ピクシブ百科事典

ミノタウロス

みのたうろす

ミノタウロス(Minotauros)とは、ギリシャ神話に登場する牛の頭を持つ巨人である。
目次[非表示]

伝承

本当の名はアステリオス(英語表記だとアステリオン)。
クレタ島の王・ミーノス息子として生を受けたが、その真実は、ミーノスが海神ポセイドンを怒らせたために、その代償として、ミーノスの后パシパエ呪いをかけたことで誕生した。「ミノタウロス」の呼び名はその誕生の経緯に由来し「ミーノスの雄牛」を意味する。

彼は粗暴な性格で、人肉食嗜好があったため、処遇に困ったミーノス王は建築家ダイダロスに命じて巨大な迷宮を造らせ、その中にミノタウロスを閉じ込めてしまった。
そして属国のアテナイから若者や乙女を貢物として献上させて迷宮に送り込み、ミノタウロスの餌としたのである。この悪習は後に英雄テセウスがクレタ島に上陸し、王女アリアドネーの助力を得てミノタウロスを退治するまで続いた。

誕生の経緯

クレタ島にはポセイドンに感謝し、牛を捧げる祭儀が行われていた。
ある年にポセイドンへの捧げものとして、一頭の白い見事な牡牛が捧げられることとなった。
しかしミーノス王はこの白い牡牛を大変に気に入り、ポセイドンに懇願してしばらく返して貰うことにした。そして王はとうとう牡牛の返却を渋り、二番目に良い牛(自分の牛、とも。)を捧げてごまかそうとしてしまう。

これを知ったポセイドンは当然ながら激怒し、パシパエに「白い牡牛に惚れる」呪いをかける。これによりパシパエは牡牛に激しく欲情し、ダイダロスに命じて牝牛の木像を作らせた。すると自らはその中に入って牡牛の傍にたたずみ、牡牛も木像に魅せられたのか、中にパシパエがいると知ってか知らずか欲情し、遂に両者は繋がり、パシパエは牡牛の子を孕むに至った。その子供が、ミノタウロスなのである。

創作物におけるミノタウロス

現代のゲームなどの創作物では、牛頭人身の怪物全般を指す種族名として扱われる場合が多い。また、形態についても牛の蹄や尻尾のある姿で描かれることがある。
種族名としての扱いが強くなったことに伴い、男性型のみならず女性型として描かれるケースも発生しており、擬人化による後天的なモンスター娘として扱われる場合もある。この際の容姿は、頭部は牛の角が生えた人間となる傾向が強い。さらにホルスタインのイメージも合わさり、巨乳であったり、牛の部分もしくは衣装もホルスタインの白黒模様となるケースも少なくない。
こちらはホルスタウロスとも呼ばれる。
ミノタウロスの女性の事は元来「ミノタウレ」というらしいが、余り用いられない。

ミノタウロスの斧

現代の創作におけるミノタウロスは神話は記述の無いを装備してる場合が多い。
これはクレタ島で栄えたミノア文明の神殿(ミノタウロスの迷宮の原型とされる)に牡牛を生贄に捧げるための両刃の斧(ラブリュス)が最も重要な神器として祀られていた事に起因する。

ミノタウロスをモチーフにしたキャラクター

CBミノスΜ(ミュー)7
アイオンウィル
ルルーの誕生日ですが
みのたうろす
クルツとネオミノタウロス
  • アステリオス (P4U)
影破壊の権化
アステリオス
ミノタウロス
ニワカマッスル(模写)
ミノタウロス・ファントム
嵐降る双極
みのさん
外国産はひっこんでろ!
Penny vs Jamie
センシティブな作品
センシティブな作品



関連イラスト

センシティブな作品



関連タグ

ギリシャ神話
 迷宮 異種姦
モンスター 牛鬼 (くだん) 牛頭 牛娘
ミノタウロスの皿

関連記事

親記事

ミノス みのす

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミノタウロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4544734

コメント