ピクシブ百科事典

胃ぶらりん

いぶらりん

昭和時代に発行された『世界妖怪図鑑』において、ブルガリアで最も恐れられているといわれると記述される、夜になると生首に内臓を垂らした姿になり人を襲う吸血鬼。

昭和時代に発行された『世界妖怪図鑑』ではブルガリア吸血鬼とされていたが、実は東南アジアの伝承が元ネタである。 

詳細は →ペナンガラン/ポンティアナ/レヤック/マナナンガル/ガスー

関連記事

親記事

佐藤有文 さとうありふみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「胃ぶらりん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55

コメント