ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

邪神ちゃんドロップキック

じゃしんちゃんどろっぷきっく

「邪神ちゃんドロップキック」とは、COMICメテオにて連載中の漫画作品。及び同作のアニメ化作品。
目次 [非表示]

概要編集

フレックスコミックスから配信されているWEB漫画雑誌「COMICメテオ」にて2012年4月から連載中。作者はユキヲメイン画像は作者様本人によるもの


上半身は人間の女性、下半身は蛇悪魔邪神ちゃんと、その邪神ちゃんをうっかり召喚してしまった、中二病を煩っている女子大生・花園ゆりねの、奇妙な共同生活を軸に描く。

作者が同じである『武蔵野線の姉妹』とは世界観を共有しており同作の登場人物が作中に登場したりすることもある


アニメ化に際して、邪神ちゃんと花園ゆりねが2018年7月23日よりバーチャルYouTuber化。「アニメを見終わったら深夜ラジオ感覚でお楽しみ下さい。」とのこと。

邪神ちゃんねる(外部リンク)


また、本作のキャラクターミノス主人公とした公式スピンオフ作品『ミノスのビーフ100%』が存在する。

あらすじ編集

センシティブな作品

神保町に住まう花園ゆりねは、ある日突然人間界に魔界の悪魔・邪神ちゃんを召喚するが、帰し方がわからないため、仕方なく共同生活を始めた。…しかし、邪神ちゃん曰く「召喚者が死ねば、自分は元いた世界へと帰れる」。ならば…と、あの手この手でゆりねを殺害しようと挑みかかる邪神ちゃんだが、自慢のドロップキックは全く通じず返り討ちにされてしまった。果たして邪神ちゃんは魔界に帰れるのだろうか…?


登場人物編集

主人公ズ編集

邪神ちゃん (CV:鈴木愛奈)
センシティブな作品
主人公。上半身は金髪碧眼の美少女だが、下半身はコブラの蛇の悪魔。現在花園ゆりねの家に居候中。お嬢様言葉で話すが、興奮するとすぐヤンキーじみた素を露にするゲス。魔界に帰るべくゆりねを葬ろうと画策するが、失敗しては返り討ちに遭う。
花園ゆりね (CV:大森日雅)
センシティブな作品
もう一人の主人公ゴスロリ衣装に身を包み、オカルトホラーが大好きな中二病を拗らせた女子大生。興味本位で邪神ちゃんの召喚に成功したが、帰す方法がわからないために居付かれてしまう。ドSな性格の持ち主で、邪神ちゃんに幾度となくお仕置きをする。

悪魔編集

邪神ちゃんの関係者編集

メデューサ(CV:久保田未夢)
ATM
邪神ちゃんの幼馴染。気弱で心優しい性格。石化能力を封じるため人間界に来る時には紙袋を被っている。邪神ちゃんには幼い頃から引っ張り回される。
ミノス(CV:小見川千明)
邪神ちゃんドロップキック ミノス
邪神ちゃんの幼馴染。ミノタウロス族の女悪魔で、怪力・巨乳・角…と、牛娘のイメージ通りな女の子。快活な性格で、人間や天使が相手でも分け隔てなく接する。邪神ちゃんには呆れ果てている。
ペルセポネ2世/ペルちゃん(CV:飯田里穂)
無題
邪神ちゃん達の恩師『ペルセポネ』の娘で、冥界の王『ハーデス』を父に持つ悪魔。魔界に帰れなくなった邪神ちゃんを探しに人間界へやってきた後、虚弱体質を治すためにミノスの部屋に同居し、彼女と共に運動中。純粋な性格の持ち主だが、笑顔で毒舌を吐くこともある。本名・春日井ピコレッタ
ペルセポネ1世/ペルセポネ先生(CV:小森未彩)
ペルママに昇天させられる~耳掃除編~
邪神ちゃん・ミノス・メデューサの学生時代の恩師で、ペルセポネ2世の母親。魔界教育委員会からの辞令で人間界に滞在し、人間界にいる子供の生活を勉強するために児童養護施設「アイアンコマンドー」にやってきた。生徒思いの優しい性格だが、お茶目で過激な一面も見せている。幼少時は天界に住んでいおりリエールはその頃からの親友。夫の本名は春日井右近
遊佐(CV:荒浪和沙)
遊佐さんと氷ちゃんさん
雪女のような氷族の上級悪魔。魔界では氷の能力を利用して生計を立てている。妹をいじめる邪神ちゃんに対して敵愾心を抱いている一方で、仲良くしてくれるゆりねに対しては好感を持っている。天使であるぺこらに対しても誠実に接し、基本的に心優しい性格。
浩二 /氷ちゃん(CV:寺田御子)
2022氷ちゃん誕生日絵
氷族の一員である下級悪魔。遊佐の妹。邪神ちゃんには度々いじめられているため、逆に仲良くしてくれるゆりねには懐いている。
ベート (CV:M・A・O)
ジェヴォーダンの獣
ゆりねがペットとして飼っている魔獣。ジェヴォーダンの獣とされる魔獣の子供だが、何故かゆりねからは犬と思われている。
邪神ちゃんマミー
マミーが来た!
邪神ちゃんの母親。ゆりねを始末するために人間界へやって来たらしいが・・・?

