ピクシブ百科事典

本居小鈴

もとおりこすず

『東方Project』のキャラクター。初出は『東方鈴奈庵』。
目次[非表示]

概要

種族人間
二つ名判読眼のビブロフィリア
能力あらゆる文字を読める程度の能力(仮)
登場作品東方鈴奈庵主人公
テーマ曲判読眼のビブロフィリア(仮)


本居小鈴は、東方Projectの書籍作品の『東方鈴奈庵』に登場するキャラクター。
人里の貸本屋鈴奈庵に住む人間で、そこで店番をしている。
両親と一緒に暮らしている読書家で、鈴奈庵にある外来(幻想入りした)は読み飽きるほど読んでいる。

現在は妖怪たちが書いた妖魔本を集め読むことが日課になっており、幻想郷一の妖魔本コレクターである。
妖魔本は大半が読むことが困難な文字で書かれているが、彼女はそれを「読む」能力を持っている。その能力に目覚めたのは最近のことらしい。

当初は妖怪とは知らず、人間の姿に化けた二ッ岩マミゾウ鈴奈庵マミゾウ)に出会ったのをきっかけに彼女に強い憧れを持っていたが、その後、稗田阿求から正体を教えられ驚きを隠せなかった。

本に関連して、一時期は占いの資料を発見したことから占術を行使したりもした。この占いは人間の里で評判になったようで、小鈴のブロマイドや関連アイテム・グッズも生み出されたようである。

この他作中では各種エピソードを通して幻想郷の様々な人間や妖怪たちと出会い知り合っており、例えば東風谷早苗森近霖之助などとの交流が生まれている。主に小鈴側からであるが、秦こころについても関連を持っている。また『鈴奈庵』開始時点以前からの知人同士であったかどうかの明記は無いもののとある一件では十六夜咲夜とも行動し、その能力を間近で体験したりもした。

咲夜と同一の文脈のエピソードとして、本編のおまけのような位置づけの部分ながら、咲夜の行動の由来となったレミリア・スカーレットからは直筆と思しき文を受け取り、その返応の文をしたためようともしている。

先述のような妖魔本に触れていることや実際の様々な妖怪たちとの出会いは小鈴の妖怪観も変化させている。作中で小鈴は「 幻想郷のルール 」とは異なる観点も見出しており、実際にその信念に基づいて行動することもある。

容姿

本居小鈴ちゃん
小鈴ちゃん立ち絵 オプション&表情差分


飴色の髪をがついた髪留めでツインテールにしている。
紅色と薄紅色の市松模様の着物(22話までと23話以降で、少し着方が変わっている)に若草色のを履いているという、同じ着物キャラの稗田阿求と似た、明治末~大正ロマン女学生によくあるような姿が特徴。
女袴ではあるが、阿求のような一般的な袴よりも短い丈で、ミモレ丈スカート位になっている。
着物の下および、袴(スカート)の下から出ている部分に関しては寝巻小鈴を参照。
詳しい服の構造は単行本1巻に描かれているのでそちらを参照したほうが良い。

この格好をベースにしてクリーム色のフリルエプロンをその上から身につけて店番をしているのが基本的な姿で、一部のエピソードでは夏服などこれ以外の格好も存在し、バリエーションが豊富。
エプロンには二つのポケットの他に、右下に「鈴奈庵」、胸の部分には「KOSUZU」と書かれている。
外出の際は道行と呼ばれる和装用のコートを着ることがある。
靴は皮のブーツ・花緒・靴など、エピソードの時期によって異なる。

目が悪い(遠視?)のか、本を読むときは丸眼鏡を掛けることが多い→眼鏡小鈴

性格

好奇心が旺盛で、駄目だと言われたことはやりたくなる性格。
危ないとされている妖魔本でも扱いに危機感を持っておらず、本に書かれていることを度々試して痛い目を見るが、懲りずにまた試すというトラブルメーカーのような存在である。
時には恐怖の対象であるはずの怪異と交渉してみたりする事もある他、先述のような危機感の薄さと相まった行動力もあって様々な怪異に取りつかれる事もあり、そのため博麗霊夢二ッ岩マミゾウからもトラブルの種として何度も警戒されている。
その一方、「本」への愛はまさしく本物であり、商品の本をぞんざいに扱われることを嫌い、週に一回位の頻度で、本を買えない里の子供たちのためにおとぎ話などの朗読会を開いている。返却された本の状態を熱心に確認したり時には鈴奈庵の業務として製本を行ったりもするなど、本を大切に扱う様子が随所に表れている。その本を大切にする様子は妖魔本にも及ぶもので、例え危険な目に遭おうともその怪異の根本となった妖魔本等に資料価値を認めれば手放すことを泣きながら拒んだりすることもある。

