ピクシブ百科事典

邪神ちゃんドロップキック

じゃしんちゃんどろっぷきっく

「邪神ちゃんドロップキック」とは、COMICメテオにて連載中の漫画作品。及び同作のアニメ化作品。
目次[非表示]

概要

フレックスコミックスから配信されているWEB漫画雑誌「COMICメテオ」にて2012年4月から連載中。作者はユキヲ。メイン画像は作者本人によるもの。

上半身は人間の女性、下半身は蛇悪魔邪神ちゃんと、その邪神ちゃんをうっかり召喚してしまった、中二病を煩っている女子大生・花園ゆりねの、奇妙な共同生活を軸に描く。
作者が同じである『武蔵野線の姉妹』とは世界観を共有しており同作の登場人物が作中に登場したりすることもある

アニメ化に際して、邪神ちゃんと花園ゆりねが2018年7月23日よりバーチャルYouTuber化。「アニメを見終わったら深夜ラジオ感覚でお楽しみ下さい。」とのこと。
邪神ちゃんねる(外部リンク)

また、本作のキャラクターミノス主人公とした公式スピンオフ作品『ミノスのビーフ100%』が存在する。

あらすじ

センシティブな作品


神保町に住まう花園ゆりねは、ある日突然人間界に魔界の悪魔・邪神ちゃんを召喚するが、帰し方がわからないため、仕方なく共同生活を始めた。…しかし、邪神ちゃん曰く「召喚者が死ねば、自分は元いた世界へと帰れる」。ならば…と、あの手この手でゆりねを殺害しようと挑みかかる邪神ちゃんだが…?

登場人物

主人公
邪神ちゃん (CV:鈴木愛奈) 花園ゆりね (CV:大森日雅)
センシティブな作品
邪神ちゃんドロップキック
本作の主人公。上半身は金髪碧眼の美少女だが、下半身はコブラの蛇の悪魔。性格はクズでゲスで外道、職業はヒモ、現在花園ゆりねの家に居候中。「ですの」口調に代表されるお嬢様言葉で話すが、興奮するとすぐヤンキーじみた素を露わにし、弱者には尊大な態度やゲスな所業を平然と行う。魔界に帰るべく隙を見てはゆりねを葬ろうと画策しているが、失敗しては返り討ちに遭っている。本作のもう一人の主人公。常時ゴスロリ衣装に身を包み、オカルトホラーが大好きな中二病を拗らせた女子大生。興味本位で邪神ちゃんの召喚に成功したが、帰す方法がわからないために居付かれてしまう。悪魔もビビらせる超越的な戦闘力と超ドSな性格の持ち主で、自らの命を狙う邪神ちゃんに幾度となく凄惨なお仕置きを返している。


