ピクシブ百科事典

妖魔小鈴

ようまこすず

東方Project作品に登場する、本居小鈴に関するタグの一つである。
目次[非表示]

東方Projectの書籍作品の『東方鈴奈庵』(以下鈴奈庵)における、本居小鈴の姿および形態。
第50話で登場。
なお、妖魔小鈴という表記は公式のものではないので、暫定的な表記であることを留意したい。

概要

 鈴奈庵第49話において八雲紫と出会った小鈴は、「自分で最適な真実」を選ぶため、巻物(後述の最終章補遺も含む)や妖魔本をリュックに詰め、里を出た後に失踪した。
二ツ岩マミゾウが言うには、何も痕跡を残さずに消えたことを不自然に思っていた。
射命丸文によれば捜索願も出ており、「我々の情報網から逃れる手段なんて限られている」とのことで、「何らかの原因で幻想郷から姿を消した」可能性が高いと言った。

 そのころ、霧雨魔理沙鈴奈庵を調べ、妖魔本の一部や「私家版 百鬼夜行絵巻 最終章補遺」といった巻物が無くなっていたことに気付き、その後、博麗霊夢を探しに博麗神社に行ったが霊夢はおらず、代わりに裏の森に誰かがいることに気付いた。











鈴


 ・・・そこには「私家版 百鬼夜行絵巻 最終章補遺」を開けた状態で持っている、道行を着ており、髪留めを付けていない、妖怪の力を得たような異様な眼をした姿の小鈴がいた。

 小鈴は、紫の言っていたこの巻物が目的で、「霊夢も魔理沙も超人として幻想郷を支配しようとしていた」ことから、そのパワーバランスを正すために巻物を詠唱した。すると、辺り一面に異様な妖気を持つ妖怪が現れ、不意を打たれた魔理沙は倒れる。


 このことから、普段とは異なった異様な姿を見せた小鈴という、界隈には大きな衝撃を与えたといえる。

 後に発売された単行本の7巻の裏には、道行と髪が赤く変化していることが確認できる(髪は赤紫に近い、メイン画像参照)。

関連タグ

公式

本居小鈴

東方鈴奈庵 鈴奈庵 妖魔本 

その他

眼鏡小鈴
寝巻小鈴

pixivに投稿された作品 pixivで「妖魔小鈴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22897

コメント