ピクシブ百科事典

ペナンガラン

ぺなんがらん

ペナンガランとはマレー半島およびボルネオ島(カリマンタン島)に伝わる吸血鬼である。
目次[非表示]

概要

女の生首の姿をしており、首から下には内臓を垂らして飛び回る。夜にはホタルのように光り輝くともいわれている。もともとは魔力を欲した助産婦だったが、「40日間肉を食べない」という悪魔との契約を破ったためにこのような姿にされてしまったのだという。

ペナンガラン
Thai Ghost 1



タイでは「ピーガスー」、ミャンマーでは「ケフィン」、カンボジアでは「アープ」、フィリピンでは上半身が飛ぶ「マナナンガル」と呼ばれる類似した吸血鬼の伝承がある。
血は吸わないが中国妖怪の「飛頭蛮」、日本の「ろくろ首」もその系譜であるとの説がある。

「ペナンガル」と呼ばれることもあり、これはマレー半島のセノイに伝わる蜂の巣を守る精霊の名でもある。

かつて佐藤有文著の『いちばんくわしい世界妖怪図鑑』ではブルガリアの妖怪「胃ぶらりん(イブラリン)」という名で紹介されていたが、その後の著書では「インドシナ半島の吸血鬼」という紹介に変わっている。

近年ではインドネシアにおける伝承を元にした、「ポンティアナ」という名も紹介されるようになっている。

なお内臓成分が多いイラストになりがちなので、pixiv内ではR-18Gの作品が多い。

創作での扱い

水木しげる作品

ペナンガラン


日本において水木しげるの妖怪図鑑で、毛の生えた胃袋のような妖怪として紹介され一般化していた。(後に伝承に忠実なバージョンも数パターン描かれている。)
ゲゲゲの鬼太郎』では吸血南方妖怪の仲間として登場。

さらにアニメ3期の87話「寄生妖怪ペナンガラン」では唐獅子を隠れ蓑に悪事を働く、牙の生えた口を持つ毛だらけの妖怪として登場した。

対決!ペナンガラン


ある世代においては、ファミコンゲーム『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』の妖空魔境に出現したので覚えているものも多いだろう。

女神転生シリーズ

初出は『ソウルハッカーズ』で”妖精”ペナンガル名義で、セノイの伝承をモチーフに蜂の被り物をした頭部に腕が生えた姿で登場した。内蔵を垂らした「ポンティアナ」は、金子一馬氏の雑誌コラムでムエタイバージョンというネタで描かれたがゲームには登場していない。

妖魔夜行

グループSNEのメンバーによる、同名TRPGの世界を使ったシェアワールドノベル。
第1巻「真夜中の翼」の友野詳担当話で、上記の妖怪図鑑ネタの「イブラリン」名義で登場した。

エリア51(久正人)

世界中の異形が集められた、アメリカ51番目の州とよばれる街での事件を描いた久正人作の漫画。街の住人の一人として登場。

映像作品

東南アジアではポピュラーな存在であるので、映画やドラマ、CMなどに数多く登場している。
日本でも海外のB級映画が続々とソフト化されたビデオバブル時代に、インドネシア映画「MISTICS IN BALI」が『首だけ女の恐怖』という題名でソフト化されている。
近年ではネット上に心霊現象として、目撃例や写真などが投稿されているという。

関連タグ

吸血鬼 精霊 悪霊 妖怪 R-18G
東南アジア ボルネオ島
飛頭蛮 チョンチョン ポンティアナ ろくろ首 
マナナンガル ランスブィル 産女

pixivに投稿された作品 pixivで「ペナンガラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9258

コメント