悪魔

メデューサ(CV:久保田未夢)ミノス(CV:小見川千明)
ATM
センシティブな作品
邪神ちゃんの幼馴染。悪魔のイメージからは程遠い気弱で心優しい性格で、ゆりねのブラックジョークで気絶してしまうことさえある。石化能力を封じるため人間界に来る時には紙袋を被っている。邪神ちゃんには幼い頃から引っ張り回され、恒常的にATM扱いされているが、「私がいないとダメだから」とさながらヒモ男に尽くす彼女にように受け入れてしまっている。邪神ちゃんの幼馴染。ミノタウロス族の女悪魔で、怪力・巨乳・角…と、牛娘のイメージ通りな女の子。快活な性格で、人間や天使が相手でも分け隔てなく接するため、幼い少年など近隣住民からの人気もある。懲りずに何度もゆりねに挑みかかる邪神ちゃんには呆れ果てており、彼女に対してはドライな態度を取ることも多い。
遊佐 (CV:荒浪和沙)浩二 /氷ちゃん(CV:寺田御子)
遊佐さんと氷ちゃんさん
氷ちゃん
雪女のような姿をした氷族の上級悪魔。魔界では氷の能力を利用して生計を立てている。妹をいじめる邪神ちゃんに対して敵愾心を抱いている一方で、逆に仲良くしてくれるゆりねに対しては好感を持っている。天使であるぺこらに対しても誠実に接し、邪神ちゃんが困っている時には助けたりと基本的に優しい性格の持ち主である。氷族の一員である下級悪魔。遊佐の妹だが、成人ではないため小柄で、邪神ちゃん曰く「モグラ」のような顔をしている。邪神ちゃんには度々いじめられたりトラウマを植え付けられたりしているため、彼女のことを快く思っておらず、邪神ちゃんのピンチにはほくそ笑んでいる。逆に自身と仲良くしてくれるゆりねには懐いている。作中ではセリフはないが意思疎通は取れる模様。
ペルセポネ2世/ペルちゃん(CV:飯田里穂)ペルセポネ1世/ペルセポネ先生(CV:小森未彩)
ペルちゃん
個別4(ペルセポネ)
邪神ちゃん達の恩師『ペルセポネ』の娘で、冥界の王『ハーデス』を父に持つ悪魔。魔界に帰れなくなった邪神ちゃんを探しに人間界へやってきた後、虚弱体質を治すためにミノスの部屋に同居し、彼女と共に運動中。子供らしく純粋な性格の持ち主だが、一方で邪神ちゃんのからかいに対して的確な言葉で屹然と接する一面を持っており、笑顔で遠慮のない毒舌を吐くこともしばしばある。原作では第84話が初登場だが、テレビアニメ版では2話から登場し原作よりも出番が増えている。邪神ちゃん・ミノス・メデューサの学生時代の恩師で、ペルセポネ2世の母親。魔界教育委員会からの辞令で人間界に滞在することになり、人間界にいる子供の生活を勉強するために児童養護施設「アイアンコマンドー」にやってきた。強力な力を持っているが、娘同様使いすぎると体調不良になり吐血することもある。あらあら系で生徒思いの優しい性格だが、身体測定でズルをする邪神ちゃんにサイクロプスをけしかけるなどお茶目で過激な一面も見せている。幼少時は天界に住んでいおりリエールはその頃親友の間柄だった。共に人間界で暮らす現在は児童養護施設の先生と子供という形になっており、頻繁に彼女をからかっている。
キョンキョン (CV:山下七海)ランラン (CV:田中美海)
キョンキョン
ランラン
魔界中国からやって来たキョンシー。人間界で善行を積めば人間になれるという教えを信じており、それを叶える為に困っている人を見かけたら積極的に助ける優しい性格の持ち主。その反面同情の余地の無い者には容赦しない一面(姉曰く「凶暴」)もあり、カツアゲをしていた不良達に姉のことを侮辱された際は姉が止めなければそのまま殺害しそうになったこともある。ゆりねの紹介で書店「ドラゴン書房」でアルバイトをしている。キョンキョンの服の胸元に描かれたパンダだが、正体は彼女の姉。元々は妹と瓜二つの姿だったが、魔界動物園で魔界パンダから呪いを掛けられて今の姿に変わってしまっている。普段は衣服と同化しているが、小さなパンダの姿で服から出て行動する事が可能。暴走しがちな妹のブレーキ役であり、作中数少ない純粋なツッコミ属性の1人。まともな人物ゆえ邪神ちゃんへの評価は著しく低い。イチゴ味の飴を舐める事で一日一回だけ元の姿に戻る事が出来る。


