ピクシブ百科事典

行かなきゃ

いかなきゃ

アニメ「ドラえもん」に纏わる都市伝説。 1996年9月23日の深夜に放送されたと言われています。
目次[非表示]

※不気味な表現や不確定な情報を含んでいます。































ドラえもん謎のエピソード「行かなきゃ」とは?



その1 突然深夜に放送された「行かなきゃ」


「行かなきゃ」は、1996年9月23日(月曜日)の深夜に放送されたと言われる、アニメ「ドラえもん」のエピソードのひとつです。
当時、「ドラえもん」の放送時間は金曜夜7時であり、深夜に放送される事は有り得なかったので、本当に放送されていたならば非常に特殊なエピソードだと言えます。なお、当時の新聞のテレビ欄に放送予定は掲載されていませんでした

「行かなきゃ」の内容については様々な説があります。中でも一番有名なものは、『深夜に突然「ドラえもん」の放送が始まり、ただ何処かに歩いているのび太の映像が延々と流れた末、彼が「行かなきゃ」というセリフを一言残して終わった』というものです。

普段のアニメならエピソード冒頭にタイトルコールがありますが、このエピソードに関してはそれすらなかった為、劇中唯一のセリフである「行かなきゃ」がサブタイトルの代わりとして知られています。

突然深夜に放送されたにも関わらず、この「行かなきゃ」の映像を見たと語る体験談はネット上に多数存在しています。テレビ局に抗議や質問の電話が殺到したとも言われていますが、当時の映像や公的な記録は残っていない為、ファンの間では「本当に放送されたのか?それとも単なる都市伝説なのか?」という議論が交わされています。


その放送目的は一切不明ですが、「ドラえもん」の作者である藤子・F・不二雄先生が放送に関わっていた、或いは彼の追悼目的で放送されたという説が最も有名です。







その2 追悼番組説


「行かなきゃ」が放送されたと言われている1996年9月23日は、藤子・F・不二雄先生が死去した日でもある為、彼を追悼する意味合いでテレビ局が放送したのではないかと言われています。つまり、「行かなきゃ」とは「天国へ行かなきゃ」という意味だったのではないかという説です。また、死去する以前に作っていた物を自分が死んだら流して欲しいと藤子先生が頼んでいた、とも言われています。

ストーリー性が無くセリフも一言だけという意味不明な内容だったのは、藤子・F・不二雄先生が急死した為、未完成の映像を流すしか無かったためではないかと言われています。







その3 のび太の声が藤子F不二雄先生の声に?

目撃談の中には『劇中で発せられた「行かなきゃ」という声は当時の担当声優である小原乃梨子の声ではなく、藤子・F・不二雄先生自身のものだった』というものが多く存在しています。先生は生前、のび太のモデルは学生時代の自分自身と公言していた為、自身の遺言をのび太に代弁させたのではないかと考察する者もいます。





その4 「行かなきゃ」とはどのような映像だったのか?

「行かなきゃ」の目撃談を纏めると以下のような内容になります。
細部は異なりますが、のび太が「行かなきゃ」という台詞を発したという点は共通しています。

目撃談1

のび太が10分程ずっと歩いており、いつもの空き地に続く道と周囲の風景が延々と描写され続けます。空き地にはジャイアンスネ夫出木杉しずか、ドラえもんが勢揃いしています。みんな輝くような笑顔を浮かべています。そして、のび太は「行かなきゃ」という言葉を残して、みんなが待つ空き地に走っていった……というものです。

目撃談2

真っ暗な中をのび太が歩く映像が延々と流れます。そのまま10分程経つと、最後にのび太が振り返り「行かなきゃ」と言って終了したという物でした。この映像にはBGMはありません。のび太のセリフ以外に音は無く、オープニングも無く突然始まったと言われています。

目撃談3

のび太がスケッチブックを持って歩いています。そこにドラえもんが追いかけてきて「もう行ってしまうんだね」と言います。のび太は振り返って「うん、もう行かなきゃ」と言います。そこでのび太の姿が藤子・F・不二雄先生の姿に変わり、映像が終了します。

目撃談4

何処かに歩いていくのび太をドラえもんが追いかけて行きます。そして最後にドラえもんがのび太に「もう行っちゃうんだね」と声をかけます。そしてのび太が「行かなきゃ」というセリフを言ったという物です。目撃談3と類似していますが、のび太の姿が変わるという描写はなかったようです。

