ピクシブ百科事典

市松模様

いちまつもよう

碁盤の目形に「黒と白」「黒と赤」などの入れ違いを配列した模様。
目次[非表示]

                          

                          
                         

概要

                            
                           

異なる2色正方形を互い違いに並べた模様
日本では古代より織模様として存在しており、「石畳」「」などと呼ばれていた。
やがて江戸時代中期に、歌舞伎役者佐野川市松が舞台においての正方形を交互に配したを履いたことから着物の柄として流行し、「市松模様」と呼ばれるようになった。
そのため、家紋名物裂など江戸時代以前から存在するものは「石畳文様」と呼ばれる。
格子柄の一種。

                          
                           

別名・表記揺れ

石畳  ブロックチェック

関連タグ

模様  パターン
チェック 白黒 黒白 市松 和柄
チェス モザイク

ハーリキンチェック … 市松模様を45度傾けた柄。

                          
                          
                         

pixivに投稿された作品 pixivで「市松模様」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5009493

コメント