ピクシブ百科事典

幻獣

げんじゅう

伝説、伝承上の動物全般を指す言葉。モンスター等より好意的・神秘的なものを指す傾向がある。
目次[非表示]

概要

幻獣は広辞苑には載っていない言葉だが、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの文学作品『幻獣辞典(El Libro De Los Seres Imaginarios、1967年刊)』から『ファイナルファンタジー』シリーズまで各所に用いられる。昨今ではUMA(未確認動物)にもこの名称が用いられる事がある。
伝説や民話に登場するような有名なものから個人の創作まで幅広いが、語感から、クリーチャーモンスター怪物などよりも好意的あるいは神秘的なものを指す言葉として使われている傾向がある。
ちなみにケツァルコアトル四神のようにいわゆる神霊の類であっても、完全な獣型の姿を取っていれば幻獣にカウントされる場合がある。

フィクションにおける幻獣

ゲーム上では、単なる変わった動物架空生物より、通常の生物を逸脱した魔法的能力を持つものを指す例が多い。
ソード・ワールド」では、魔法的能力を持つ動物のうち、邪悪ではない人間や妖精に対して敵対的でないものを指し、あからさまに敵対的なものは魔獣と呼ぶ。「ソード・ワールド2.0」では、敵対的かどうかは問わずにすべて幻獣と呼んでいる。

創作作品では(どう考えても通常の生態系から逸脱した存在である為、)神や悪魔の被造物や異世界の土着生物として描写されたり、SFの絡む作品では人間が動物を掛け合わせて作り出した存在だったり、純粋に生物が進化したというパターン、古代に出現した怪獣の伝承が時を経ていくうちに幻獣の伝承に変わっていったなどのパターンがある。なお、型月作品のようにかつて実在していた空想の生物の死骸が実在の古生物(恐竜)の遺骸として現代人に認識されたなんて変化球の他、架空の動物の存在が当たり前の世界においても所謂「幻獣」が存在するという例もある。

幻獣の名を持つ存在が登場する作品

ARMS(漫画)

敵組織エグリゴリのエージェントキース・レッドに移植されたアドバンストARMSの名称が「幻獣(グリフォン)」。
超振動を用いて物質を粉砕する能力を持つ。コードネームは童話『不思議の国のアリス』に登場するグリフォンが由来。

仮面ライダーセイバー

敵怪人メギドの分類の一つが幻獣。
その名の通り想像上の動物や怪物を模しており、「幻獣」ジャンルを司る幹部レジエルの怪人態はドラゴンやフェニックスなど様々な幻獣が混ざり合った姿をしている。

からくりサーカス

真夜中のサーカス』の猛獣使いの自動人形ドクトル・ラーオが使役する怪物たち。
正体は伝説上の生物を模したロボットに猛獣の脳を移植したある種のサイボーグ。

高機動幻想ガンパレード・マーチ

1945年に現れた人類の敵対種族。
突如として出現し、死ねば痕跡も残さずに消え去る幻のごとき存在。
生身でありながらレーザー砲やミサイルを備えている。身体の特徴により6属12科に分類される。
共通の特徴として赤い眼を持ち、強力な種ほど眼の数が多いとされる。

轟轟戦隊ボウケンジャー

古代文明の遺物として遺伝子操作で作られた生物兵器「幻獣(ボウケンジャー)」が登場。
高い戦闘能力を持つ反面、敵味方の区別が一切できない欠点を抱えている。
卵の状態でジャリュウ一族が入手。抑止力となる黄金の剣と併せて世界を征服しようと企むが、剣が手に入る前に孵化してしまい、凄まじい力で暴れ回る。最期は黄金の剣を手にしたボウケンレッドに敗れた。
後に大神官ガジャに改造された別個体が改造幻獣ゴードラムとして登場。

獣拳戦隊ゲキレンジャー

後半の敵組織および敵の使う拳法として「幻獣拳」が登場。
神秘の獣である幻獣を模した獣拳。黄金のオーラ幻気(ゲンキ)により魔法のごとき技を操る。
構成員はリンリンシーと同じく気の力で変異した人間だが、幹部であるロンだけは正真正銘の幻獣である。

HUNTER×HUNTER

古くからの目撃談のみで存在を確認されていない生物を指す名称。
第287期ハンター試験の合格者ポックルは幻獣を探す幻獣ハンターだった。

ファイナルファンタジーシリーズ

召喚獣の異称。
召喚士や魔界幻士の魔法に応じて現れ力を貸してくれる。
外見は名前通り獣の姿のものや人間と見分けが付かないようなもの、果ては巨大ロボットにしか見えないものまで様々。

ファイナルファンタジー4
時の流れが異なる世界「幻獣界」が存在し、幻獣は普段はそこに住んでいる。
幻獣王リヴァイアサンと王妃アスラが幻獣界を統治している他、には幻獣神の異名を持つバハムートが居る。

