ピクシブ百科事典

アスワング

あすわんぐ

アスワングとはフィリピンに伝わる吸血鬼や魔物の総称。もしくは近年目撃されるUMA。
目次[非表示]

伝承のアスワング

アスワング(Aswang)とはフィリピンに古くから伝わる吸血鬼食人鬼の総称でアスワンとも呼ばれ、地域によって様々な種類がいるといわれる。
一般的な伝承だと、普段は物静かな人間として街で暮らしており、夜になると森に入って正体を現し、魔力を持った動物などに変身して人を襲う。
しかし、街での生活の中で良好な人間関係が結べている者は襲わないともいわれており、現地では「アスワンは泥棒より良い」といった表現もあるという。

瞳を見ると逆さにものが写っている、足の間から逆さに覗くと見た目が変わる、ヒンチュラという油を近づけると沸騰して泡立つなど各種の見分ける方法が伝わる。

ヨーロッパの吸血鬼と同じく教会などの聖地やニンニク、塩、十字架、聖水、聖灰などに弱いと言われており、変わったところではアカエイの尾で作られたや、ガチョウの尾、フィリピンのアジマットというお守りを苦手としている。

一説によると現在伝わっているものは、16世紀以降にこの地を植民地としたスペイン人が、離れた地域の現地民どうしが手を結んで反乱を起こすのを防ぐために、統治の手段の一つとしてヨーロッパの伝承を組み合わせて恐怖心を煽ったものだといわれている。

主なアスワング

  • マナナンガル(Manananggal):ビサヤ諸島西部に伝わる上半身と下半身が分離して蝙蝠の翼で飛び回り、長い舌で妊婦を狙い胎児を吸い殺してしまう女吸血鬼。詳細は該当記事へ。
  • ワクワク/ティクティク/ソクソク/キリングキリング(wak-wak/tik-tik/sok-sok/kling-kling):翼を持ち飛び回る吸血鬼で、羽音がそれぞれの名前となっている。羽音が大きければ遠くに、小さければ近くに聞こえる幻惑の術を使って、鋭い翼と鈎爪で犠牲者を切り裂き心臓を食べる。
  • エケク(Ekek):エックエック、エクエクとも呼ばれ、長い舌で妊婦の中の胎児の血を「エックエックエック」と音を立てて吸って殺してしまう。鳥の要素が大きいといわれ、体は分離せずにを持っている。


  • ブサウ/ブソ/バルバル(Busaw/bal-bal):畑を耕し家畜を飼っている普通の人間のように見えるが、正体はグールであり、夜になると墓地や事故現場から死体をバナナの樹とすり替えて持って帰って食べてしまうといわれる。
  • ブブー(Bubuu):真夜中に鶏の声で鳴くアスワングで、樹で作られた偽物と人間をすり替えてしまう。
  • アマランヒグ(Amalanhig):見た目は人間に似るが動きがぎこちなく犬歯が大きい。捕まった犠牲者はその牙でかみ殺されるか、くすぐりによって殺されるという。ジグザグに走る、高いところに登る、水に飛び込むなどの逃げ方が伝わる。

UMAのアスワング

2000年代ごろからフィリピン各地で目撃される「キキキー」と鳴くUMAがこの名で呼ばれている。人間ほどの大きさで猿のように毛深く、背中にコウモリの羽根が生えていて空を飛ぶ。トカゲのような顔をしているという説もある。
2004年にアヒルを襲う巨大な犬のような獣がショットガンで退散させられた事件をはじめとして、2005年には漁師が大きな鳥を目撃し、羽音を聞いた直後に倒れ、病院で見てもらうと極度の貧血になっていたといわれる。
2006年には大きな鳥か蝙蝠の様な存在の写真が撮影されている。

創作での扱い

フィリピンではとてもメジャーな存在で、様々なフィクションに登場しているという。

アジムステップのBランクリスキーモブである空飛ぶ蜥蜴モンスターとして登場。
シーズン3第14話「母の願い」に登場した灰色の肌に体毛が無いコウモリのような顔のヴェッセン。

自作音源


フリーの音声ライブラリである吸血鬼の兄妹の蛭影90蛭影91は、母がアスワングとヴァンパイアの混血なのでクォーターにあたる。

関連イラスト

だーれだ?
ASWANG COLLECTION
アスワン


Aswang-Kaijin
センシティブな作品


関連タグ

フィリピン フィリピンの妖怪 吸血鬼 マナナンガル
 蝙蝠 UMA
ペナンガラン ポンティアナ ローペン

関連記事

親記事

吸血鬼 きゅうけつき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アスワング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 412

コメント