ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

西アフリカに伝承される吸血鬼で、ササボンサムとも呼ばれる。
この項では両者について説明する。

センシティブな作品


アサンボサム(Asanbosam)

西アフリカガーナアシャンティトーゴコートジボワールで伝承される吸血鬼。
深い森に棲んでいて、人に似ているが毛深く鉄の歯を持ち、樹上から鈎がついた足で人を引っかけて殺す。血を吸う際は親指からもしくは鉄の歯で喉を食い破るといわれ、男、女、子供の姿のものがいるという。
妻はシャマンティンと呼ばれる精霊で、こちらは温厚な性格で森の知識を人々に教えてくれるとの伝承もある。

ササボンサム(Sasabonsam)

アサンボサムと同様の伝承だが、1928年に目撃されたUMAもこう呼ばれる。翼長6mもある蝙蝠のような羽根があり、白黒の斑模様で頭には小さな角と顎髭を持つといわれる。1920年代頃からカメルーンなどで目撃したと欧米人によって報告がある、コンガマトーオリチアウと呼ばれる翼竜型のUMAと同一視されることもある。
また近代のタンザニアには、鉤爪がある人間に化けるポポバワという魔物の目撃例がある。

創作での扱い

ゲゲゲの鬼太郎

【終了】 五期南方妖怪絵茶【おつかれさま!】


吸血南方妖怪の一員でアササボンサンという名で登場。
姿はマオリ族の木彫りをモチーフとしており、敵に対し口の中で噛んでいる粘度が高い樹液を吐きかけて身動きをとれなくしてしまう。
アニメでも同様の設定で登場したが、『5期鬼太郎』では南方妖怪の一員としてセミレギュラーとなり、頭は悪いがとても頑丈であるというコミカルな設定になった。
詳細はアササボンサン/南方妖怪の記事参照。

ファイナルファンタジー11

アビセア-ミザレオに出現する赤い蝙蝠の姿をしたコウモリ族のノートリアスモンスター。倒すと「血染めのコウモリの毛」が戦利品として得られることがある。

関連タグ

アフリカ 吸血鬼 UMA

関連記事

親記事

吸血鬼 きゅうけつき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アサンボサム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント