ピクシブ百科事典

目次[非表示]

スラブ人の間で伝えられる、吸血鬼ハンター・クルースニクの敵対者。
黒い狼の姿をしており、真の正体は悪の魔術師であるとされる吸血鬼
悪疫や凶作の原因と考えられていた。

確実に絶命させるためには、セイヨウサンザシで作った杭によって串刺しにするか、膝下の腱を切断した後に埋葬する必要がある。この処置を怠ると、さらに強力な怪物となって蘇る。

女神転生シリーズのクドラク

その来訪は恭しく


幽鬼に属する悪魔。初出は真・女神転生デビルサマナーソウルハッカーズ2では夜魔として登場。
伝承にならってクルースニクと対になる悪魔として描かれる。
肌の色などは幽鬼のそれに近いグロテスクな雰囲気だが、
白いワイシャツに黒い長ズボン、黒いマントに銀髪の巻き髪と貴族を思わせる風貌で
異形揃いの幽鬼の中では比較的人間に近いデザイン。
空中に浮かびながらの挑発的な表情とポーズが印象的。
金子一馬氏によると、このポーズはマッドハウス制作のアニメの影響であるという。

作品ごとに口調がブレやすく、ストレンジジャーニーではEXミッションでは普通だが
敵および仲魔としての口調はカタコトだったりもする。
ただ、基本的には「飄々とした狂気性のある悪役」といった口調で描かれる事が多い模様。

ナニこの萌えシチュ【ネタばれ】


女神異聞録デビルサバイバーではクルースニクと共にシナリオ中に登場。
彼との戦闘や、そこに至るまでの準備をどう行うかによって生死が決する主要人物が数名いたり、
彼の存在そのものがある人物の死を回避する決定打となったりと、
東京封鎖やベルの王位争いに直接関与しない悪魔としてはかなり重要なポジション。
初登場時にあの特徴的なポーズのままカサカサと動くドット絵は、
ハイテンションな口調と相俟ってやたら強烈な印象。

ストレンジジャーニーではクルースニクと対になる形でEXミッションの依頼者として登場。
両者のミッションをクリアすると、ちょっとしたイベントが見られる。

オレカバトルのクドラク

俺か~



「おや?また来やがった、お前も飽きねぇなぁ」

新3章「風隠の陰謀」に登場したクラス3・火属性・悪魔・男性モンスター(画像左下)
同作品ではセルフパロディである悪魔城ドラキュラよりアルカードドラキュラなどが登場しているが、彼は4人目の吸血鬼(もう一人はカーミラ)であり、唯一の反転目である。

彼専用のBGM(クドラクのテーマ)も存在し、オレカ音楽館で聞くことが出来る。

こちらも伝承にならい、クルースニクとは対になる存在、宿敵として対立している。
彼自身はどこか友情のようなものも感じている面があるようだが…?

容姿はかなり特徴的。薄灰色の肌に、黒と赤を基調にした衣装を身にまとっていてゴシックな印象を受けるが………ふさふさとした獣の尻尾が生えている。(恐らく獣に変身する、という伝承から。彼のEX技も☆4以下の獣族・幻獣族・鳥獣族に変身するというもの)(ちなみにクルースニクには獣耳が生えており、EX技も同じ効果を持つが変身後の姿が若干違う)

ドロップアイテムは赤い膜であり、これも伝承に準拠しているといえる他、彼自身の作成に必要になるので欲しいという人は一度戦う必要があるだろう。

ちなみにリーダーをクルースニクにすると、カットインが発生する。


ソロモンプログラムの1stサイン「ナイトメア」より宿敵共々まさかの登場を果たし、バトラーたちを驚かせた。
こちらでは種族が「アンデッド」となっている他、クルースニクとのカットイン台詞にも多少の変化がある(変化があったのはクルースニクの方のみだが)
公式イベント「天下一バトル会」にも出演し、声優もそこで判明。また後日には別の動画にてゲストとして登場し、クルースニクとの対談が行われ…「野球好き」などといった情報が追加された。


関連タグ

女神転生 メガテン 仲魔
クルス・ドラク オレカバトル クルースニク ソロモンプログラム

関連記事

親記事

吸血鬼 きゅうけつき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クドラク」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「クドラク」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58846

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました