ピクシブ百科事典

リュウソウモーリア

りゅうそうもーりあ

「リュウソウモーリア」とは、「漫画 騎士竜戦隊リュウソウジャー ファイナルライブツアー2020」に登場する敵キャラクターである。
目次[非表示]

以下「漫画 騎士竜戦隊リュウソウジャー ファイナルライブツアー2020」のネタバレを含みます













































概要

嘗てケルベロスマイナソーの毒に侵されたトワの血液について調べた医者にして、龍井尚久の知人浅沼が、リュウソウ族ドルイドン族のDNAから作り出した薬品を自らに注射することで変異した姿。

全体的な姿はその名の通りリュウソウジャーと酷似しているが、スーツの上から目玉があしらわれた装甲を胸部に纏っており、ベルトはリュウソウバックルではなく目玉状になっている他、マントを羽織っている。

リュウソウ族やドルイドン族のDNAからその長寿性や不老性に魅入られており、彼らの力を悪用して、世界を統べる神にならんとしている。
その為なら人質も取る等、手段を選ばない卑劣で狡猾な性格だが、コウ達の芝居を見抜けないような間抜けな一面もある。

活動

自分が神になるにあたって邪魔なリュウソウジャーを倒すべく、自身のクローン技術を使ってガチレウスガンジョージヤバソードウデンといったドルイドンの幹部達や遂にはナダのクローンを生成し、何度もリュウソウジャーに差し向ける一方で、ワイズルー達の元を離れていたプリシャスを捕獲して薬品で洗脳する等、着実に手駒を増やしていく。

偽物とわかっていながらもナダの姿故にクローンと戦えないリュウソウレッドの姿を良いことに、自身も力を振るってリュウソウブラックを圧倒するが、そこへトワが旅先から持ち帰ったレッドリュウソウルの力で復活した本物のナダ(しかもガイソーグつき)によってクローンナダを倒され一時撤退。

それでも、予めプリシャスに町の人間の心臓を集めさせていたことで、それらを人質に取ってリュウソウケンとリュウソウルを強奪。更には彼らの心臓すらもプリシャスに奪わせてしまう。
そのまま奪い取ったリュウソウルとリュウソウケンで彼らを攻撃しようとするが、彼らの一芝居によってクサソウルを発動してしまい、その悪臭で自滅。隙を晒してしまい、アイテム一式を全て奪い返されてしまう。

それでも、奪い取った心臓の入ったカードを握りつぶして彼らを苦しめるが....?

関連タグ

騎士竜戦隊リュウソウジャー

関連記事

親記事

騎士竜戦隊リュウソウジャー きしりゅうせんたいりゅうそうじゃー

兄弟記事

コメント