ピクシブ百科事典

ランスブィル

らんすぶぃる

ゲゲゲの鬼太郎に登場する南方妖怪。この項ではモデルになった伝承のラングスイルについても説明する。
目次[非表示]

概要

マレーシアの「ラングスイル」という吸血鬼がモデルの南方妖怪

ランスブィル

マガジン版ゲゲゲの鬼太郎「血戦小笠原 中編」にてドラキュラアササボンサンペナンガラン夜叉(髪の毛の妖怪ではない)と共に鬼太郎の敵として登場。
鋭い牙、大きな口、可愛い模様(穴)のある長い舌が特徴の南方妖怪。
子泣き爺に噛み付き牙を失いくやし紛れに食った目玉親父に胃を攻撃され降参した。
なお第5期ゲゲゲの鬼太郎においては「ランスブル(イが小文字ではない)」と呼ばれ、アカマタ、アササボンサン、椰子落とし、(かつてのチンポ)と仲がいい。

関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎 南方妖怪

ラングスイル

ランスイルとも呼ばれる。
産褥によって、もしくは死産でショック死した女性が死後40日後に化けるという吸血鬼。
防ぐためには脇の下に鶏の卵を入れ、手のひらに針を刺し、口にガラス球をつめるという作法で埋葬しなければならない。
目を奪われるほどの美女で緑色のローブを着ているといわれる。異常なまでに長い爪を持ち、首に血を吸う穴があるが、普段は長い髪で隠していて見えず、空を飛んで人を襲う。
なお、爪を切り首の穴に髪の毛を詰めなおせば日常生活を送ることも可能であるという。

女神転生シリーズ

邪霊ランスグイル


魔神転生Ⅱ』のみに”邪霊”ランスグイル名義で登場。この姿は『真・女神転生』に登場したインドネシアの魔女「”夜魔”ニ・カロン」を描いた金子一馬によるイラストが元になっている。

不死者あぎと

なるしまゆり作のエクソシストと吸血鬼をテーマにした漫画。
舞台となる聖ヨエル学園の美しき園長の正体は、神の教えに目覚めたラングスイル(ランスイル)であった。

関連タグ

東南アジア 産女 吸血鬼

コメント