ピクシブ百科事典

子育て幽霊

こそだてゆうれい

子育て幽霊とは、日本の各地に伝わる怪談の一つ。
目次[非表示]

概要

西日本を中心に、各地に似た内容の民話が伝えられている。それぞれで細かな部分に差異はあるが、大筋は同じものである。

昔、店じまい前の飴屋に夜な夜な現れては、一文銭で飴を買っていく女がいた。
女の顔は青白く、髪も乱れてただごとならぬ風情で、か細い声でやり取りしてはいずこへともなく去っていく。それがもう六晩も続いていた。

七夜目に訪れた女は、もう金はないがどうかお願いしますと、悲しげな様子で乞う。
女の姿に同情した飴屋は、事情のあることと察して飴を渡してやったが、その夜は思い切って、気取られぬよう跡をつけてみた。

すると、辺りの様子はどんどん寂しくなっていく。そしてある場所で不意に女の姿が消えてしまった。
気が付けばそこは墓場であり、目の前には新しい土饅頭があった。さては幽霊だったかと恐怖に震える飴屋だったが、その土饅頭の中から赤ん坊の声がしたため、勇気を奮って掘り起こす。すると、その中には哀れにも亡き母の体にすがり、飴をしゃぶっている赤ん坊の姿があった。

子を身ごもったままなくなり、死後に棺の中で出産した母親は、乳を与えることができないため、三途の川の渡し賃として棺に納められる六文銭で、毎夜飴を買いに来ていたのだ。
子を思う母の心根に感じ入った飴屋は、亡き母に代わり、自分がその子を育てると遺体に向かって誓い、赤ん坊を連れ帰った。それから女が飴屋を訪れることはなくなり、飴屋は赤ん坊を立派に育て上げたという。

バリエーション

長崎市では、この物語の舞台は麹屋町にあった飴屋だとされる。母親の霊は、子を救ってもらった礼として後にもう一度飴屋を訪れ、水不足に悩む人々のために地下水流のある場所を教えた。そこを掘って作られた井戸は幽霊井戸と呼ばれ、旱魃の際にも決して枯れることがなかったという。
幽霊井戸は現在は埋め立てられ、僅かな痕跡が残るのみとなっているが、井戸近くの光源寺には飴買い幽霊の碑、赤子塚が建てられている。

石川県金沢市の西方寺には、母親の幽霊ではなく、母子を不憫に思った地蔵が飴を買いに行くという「飴買い地蔵」の伝承があり、子を思う親の信仰を集めている。飴作りで知られる金沢市には、このほかにも異なる物語が伝えられており、「あめや坂」の地名も現存する。

琉球にも似た話の逆立ち幽霊や七つ墓の幽霊が伝わっているが、別の有名な話としての逆立ち幽霊 (夫に裏切られた人格者の妻の幽霊が、とある男の力を借りて夫に復讐する話)もある(参照)

解説

妊婦が死後、棺の中で子供を産むという恐怖譚は、「棺内分娩」と呼ばれる実際の現象に基づいている。これは妊婦の死後、異体の腐敗が進むことで体内に発生したガスが、胎児を押し出すというもの。
『子育て幽霊』の民話には、この棺内分娩に託して、我が子をその手に抱くことなく亡くなった女性の無念や悲しみが描き出されている。

物語としての原型は、12世紀末に洪邁により編纂された中国南宋の怪異小説集『夷堅志』に見られ、こちらでは母親が買いに来るのは餅で、赤ん坊は素性が知れたため無事遺族の元に引き取られている。

こうした異常出生譚(異常誕生譚)は、洋の東西を問わず、偉人や英雄、または怪物が常人にはない力を持つことの理由付けとして、しばしば語られるものである。『夷堅志』の餅を買いに来る幽霊も、元をたどれば釈迦を右脇から産んだ※後、七日で世を去ったというマーヤ夫人に行き着くという説もある。
日本では、保護された赤ん坊が寺に引き取られ、後に高徳の僧となったと語られることが多い。

※クシャトリア(王族・戦士)階級の出産は慣用的表現として脇から生まれるとされる。

また、14世紀中ごろに成立したと考えられる『神道集』において、本地垂迹思想(神は仏が仮の姿で現れたものとする思想)のもと、熊野権現の前世として、子育て幽霊に似た物語が収められている。

インドの摩訶陀国を治める善財王には1000人の后がいた。そのうち最も醜かった后は、しかし他を恨まず、千手観音にすがり、その恩寵によって美しい姿を得た。お陰で王の愛を得て王子を授かったが、これが他の后たちに妬まれ、姦計により首をはねられてしまう。
血の匂いを嗅ぎ付けて12頭の虎が集まってきたが、虎たちは亡き母の乳房にすがる王子を見てかえって憐れみ、花の蜜を集めて王子を養育した※。王子は後に、天人のお告げを受けた高徳の僧により保護され、大王の元へ帰ったという。

※釈迦がその前世の一つにおいて、飢えた虎の母子のためにその身をささげた、という伝説に呼応した物語となっている。


フィクションでの『子育て幽霊』

ゲゲゲの鬼太郎

死んだ母親から墓場で生まれた奇怪な子供が活躍する”という伊藤正美の紙芝居『ハカバキタロー』がその原型。伊藤から作品を譲り受けた水木しげるは紙芝居『墓場鬼太郎』を製作。墓場鬼太郎は水木の漫画家転業に伴い、後に貸本漫画として発表、週刊誌デビュー後にゲゲゲの鬼太郎と改題され、メディアミックス作品として水木の代表作となった。
鬼太郎も母が亡くなった後、墓の中で産み落とされる。土饅頭の中から自力で這い出してくるあたりはさすが妖怪であるが、『地獄編』では母に会うため冒険行に出たり、『その後』や『続ゲゲゲの鬼太郎』でも母を慕う様子が伺えるなど、人と変わらない母子の絆が描かれている。

地獄先生ぬ〜べ〜

「#53子育て幽霊の巻」に登場。ただしこちらは子に対する妄執のあまり悪霊と化し、施設の子供をわざわざ誘拐して子育てをしていた。その性質は子育て幽霊というより、むしろ「産女」と「姑獲鳥」を合わせたようなものとなっている。


関連タグ

幽霊 妖怪 産女 姑獲鳥

関連記事

親記事

幽霊 ゆうれい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「子育て幽霊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 449

コメント