ピクシブ百科事典

ドルン兵

どるんへい

ドルン兵は「騎士竜戦隊リュウソウジャー」に登場する、ドルイドン族の戦闘員である。
目次[非表示]

「ドルン!」

概要

ドルイドン族が使役する戦闘員。鎧を身にまとい、槍と市松模様の盾を装備している。盾は背中に背負って行動する事もある。
戦闘では上記の槍で攻撃をする他、指示の元で様々な陣形を取る戦い方を得意としている。

シッポ兵冥府兵ゾビル等の様に、一族の中の下層階級の者が戦っているのではなく、一から生み出されたホムンクルスである。
上記の鳴き声しか話せないが、第4話でクレオンの罠にはまったリュウソウレッドリュウソウグリーンを見て笑う、第22話でタンクジョウ復活の生贄にされた際に怯えてたりと、意思はしっかりと存在する模様。
また、第32話ではガチレウスに不満を抱く一体のドルン兵が、クレオンによってジャックオーランタンマイナソーの素体にされている。

なお、純然たるドルイドン族の幹部からの冷遇は、(創造主と被造物の関係からか)我慢しているものの、外様のクレオンは例外らしく、上記のジャックオーランタンマイナソー(の素体にされた同胞)が敗れた際は、クレオンを4体で囲み無言のプレッシャーで威圧していた(この事から、同胞を思い遣る意識が強く、その点だけは幹部陣営よりも出来ていると言える)。
但し、クレオンも普段から動画撮影等、自分の都合でドルン兵をこき使う事が多々あった上、タンクジョウ復活の為とは言え、ドルン兵を生贄にした事さえあったので、単に堪忍袋の緒が切れただけとも言える。

立体物

食玩勇動シリーズ・リュウソウジャー第3段にて、ラインナップ入りを果たす。
前任者がアクションフィギュアとして、色々問題が散見された為、一部購入者から心配されていたものの、ディテールの再現とアクション性能の両立を成立している(但し、肩アーマーにより、腕を水平に上げる事は出来ないのが難点)。
又、前任者が(初ラインナップ時は)フィギュアと付属品が別売りだったが、今回は1箱でフィギュアと付属品一式が完備している為、購入者の懐にも優しい仕様になっている(最も、リュウソウジャーの場合、リュウソウルによる『装備品の多さ』から、バラ売りしたらラインナップの枠に収まらないと言う、大人の事情があるかも知れないが)。

又、SDフィギュア「デスクトップヒーロー 騎士龍戦隊リュウソウジャー」の第2段にラインナップされる。
第1段発売後のアンケートによると、ティラミーゴに次ぐ要望があって実装されたとの事。
SDながらも首と腕を動かせるので、意外に細かい動作を見せる。

余談

モチーフはチェス駒の一つであるポーン
盾の模様はチェスボードを模しており、腰のバックルの模様はチェスにおけるポーンの動きを表したものである。

戦隊シリーズの戦闘員は大概は短い剣かスタッフの様な武器を持っている事が多いが、ドルン兵は珍しく長物の槍を装備している。そのせいか変身前後関わらず、リュウソウジャーに槍を奪われて使わているシーンがやたら多い。現実の戦場では「戦場の主役は刀では無くリーチの長い槍」であったと言われており、ある意味では正しい描写とも言える。

関連タグ

騎士竜戦隊リュウソウジャー
ドルイドン族 戦闘員 チェス

グルジオボーン:昨年登場したウルトラ怪獣で、『ボーン(骨)』にポーン駒が掛けられている。更に強化形態はキング駒、進化形態はクイーン駒がモチーフとされる。

ポーダマンドルン兵ベチャット

関連記事

親記事

ドルイドン族 どるいどんぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドルン兵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 668

コメント