ピクシブ百科事典

産女

うぶめ

かなり古い妖怪であり、平安時代ぐらいから現れている。 姿は女性で、小さな赤ん坊を抱いている。血だらけで道端や川べりに現れる。 妊娠したまま死亡、もしくは出産後になくなってしまった女性が妖怪になったといわれている。 産女は通行人に「子供をだいておくれ」と頼む。赤ん坊を抱いた人間は力持ちになれるが、 血だらけの産女を見たほとんどが逃げ出してしまう。

姑獲鳥

飴買い幽霊での産女

妖怪の姑獲鳥とは話が全く異なり、飴屋に夜な夜な飴を買いに来る謎の女とその正体の怪談がある。

あらすじ

あるところに飴屋があった。その飴屋にはある日から夜になると白い服を着た女が飴を買いに現れるようになった。現れてから七日目が過ぎた頃、店の主が売り上げを入れている小銭箱を女が買いに来た次の日に開けるとなぜか葉っぱが何故か一枚紛れこんでいる事に気付いた。その日の晩も女は飴を買いに現れたが、常々不思議に思っていた主はこっそり女の後を付けて行く事にした。付いていくと女が向かっていたのはなんと墓場であり、いつの間にかふっと姿を消してしまった。

そこで主は寺の和尚にこの事を話し、二人は再び女の後を追って行くと一つの墓の前で姿を消した。墓の下から何か聞こえるので掘り起こすと棺桶の中から鳴き声が聞こえてきたのである。主と和尚は恐る恐る蓋を開けると…
なんと、生まれて間もないと思われる赤ん坊が泣いていたのである。その傍らには見覚えのあるあの女の亡骸があった。

子供を身篭ったまま死んだ女は棺桶の中で生まれた我が子の為に幽霊になって飴を買いに来ていたのであった。六日目以降、何故か小銭箱に葉っぱが入っていたのは埋葬品としての「六文銭」を使い切ってしまい、葉っぱを一文に変えていたからであった。全てを知った主と和尚は女を改めて丁重に葬った。赤ん坊は和尚が引き取り、すくすくと育ちその後立派な僧侶になったという。
そしてこの一連の話は「飴買い幽霊」として語り継がれていった。

この飴買い幽霊の話は全国各地にあり、概ね内容は同じだが細部に異なる点があったりする。
長崎市に伝わる飴買い幽霊はその後飴屋の主の前に再び現れて、お礼として井戸の在処を教えた。実際にその井戸は存在したが現在は跡が残る程度である。井戸の在処を教えたのは長崎(市)が水源に乏しいとされていたからとも。

関連タグ

ウブメ うぶめ 人面鳥 

pixivに投稿された作品 pixivで「産女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13885

コメント