天界の住人

キャラクター名はみなお菓子と関連のある名前で統一されている。

ぺこら (CV:小坂井祐莉絵)ぽぽろん(CV:佐々木李子)
センシティブな作品
無題
悪魔狩りを生業とする天使。邪神ちゃんを退治しようとしていたが、力の源である天使の輪を無くしてしまい失敗。以降は人間界でホームレス生活を余儀なくされる。真面目だが要領の悪い性格な上に不幸体質で、標的であった邪神ちゃんにはからかわれるわ、元部下たちからは舐められ命を狙われるわと散々な目に遭いまくっている。元々は悪魔を憎んでおり、ゆりねに対しても悪魔の協力者=「魔女」として警戒していたが、空腹だったところを救われるなどしたことから恩義を感じるようになり、彼女の周囲の悪魔とも馴染んでいく。ぺこらの元部下である天使。一人称は「ぽぽろんちゃん」。ゆるふわ系の外見とは裏腹に、自分の昇進の為に力を失ったぺこらを始末しようとするなど、腹黒い性格の持ち主。ぺこらと同じ任務に失敗して帰れなくなった天使第2号。現在は人間界でラーメン屋に住み込みで働きながら、アイドル活動をして生計を立てている。人間としての偽名兼芸名は「天使のえる(あまつかのえる)」。
ぴの (CV:山田麻莉奈)リエール(CV:花井美春)
邪神ちゃんらくがき
リエールさん
ぺこらの元部下でお世話係だった天使。任務に失敗して帰れなくなった天使第3号。乳袋を生み出すほどグラマラスな体型をしている。一人称は「私(わたくし)」で、「ですわ」とお嬢様口調で話す気品を持っているが、地位には目がなく腹黒で歪んだ出世欲の持ち主。その一方で情緒不安定豆腐メンタルでもあり、不安に駆られると人が変わったように泣き出してしまう。2人同様任務に失敗後は、天界からの追っ手に対して「悪魔と一緒にいた方が逆に安全」という考えから、邪神ちゃん達の住むアパートの大家さんをしている。ぺこら達の「」である。幼い少女の姿をしており、ぺこらとぽぽろん、ペルセポネ1世が出入りしている児童擁護施設「アイアンコマンドー」に孤児として入所している。天界ではぺこら曰く「熟女」と表現される姿だったらしい。他の神々との会議で地上を滅ぼす事が決まり、その前に人間としての生活を体験する目的で地上に降りたらしいが、邪神ちゃんに盾にされて直撃したゆりねのパンチで気絶したりと何らかの理由で弱体化している可能性も存在する。ペルセポネ1世とは旧知。

人間

橘芽依 (CV:原奈津子)________________________________
橘芽依(牛柄ビキニ)
アキバにある万歳橋警察署の婦人警官。極度の可愛いもの(本人の価値観基準。一般的に言えば「変なもの」)好きで、店頭のカーネルサンダースを勝手に持ち去ろうとしたり、浩二を可愛いからと部屋に連れ込もうとするなど、手に入れるためなら職権乱用などの手段を選ばない。邪神ちゃんには「ゆりねに勝るとも劣らないキチガイ」と称され、警官としてのモラルが問われるような問題行動をとっている。特に邪神ちゃんには「大蛇丸」と勝手に名付け、ことあるごとに持ち帰ろうとしたり、写メを一緒に撮ろうとするなど執着しているが、当の本人には変態女と嫌がられている。


テレビアニメ

2018年夏アニメとしてTOKYOMXチバテレビとちぎテレビ三重テレビびわ湖放送サンテレビAT-XBSフジなどで全11話が放送された。
第12話はTV未放送であり、Amazon Prime Videoで2018年10月1日より配信中。
アニメーション制作はノーマッド
DVDBDは上下巻の全2巻。
2018年10月12日に「2019年1月開催のファンイベントまでに第1期のセルソフトが2000枚売れたら、第2期やります」と宣言。2019年1月20日に開催されたイベントにてこれが達成されたことが発表され、第2期制作が決定した。

第2期は「邪神ちゃんドロップキック'」(読み方は「じゃしんちゃんどろっぷきっくだっしゅ」)と言うタイトルで、2020年春アニメとして全12話が放送された。ネット局は1期のネット局に群馬テレビなどが加わっている。本編としては10話までで、残りは特別編と千歳市とのコラボ回が放送された。

クラウドファンディング

テレビアニメ3期は2020年9月30日にクラウドファンディングの募集によって制作される。
クラウドファンディングの詳細はこちらを参照。


声優について


検索するときは…

キャラの名前で検索する場合、元ネタや他の作品の人物が引っかかってしまう者もいるため、作品名も入れて検索することを推奨する。

users入り


外部リンク

関連記事

親記事

ユキヲ ゆきを

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「邪神ちゃんドロップキック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6006866

コメント