に送り込まれた軍団の前線基地というべきものが今の所は存在せず、幹部とクレオンは様々な場所を転々として活動しており、歴代でもかなり侘しい感じの敵組織となっている。この点は劇中でも自虐ギャグにされており、現在はとある地下駐車場を占拠して作ったアジトを地球制圧の拠点にしている。またドルン兵たちが普段はどこにいるのかは謎。
最前線とも言うべき地球での組織運営は基本的に指揮を担当する常駐幹部1名+マイナソーの誕生&育成担当のクレオン+生み出されたマイナソーと言うシンプルな物で、複数の幹部で方針を話し合う事は性格の違いも手伝って先ず有り得ない。

この為、1度幹部の誰かが指揮官に着任、常駐する事になれば、その幹部が倒されるか新たに派遣された誰かに指揮権を譲るまで、クレオンはその幹部のワンマン体制に従って動かざるを得ず、他の幹部も指揮中の幹部に一切干渉しない。そうしたスタンスの特色として、過去作品で間々あった幹部同士のいがみ合いはほとんど見られず、かなり限定的な状況下でしか発生しない(宇宙にいた頃は内ゲバも日常茶飯事だったと思われるが…)。

構成員

幹部

ドルイドン族に所属する幹部達で、それぞれチェスの駒の名の冠した階級を持つ。主に地球制圧の指揮を担当する。第1話の描写を見る限り、クレオンを含む下記の4名の他に4名の幹部格の姿が確認できる。
因みに未登場の駒の等級は、現時点でキング級とクイーン級とナイト級。また、白と黒で同じルーク級の幹部が2人いる所から、ビショップ級幹部もワイズルー以外にいる可能性もある。
劇中でビショップのワイズルーとルークのガチレウスはお互いタメ口を利いており、駒の違いと立場の上下は関係無さそうに見えるが、キングやクイーンが相手の場合どうかはどちらも未登場の為、現時点では不明。
尚、幹部達は共通して、第三者の介入を必要とせずに自力で巨大化する『巨大魔強化』の能力を持っている。

ルーク

タンクジョージ


最初に現代のリュウソウジャーと対峙した幹部。
重厚な外観に違わぬパワーファイターで、地震エネルギーを取り込む能力を持つ。
また、コウとっては師匠のマスターレッドの命を奪った因縁の相手でもある。
第6話で殉職。第21話で死の世界から復活を果たすが、第22話で再度倒される。

またマイナソーかい?


冷徹に任務を遂行し、他人の無駄な意見を求めない冷血漢。無駄と容赦のない攻撃で敵を殲滅する。
第14話で連敗続きなのに気楽なワイズルーに業を煮やし、結果的に指揮権が移ったので活動を本格化させた。
第16話で殉職したかに思われたが地球外に退避しており、その後第27話で帰還、戦線に復帰する。

ビショップ

帰ってきたワイズルー様


ド派手なことが大好きで、事を進める為なら卑劣な行為も辞さない策略家。様々な術を駆使する。
第7話から殉職したタンクジョウに替わって活動を本格化させ、一時離脱もあったが現在の所は地球制圧の指揮を担当している。

協力者

クレオン


スライム状の身体を持つ宇宙人。ドルイドンの幹部に仕えるサポート役的な存在。
人間を滅ぼす為に人間からマイナソーを生み出す事ができる。

ドット絵ガイソーグ+おまけ


太古の時代にとあるリュウソウ族が作り、ドルイドンの怨念によって動いていた「彷徨う鎧」。
協力者ではあるが、ワイズルーは彼のことを心からは信用しておらず、むしろ警戒心を高めている。
バンバトワの兄弟の事を知っているようだが…。

怪物

マイナソー完全体


人間のマイナスな感情から生み出される、空想上の幻獣の伝説を司る怪物。
元になった人間のマイナス感情に由来する行動を取って暴れ回り、宿主の生命エネルギーを取り込んでみるみると巨大化する能力を持っている。

戦闘員

ドルン兵 


ドルイドンの兵士の人造生命体(ホムンクルス)。モチーフはポーン

余談

名前の由来は恐らくケルト社会に伝わる司祭のことを指す『ドルイド』。
上記の様に、構成員全体のモチーフはチェスで、腰のバックルに各ドルイドンの階級の駒の動きを表した模様が描いてある。
ただ、協力者であるクレオンやリュウソウ族に作られたガイソーグにはその意匠はみられない。

構成員やマイナソーには経験値があり、その合計数はその構成員と関係のあるものの語呂合わせになっている(マイナソーの場合は媒介になった人間と関わりのある物や、マイナソーの能力の語呂合わせ)。
また、その怪人に所縁のある場所が「分布」として設定されている。

また、上記に書かれた組織運営の為、メインで活動する幹部が一定期間ごとに変わるスタンスを取っている模様。

  • 第1~6話、第21話~第22話…タンクジョウ
  • 第7~14話、第17話~第20話、第23話~…ワイズルー
  • 第14~16話…ガチレウス

劇場版「タイムスリップ!恐竜パニック!!」にて、6500万年前にタンクジョウがガチレウスと共に暴れ回るシーンがあった所から、本編に登場した幹部達は地球を捨てて宇宙へ逃亡した部族の子孫では無く、同一人物の古代人である事が分かる。ドルイドン族がどれ程の寿命かは定かではないが、6500万年前と外見に変化が無い点や宇宙での時間の流れが地球と異なる点から、ウラシマ効果によって肉体の加齢は少なかったのではないかと推察される。少なくとも敵対するリュウソウ族と同様に100年単位か、それより長い事は確かだろう。

キャラクターデザインは前作の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』に引き続き、久正人氏が担当する。

関連タグ

騎士竜戦隊リュウソウジャー 戦隊怪人

バンドーラ一味邪命体エヴォリアンデーボス軍…歴代恐竜スーパー戦隊の敵組織で、何れも宇宙からやって来た存在である事も共通。
特にバンドーラ一味はドルイドンと同じく元々地球出身である(但し、こちらは自発的に宇宙に出たのではなく追放処分)。

ゴビース:星獣戦隊ギンガマンに登場するバットバス魔人部隊に属する魔人で、同じくチェスがモチーフ。
シャドータウンの管理人…『烈車戦隊トッキュウジャー』に登場するシャドー怪人で、ドルイドンの幹部と同じチェス駒がモチーフ。

ギャングラードルイドン族→?

関連記事

親記事

騎士竜戦隊リュウソウジャー きしりゅうせんたいりゅうそうじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドルイドン族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48611

コメント