ピクシブ百科事典

ガチョウ

がちょう

鳥類カモ目カモ科マガン属のハイイロガン、サカツラガンを家禽化したもの。
目次[非表示]

ガチョウ(鵞鳥)とは、水鳥の一種である。
英語では【goose】(グース)という。も【goose】。

概要

を家禽化したもの。古くから家禽化されており、その歴史はに次ぐ。
ハイイロガンを古代エジプトで紀元前2800年ころに家禽化したヨーロッパ系のガチョウと、サカツラガンを古代中国で紀元前2000年ころに家禽化したアジア系のシナガチョウがある。シナガチョウは嘴の基部にコブがあるのが特徴。ガチョウは体重8~12kg、シナガチョウはそれより小柄で体重4.5~5.5kg。

草食性で草や穀物を好む。嘴の内側や舌にはブラシのようなトゲが並び、水中の餌を濾し取るのに都合が良くできている。
粗食に耐え、短期間に成長し、肉質が優れる。大量の餌を与え肥大化させた肝臓がフォアグラで、世界三大珍味の一つ。卵も食用とされる。
綿毛(ダウン)は冬服や布団、風切羽はバドミントンのシャトルに使われる。

飼い主によく懐くが、見知らぬ人間や動物を見ると大声を上げて騒ぎ、しつこく追い回し攻撃するため、番犬ならぬ番鳥として飼われることもある。

インド神話においては三大神の一柱・ブラフマーの騎乗獣(神獣/聖獣)とされ、仏教でもブラフマーが仏教に帰依した姿である梵天が騎乗獣としている。


アヒルと似ているが、アヒルはマガモを家禽化したもので、原種よりかなり大型化されているものの体重4kg前後であり、食性は雑食。

アヒルとの描き分け方

鵞鳥の方が体格が大きく、首が長い。嘴もアヒルのように平たくない。

関連イラスト

がっちょ。
ガチョ夫



関連動画



関連タグ

 家禽 水鳥  グース フォアグラ ハイイロガン サカツラガン
マザーグース

pixivに投稿された作品 pixivで「ガチョウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52469

コメント