ファイナルファンタジー6
太古の時代に互いに戦いあう三闘神が自らの手駒とするべく魔の力を与えた生物の総称。
死ぬと遺体はその力を宿した鉱石「魔石」へと変わり、それを持つことで人間は魔法の力を身に着けた魔導士となる。
本編の1000年前に魔導士の引き起こした「魔大戦」終結後、幻獣たちは再び力を悪用される事を恐れ隔絶された空間で暮らすようになった。

RAVE

序盤の敵獣剣のランスが愛用の剣の力で作り出した、読んで字のごとく幻で出来た獣。
幻を実体化させるダークブリング「リアルモーメント」と併用することにより幻獣を攻撃に用いる。
通常は狼など肉食獣の頭部を出現させるだけだが、巨大なドラゴンを丸ごと一頭作り出すこともできる。

ONEPIECE

悪魔の実のカテゴリの一つとして「幻獣種」が存在。
動物への変身能力を与える「動物(ゾオン)系」の一種。これを食した能力者は名前通り幻獣=想像上の動物に変身する。不死鳥ならば再生能力を促進する炎、青龍ならば口からの熱線放射や天候操作といった通常の動物系には無い特殊能力を行使できる。
その希少性は3系統で最も珍しい「自然(ロギア)系」以上とされる。

関連イラスト

メジャーな種族を描いた作品には「幻獣」タグをわざわざ付けていない事が多く、比較的マイナーな種族や創作種族を描いた作品が、「幻獣」タグの付いた絵の中では多い。
しかし、幻獣の代表のような竜を描いた絵は、「幻獣」タグの付いた絵の中でもかなりの存在感を放っている。

楽園の宝守ズラトロク
しだれ桜のぴっぴ


とかげとりいぬ
馬



関連タグ


幻獣一覧

ドラゴン 人魚 
欧州
アーヴァンク アスピドケロン アハ・イシュケ アラクネ アルコノスト アンフィスバエナ ウォーターリーパー ヴォルパーティンガー 唸る獣 海兎 ウロボロス ウンゴリアント エキドナ エリュマントスの猪 オルトロス オロボン
ガーゴイル カプリコーン カラドリウス カリュブディス ガルム キマイラ キャスパリーグ クー・シー グーロ クラーケン クリード グリルス グリフォン グリマルキン ケートス ケット・シー ケルピー ケンタウロス ゴーゴン コカトリス 
ジャバウォック スキュラ スクヴェイダー スコル スチュパリデス ストーンカ スプリガン ズラトロク スレイプニル 双頭の鷲 
タラスク タッツェルブルム タングリスニル  
ナックラビー ニーズヘッグ  
バイコーン ハティ ハルピュイア バルトアンデルス バロメッツ パンサー バンダースナッチ ヒッポカンポス ヒッポグリフ ヒュドラ ファフニール フェンリル フェニックス フレースヴェルグ ペガサス ペリュトン ペルーダ ヘルハウンド ボナコン 
ミノタウロス ミルメコレオ メリュジーヌ 黙示録の獣 
ユニコーン ヨルムンガンド 
ラードーン ラタトスク リンドブルム ル・カルコル レモラ
ワーム ワイアーム ワイバーン ワイルドハギス

アジア
アイラーヴァタ アクパーラ ア・バオア・クー イッペラボス ウッチャイヒシュラヴァス 
カーマデーヌ 獬豸 唐獅子 ガルーダ 九尾の狐 ギリメカラ 麒麟 クールマ 狛犬 
サラマー 四凶 四神 四霊 大鮫魚
大鵬  ツチノコ ドゥン 
ナーガ ナンディン 
パイビリカ  白沢 バロン 百頭 比良夫貝 鳳凰 
マーライオン マカラ マンティコア
ヤタガラス ヤマタノオロチ
 

中東
アジ・ダハーカ アルミラージ アンズー イフリート ウガルル ウシュムガル ウルマフルッルー
ギルタブリル クジャタ グガランナ クルール
シームルグ ジズ ザラタン 
バシュム バハムート ブラーク フンババ ベヒーモス 
ムシュフシュ ムシュマッヘ
ラハブ リヴァイアサン ロック鳥

北米/南米
アーウィソウトル アスカトル オセロット カーバンクル カブラカン キブンゴ クルピラ ケツァルコアトル サンダーバード シウコアトル ジャッカロープ スナリーギャスター トラルテクトリ チャク・ムムル・アイン ピアサ ピナクル・グルース ホーガ ホダグ

アフリカ
アスプ アダンダラ アメミット アピス アポフィス ウラエウス エアレー カトブレパス キリム グローツラング クロコッタ ゴモラー スフィンクス バジリスク ベヌウ ホグ・フィッシュ マフート リュークロコッタ

オセアニア
イピリア カボ・マンダラット グランガチ トゥナ 虹蛇 バニップ ヨーウィー

その他

生物 動物 変な生き物 UMA 珍獣 架空生物
モンスター クリーチャー 怪物 魔物 霊獣 神獣
妖怪 妖精 水妖 人外 幻想動物
ポケモン架空生物化 召喚獣 古龍種
神話 伝説 幻想 幻想的 ファンタジー
幻想種:型月作品では彼らをこう総称する。

関連記事

親記事

ファンタジー ふぁんたじー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「幻獣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3589434

コメント