魔界中国出身編集

キョンキョン(CV:山下七海)
邪神ちゃんドロップキック キョンキョン
魔界中国からやって来たキョンシー。人間界で善行を積めば人間になれるという教えを信じ、それを叶える為に困っている人を見かけたら積極的に助ける。その反面同情の余地の無い者には容赦しない一面もある。書店「ドラゴン書房」でアルバイトをしている。
ランラン (CV:田中美海)
邪神ちゃんドロップキック ランラン
キョンキョンの服の胸元に描かれたパンダだが、正体は彼女の姉。魔界パンダから呪いを掛けられて今の姿に変わる。暴走しがちな妹のブレーキ役で、まともな人物ゆえ邪神ちゃんへの評価は低い。

魔界トランシルヴァニア出身編集

エキュート (CV:朝ノ瑠璃)
エキュート
魔界トランシルヴァニアからやって来たヴァンパイア族の姫君にして、ヴァンパイア用の血を集める献血センター神保町支部の支部長。威張り散らしているが、根はヘタレで邪神ちゃんにも負ける。教育係のアトレに都度しばき倒されている。
アトレ (CV:長谷川玲奈)
アトレ
エキュートの従者にして教育係。誰に対しても礼儀正しく接するが、根っこはサディストである。一方で面倒見のいいところもある、人情派極道。

天界編集

キャラクター名はみなお菓子と関連のある名前で統一されている。


ぺこら (CV:小坂井祐莉絵)
センシティブな作品
悪魔狩りを生業とする天使。邪神ちゃんを退治しようとしたが、失敗。以降は人間界でホームレス生活を余儀なくされる。真面目だが要領の悪い性格な上に不幸体質。ゆりねにも警戒していたが、次第に彼女やその周囲とも馴染んでいく。キャラ名は不二家ペコちゃん…ではなく、グリコの「プチチョコレート チッチョコ」のキャラクター「ペコラ」か。
ぽぽろん(CV:佐々木李子)
無題
ぺこらの元部下である天使。ゆるふわ系の外見とは裏腹に、腹黒い性格の持ち主。ぺこらと同じ任務に失敗して帰れなくなった。現在は人間界でラーメン屋に住み込みで働きながら、アイドル活動をして生計を立てている。キャラ名は明治ポポロンか
ぴの (CV:山田麻莉奈)
邪神ちゃんらくがき
ぺこらの元部下でお世話係だった天使。グラマラスな体型をしている。お嬢様口調で話す気品を持っているが、腹黒で歪んだ出世欲の持ち主。一方で情緒不安定でもある。任務失敗後は邪神ちゃん達の住むアパートの大家さんをしている。キャラ名は森永乳業ピノ
リエール(CV:花井美春)
キリッ
ぺこら達の「」である。幼い少女の姿をし、児童擁護施設「アイアンコマンドー」に孤児として入所している。他の神々との会議で地上を滅ぼす事が決まり、その前に人間としての生活を体験する目的で地上に降りた。ペルセポネ1世とは旧知。キャラ名はブルボンチョコリエールだろう。

人間編集

橘芽依(CV:原奈津子)
スーパーコップ
アキバにある万歳橋警察署の婦人警官。極度の可愛いもの(本人の価値観基準。一般的に言えば「変なもの」)好きで、それを手に入れるためなら職権乱用などの手段を選ばない。特に邪神ちゃんには「大蛇丸」と勝手に名付け、ことあるごとに執着しているが、当の本人には嫌がられている。