一方で「レアじゃない」本かつ売り物としても機能しない本についてはまったく執着せず、焼却されるとなってもあっけらんかんとしているさっぱりとした一面も持つ。
また、恐怖を感じると失神することが多く、作中でも阿求に指摘されている。

能力

小鈴の能力はあらゆる文字を読むことが出来る事である(東方鈴奈庵 28話より)
あらゆる文字を読める程度の能力」を持つ。

一話では、古代天狗語で書かれた妖魔本を手をかざすことで読んでいた。その時本から妖怪のようなものが現れていたが、詳細は不明。
人外語に限らず英語といった外国語も読めるが、鏡文字など文字として認識できないものは読むことが出来ない。

またエピソードの進行に合わせてその能力も変化しているようで、文字が「 読める 」だけではなくその本や文章から「 妖気というか本の持つ気みたいなもの 」を感知するようにもなっている。

この能力の変化について様々なエピソードを通して小鈴と行動を共にする事の多い阿求からは「 人間の道を踏み外しても知らないからね 」と釘を刺されている。

年齢

明言はされていないが、霊夢や魔理沙に対して敬語で話しかける一方、本を借りられない・読めない子供達に読み聞かせを行っている。また、鈴奈庵の終盤では阿求に相談した後、「年だって余り変わらない筈」と言っていることからも踏まえると、その中間の年頃と推測される。

登場作品

小鈴のストーリーは先述のように主に『鈴奈庵』で語られるものであるが、『鈴奈庵』以外での登場機会もある。

東方心綺楼

人里で行われていた当時流行の宗教家たちの決闘を観戦している。

東方茨歌仙

ワンカットのみの客演的登場ながら、おめかしした小鈴と思しき人物が阿求と思しき人物とともに博麗神社の酉の市を訪れた際の様子が描かれている。
この際には市の盛況ぶりに喜んでいた霊夢に抱きつかれている。

また、第34話では最後のコマで霊夢が返却に来た際、後ろ向きではあるが夏服姿が描かれている。

東方三月精

『東方三月精 Visionary Fairies in Shrine.』の第1話で、人里の住民が小競り合いをしているのを見ている様子が後姿で描かれている。

元ネタ

本居という苗字を含め、江戸時代の学者・本居宣長をベースにしたキャラクターであるといえる。
宣長はその当時既に解読が不能・難解となっていた古事記を解読し、当時の人々にも解りやすくした「古事記伝」を記した他、彼は自宅に屋という屋号を付ける・書斎にを吊るして疲れたとき等気分転換に鳴らしていた、という逸話があるほどの鈴コレクターでもあったようだ。

また古事記を記した者の転生である稗田阿求とは『鈴奈庵』などでも共に描かれることが多い。

関連イラスト

鈴
本居小鈴
小鈴ちゃん
小鈴チャン



関連タグ

公式(原作・本人関連)

東方Project 東方鈴奈庵 鈴奈庵(屋号と作品名の略称の双方の意味で用いられる)
本居小鈴
貸本屋 妖魔本 

関連人物

博麗霊夢 霧雨魔理沙 稗田阿求 二ッ岩マミゾウ 森近霖之助 秦こころ 東風谷早苗 射命丸文 八雲紫

その他

眼鏡小鈴 寝巻小鈴 妖魔小鈴 あきゅすず マミ鈴 すずれいむ こますず 小鈴霖 まりすず チルすず 文鈴

関連イベント

求代目の紅茶会 / ビブロフィリアの休日 / 鈴奈幻想絵巻

注釈

※能力はコンプティーク2015年9月号付録『東方Projectキャラクターデータベース Ver1.50810』非公式キャラ紹介より

関連記事

親記事

東方鈴奈庵 とうほうすずなあん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「本居小鈴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20751649

コメント