ピクシブ百科事典

概要

フィリピン神話のゼブ島の伝承に伝わる
巨大な口を持つ大きな海龍の姿をした冥界で、赤い舌と髭、エラに体の下側に灰色の片方が大きく、もう片方が小さい2対の翼を持ち、その大きさは湖ほどもあるといわれている。

月食を引き起こす原因だといわれており、神話によれば空を明るくするために天空神バサラが創造した7つのの内、6つを飴玉の様に美味しそうに見えたのか飲み込んでしまい、残る1つをバクナワに飲み込まれることを防ぐために人々は太鼓を鳴らして、バクナワが最後に残された月を食べる事を止めたとされている(この時姿を見られたバクナワは恥ずかしくなって海へと戻っていたらしい)。

このような出来事があった為、残された月はバサラによって月に植えられた竹藪でその輝きを封じられバクナワに見られないようにする措置がなされたが、それでも竹藪の影が無くなり、満月に戻った時かつバサラが眠っている隙に食べようとするので、その度に下界の人々は楽器を奏でてバクナワを追い払っているという。

関連項目

龍神 フィリピン神話

関連記事

親記事

龍神 りゅうじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バクナワ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101

コメント