ピクシブ百科事典

フィリピンの妖怪

ふぃりぴんのようかい

フィリピンで伝承される様々な魔物。吸血鬼であるアスワングが特に有名である。
目次[非表示]

概要

フィリピンで伝承されている様々な魔物で、地域ごとにたくさんの種類がいるといわれるが、系統だった神話や伝説があるわけではなく、主に民間伝承によるものなので全容は分っていない。
かつてのスペイン統治時代の影響から、現地のものとヨーロッパキリスト教の伝承が混合したものも多く見られるという。

その中でも、吸血鬼であるアスワングとその一族が特に有名である。

一覧

  • アスワング(Aswang):コウモリの羽根を持ち空を飛び、長い舌で妊婦の胎内の胎児を殺す吸血鬼と、死体を植物で造った偽物の人間とすり替えて持ち去り食べてしまう食人鬼が伝わる。蝙蝠、犬、豚に変身もできる。
  • バクナワ(Bakunawa):月食を引き起こす巨大な蛇神。元々は美しいディワータだったと伝わる。
  • ベルベロカ(Berberoka):池の水を吸い込んで魚を集め、獲ろうと近寄ってきた人間を溺れさせる精霊。ニュンペーに似る
  • ベルナルド・カルピオ(Bernardo Carpio):勇敢な巨人でリサール州モンタルバンの洞窟に閉じ込められているという。
  • ブギスギス/ブドボド(Bungisngis/Budbod):陽気な一つ目の巨人。バタアン州の森に住んでいる。ビサヤ地方では同じような巨人をブドボドと呼ぶ。
  • ディワータ/エンカンターダ(Diwata/engkantada):自然の中の精霊妖精の様な存在。ニュンペーに似る。ラグナ州の火山であるマキリン山の頂上に住む者はマリア・マキリン(Maria Makiling)と呼ばれる。男はエンカント(engkanto)と呼ばれる。
  • ドゥエンデ(Duwende):妖精のような存在で、ヨーロッパの伝承のゴブリンドワーフエルフに似る。
  • ホワイトレディ/レッドレディ/ブラウンレディ/ブラックレディ(white lady/red lady/brown lady/black lady):女の幽霊。死因や有りようによって色が違う。
  • フアン・タマッド(Juan Tamad):世界一といわれるほどの怠け者すぎて、猿たちに死んでいると勘違いされて生きたまま埋葬されてしまった男。
  • カプレ(Kapre):黒くて不潔な巨人で、とても大きな葉巻を吸っている。ガジュマルマンゴーの樹の影に隠れ、通りかかった人間を化かす。
  • マギンダラ(Magindara):月の神によって創造された、人を溺れさせる色とりどりの魚の尾を持つ人魚
  • マンククーラム/マンガガワイ/マンババラン(Mangkukulam/Manggagaway/Mambabarang):黒魔術を使う魔女で悪霊を使役し、呪いで痛みと病気をもたらす恐ろしい存在である。マンガガワイは男の魔術師、マンババランは虫使いであるという。
  • マナウル(Manaul):鳥になったという伝説の王。空と海を戦わせフィリピンの島々を創ったという。
  • ムルト(Multo):幽霊のこと。スペイン語で死をあらわすムエルト(muerto)が語源であると考えられている。
  • ヌーノ・サ・プンソ(Nuno sa punso):蟻塚に住むと言われる妖精で、足を踏み入れた人間に幸運や不運を与えるといわれるので、現地の者は横を通る際に許可をもらうため声をかけるという。
  • パサトサト(Pasatsat):第二次世界大戦で死んだ者の幽霊といわれ、棺桶が間に合わなかったため葦の敷物に包まれて埋葬されたことから、その姿で現れ通行の邪魔をする。何かで刺して広げると死臭を漂わせながら消える。
  • サンテルモ(Santelmo):ヨーロッパに伝わるセント・エルモの火のような火の玉
  • サランガイ(Sarangay):耳に宝石を付けた牡牛の様な屈強な魔獣。宝石を奪おうとする者には容赦はない。
  • サリマノック(Sarimanok):捕まえたものに幸運を与える聖なる鳥。この鳥のマガウルが突いた竹からマラカスとマガンダ(Malakas&Maganda)というフィリピンの人々の祖が生まれた。
  • スィグビン(Sigbin):地域によって角の無いヤギ、トカゲのようなカラス、カンガルーに似るといわれる怪物で、臭い尻尾を持ち後ろ向きに歩く。子供の血を吸って殺し心臓をお守りとして持ち去るという。
  • シエテ・フローレス:輝く羽根を持つ鳥の群れで、人間に襲い掛かり羽根でくすぐってくる。もし耐え切れずに笑ってしまうと石にされてしまう。群れの長を見つけ、その羽根を地面に挿さないと石化は解けない。
  • シレーナ(Sirena):人魚
  • ショコイ(Siyokoy):男の人魚であるマーマンで、半魚人のような外見だが緑色の触手を持つともいわれる。
  • タマウォ(Tamawo):金の歯と爪、白い肌を持つ精霊でとても美男子である。植民地時代以前の貴族の姿をしていると伝わる。
  • タワン・リポッド(Tawong Lipod):シルフのような精霊。
  • ティクバラン/ティグバラン(Tikbalang/Tigbalang):人間の身体に馬頭で馬の後ろ足を持つ魔物で、自らの子を産ませるために女性を襲う。アイギパーンのように悪戯好きで人を狂わせることもある。なお馬はスペイン人によってこの地にもたらされたものである。
  • チャナック(Tiyanak):洗礼前に死んだ赤ん坊の悪霊で森に住む。赤ん坊に化けて、人が近づいてくると悪魔の様な正体を現し人を襲う。

関連タグ

フィリピン スペイン語 
妖怪 妖精 精霊 幻獣 吸血鬼
アスワング マナナンガル マンババラン

pixivに投稿された作品 pixivで「フィリピンの妖怪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50

コメント