ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 怪奇実話として知られる、姿は見えないが犠牲者を噛みついて傷つけるという怪異「噛み男」。この名はゲーム『ソウルハッカーズ』で名づけられた。 ※この項で解説
  2. ネット上で鬼畜ヒーローとして知られる、『ゴッドマン』の直訳「神男」をひらがなで表記したもの。 

怪異噛み男

1951年の5月に起きた、フィリピンのマニラ警察署の事件報告書「特殊事件簿No.108号」に残されているという怪異。

それはパトロール中の警察官に、18歳のクラリータという女性が「全身を誰かに噛まれている」と助けをもとめてきた事件であった。

当初、彼女の「誰が噛んでいるのかは分からない」という訴えは信じられず、いたずらか薬物中毒者の戯言であると相手されなかった。

しかし「8カ所も噛まれている」という、あまりにも必死なクラリータの訴えに折れた警察官は、警察署に彼女を連れていった。

警察署の一室に保護されたクラリータであったが、警察官たちが見守る中「黒い何かに噛みつかれる」と怯え、助けを求め始めた。

すると床に倒れ込んだクラリータの肩や腕に、次々と噛み跡が現れたのだ!

そして傷跡からは血が流れ、肌に臭い唾液のようなものがべったりと付着していたために、署長と検察医が呼び出される自体となった。

クラリータの身体には、十数カ所の噛み跡が認められたために警察署に保護されることになった。
だが翌朝も、彼女にしか見えない黒い怪物に襲われ始めたため警察官はなんとか防ごうと試みたが、やはり姿は見えずに触れることができないこの怪異に対しては無力であった。

傷の治療後に、何者も侵入できないという独房に彼女を移送したが、しばらくして叫び声が聞こえてきたので署長や検察医、話を聞いて訪れていた市長らが駆けつけると、クラリータの喉に噛み跡が現われ鮮血が噴き出した!

その後5分ほども襲撃は止まず、目撃者たちは嫌な汗でびっしょりになり、クラリータは命こそは助かったものの、満身創痍の状態であった。

幸か不幸か、それ以来クラリータは襲撃されることがなくなり、精神病院に半年ほど入院して身体の傷のほうは全快したが、心の傷は一生癒えることは無かったという。

創作での扱い

怪異かみおとこ


初出は『ソウルハッカーズ』で、都市伝説系の種族「怪異」の悪魔として、球形の身体に口がついた群れという姿で登場。
怪異かみおとこ

関連タグ

都市伝説 怪談 怪異 都市伝説妖怪 フィリピンの妖怪

透明  噛み付き 噛み跡 
透明人間 悪霊 ポルターガイスト 自己暗示  悪魔 
黒坊主 ティンダロスの猟犬

関連記事

親記事

都市伝説 としでんせつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「かみおとこ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 377

コメント