目撃談5

いつものようにジャイアンとケンカをするのび太。ドラえもんが道具を貸して助けようとしますが、のび太はその道具を捨ててジャイアンに正々堂々と勝負を挑みます。その様子を見たドラえもんは感動し、心打たれたジャイアンはのび太と和解。するとのび太が視聴者の方を向きながら「子供には夢を、大人には希望を与えてきた。もう私が活躍することはないが、これからも時々で良いから思い出してくれ。もう私がいるべき世界へ行かなきゃいけない。また会える日を楽しみにしているよ」と発言したというもの。
あまりポピュラーな目撃談ではありませんが、他の目撃談に比べて明確なストーリー性があり、追悼番組として流されても不自然ではない内容ではあります。ただ、「また会える日を楽しみにしている」という言葉は、遺言としては不自然にも思えます。

目撃談6

2007年1月末に、2ちゃんねるのスレッド「ドラえもんに詳しいやつちょっと来い」に投稿された目撃談。深夜に起きた投稿者がテレビを点けたところ、のび太がただ町の中を歩いていくだけの映像が流れ、最後に立ち止まると「行かなきゃ」という言葉を発し、階段を上がるような動作(階段は描かれていなかったという)で再び歩き始めたというもの。アニメ映像はそのままフェードアウトし、試験電波の画面に変わったようです。
他の体験談とは異なり、放送日は「10数年前(1990年代)」と曖昧で、のび太の声が藤子先生の声だったという報告はありません。スレッド内では映画「のび太とアニマル惑星」の冒頭に類似した(のび太が一人でピンク色の靄の中を歩いていく)シーンがあると指摘されていますが、投稿者本人が視聴したうえで違うと報告しています。
また、スレッド内ではこの目撃談が投稿された時点で「藤子先生の命日の深夜にドラえもんが放送された」という噂が既に存在していたことが報告されています。









ドラえもん「行かなきゃ」の真相は?



その1 疑問点

この「行かなきゃ」が追悼目的で放送されたとすると、不可解な点があります

藤子先生の死亡が確認された時間は9月23日深夜2時10分であり、彼の死去が報道され始めたのは翌日24日からでした。つまり、「行かなきゃ」が追悼目的で23日深夜に放送されたとすれば、藤子先生の死を知った関係者が朝までの数時間以内にアニメを納品し、深夜とはいえ急遽放送枠をねじ込み、なおかつ追悼番組として放送したにも関わらず、TV局が死去の報道を24日まで自粛していたという事になってしまうのです。

その為、『「行かなきゃ」は追悼目的で放送されたのではなく、なんらかの超自然的な力によって放送された番組であり、藤子先生が死去した瞬間に放送を終了した』という怪談めいた説も存在します。

また、『目撃者が口を揃えて「のび太の声は藤子先生のものだった」と断言するのは不自然だ』という意見も存在します。当時の追悼報道などで藤子先生の肉声を聞く機会は多かったとは思われますが、劇中でたった一回だけしか台詞を発しなかったにも関わらず、多くの視聴者がそれを藤子先生の声と記憶したというのは、確かに不自然に思えます。


その2 真偽

「行かなきゃ」が本当に放送されたのか、それとも単なる嘘なのか、言い切るのは非常に難しいです。やはり映像自体が出回っていない事、放送されたと言われる日が藤子先生の死去報道前だった事、何より先生が死去されたのは大長編ドラえもんの漫画化を執筆していた最中であった事から、仮に先生が流してほしいと頼んでいたとしても狙って放送するのは困難であること等を考えると、必然的に信憑性は低くなってしまいます。


しかし、「行かなきゃ」の映像を見たのは一人だけではありません。かなりの数の人がネット上に目撃談を残しているようです。藤子先生の追悼とは無関係だった可能性や、なんらかの放送事故だった可能性、あるいは別の番組の映像を「ドラえもん」と勘違いしたという可能性も残されています(近い例としては「アイアンキング」の25話が「ウルトラマン」の最終回と誤解されて出来た都市伝説があります)。


「行かなきゃ」を単なる都市伝説と解釈するか、それとも少し不思議な体験談と解釈するかは、あなた次第と言えるでしょう。


関連タグ

ドラえもん 藤子・F・不二雄 ドラえもんにおけるみんなのトラウマ一覧 

タレント - 同様に放送された記録の無い「ドラえもん」のエピソード。
のび太とアニマル惑星 - のび太が靄の中を一人で歩いていくシーンから始まる長編。
のび太とブリキの迷宮 - 放送されるはずの無い深夜番組が物語の発端となった長編。











































































↑行かなきゃ(仮)(問題のシーンは2分37秒からです)

関連記事

親記事

都市伝説 としでんせつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「行かなきゃ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 828

コメント