テレビアニメ編集

2018年夏アニメとしてTOKYOMXチバテレビとちぎテレビ三重テレビサンテレビ北海道文化放送BSフジAT-Xなどで全11話が放送された。

第12話はTV未放送であり、Amazon Prime Videoで2018年10月1日より配信中。

アニメーション制作はノーマッド

DVDBDは上下巻の全2巻。

2018年10月12日に「2019年1月開催のファンイベントまでに第1期のセルソフトが2000枚売れたら、第2期やります」と宣言。2019年1月20日に開催されたイベントにてこれが達成されたことが発表され、第2期制作が決定した。


第2期は「邪神ちゃんドロップキック'」(読み方は「じゃしんちゃんどろっぷきっくだっしゅ」)と言うタイトルで、2020年春アニメとして全12話が放送され、ネット局に群馬テレビテレビ長崎などが加わった。本編としては10話までで、残りは特別編と千歳市とのコラボ回が放送された。


第3期「邪神ちゃんドロップキックX」(「じゃしんちゃんどろっぷきっくえっくす」)は2022年夏アニメとして放送。関東圏での放送は独立局からテレビ東京に変更となり、BS放送ではBS日テレが追加された。自治体タイアップも本編に組み込まれて大幅に増強されており、釧路市帯広市南島原市富良野市とのコラボ回が4連続で放送された。

所謂地方を紹介するアニメであり、原作には無い完全オリジナルエピソードである。しかし南島原で邪神ちゃんがそうめんにされて食べられるなど、ある意味本編以上に狂っている描写が多々ある。オリジナルエピソードだからこそのやりたい放題が詰まっているのである。


クラウドファンディング編集

テレビアニメ3期は2020年9月30日にクラウドファンディングの募集によって制作される。

3期クラウドファンディングの詳細はこちらを参照。


テレビアニメ4期も2022年9月30日にクラウドファンディングの募集によって制作される予定であることが明かされ、2022年11月30日21時に開始された。今回は『邪神ちゃん4期分割プロジェクト』となっており、まずはOVAの制作を目指し達成額3000万ごとに1話制作を決定している。つまり、4期が放送されるためには12話分の達成金額3億6000万もの資金が必要とされている。無茶な額に思われるかも知れないが、通常アニメ1クールを製作するには3億は資金が必要なのである。つまり、4期はクラウドファンディングで製作資金を100%調達する予定なのである。無論、そこまで資金が集まらない事態も考えられるが、その場合は集まった資金分OVAを製作するというわけである。


目標金額はまず、OVA1話分である3000万円設定。金額が金額なだけに資金が集まるのか不安もあるかと思われたが・・・なんと開始35分で目標金額を達成するという異例の出来事が起きた。2022年12月17日には目標金額の2倍である60,000,000円を達成。2023年1月13日には目標金額の3倍である90,000,000円を達成。現在もその勢いは止まることを知らない。


募集期限である2023年1月13日には、最終的に115,964,266円もの支援が集まった。これは、クラウドファンディングを行ったサイト内での『アニメ』カテゴリーで歴代最高額である。また、全カテゴリーでも4位となっており、その凄さが見てとれる。

※2023/1/13時点


4期クラウドファンディングの詳細はこちらを参照。


達成状況編集

達成日達成金額達成率製作話数備考
2022/11/3030,000,000円100%1話
2022/12/1760,000,000円200%2話
2023/1/1390,000,000円300%3話

後にテレビ東京系列で放送される事になったのは、上述通り。


声優について編集


検索するときは…編集

キャラの名前で検索する場合、元ネタや他の作品の人物が引っかかってしまう者もいるため、作品名も入れて検索することを推奨する。


まさかの…編集

プラモデル化編集

フィギュア・プラモデルを販売している株式会社ベルファインよりプラモデル化が決定。

プラモにされるのは邪神ちゃん・・・ではなく、劇中で邪神ちゃんが組もうとしていたプラモデル「パンダ人間」である。ランナー一枚にパーツが二個という「これはプラモと言えるのか?組み立てるという喜びをどこかに置いてきてしまったようなプラモですの・・・」と邪神ちゃんを嘆かせた商品内容を忠実に再現している。

組み立てる喜びはどこかに置いてきてしまっているが、造型はしっかりとしているため、腕に覚えのある人は彩色までチャレンジしてみるのも乙である。


このパンダ人間のプラモが好評を得たことから、主人公である邪神ちゃんのプラモが満を持して発売が決定した。パンダ人間と違って組み立てる喜びは1250%増しとのこと。


公式切り抜き編集

一部では問題視されている違法アップロードだが、何と第3期では公式で最速の切り抜きアップロードを宣言した。この宣言をした理由は、違法な切り抜きが550万再生を記録したことに対抗しての事らしい。

最速切り抜きどころか、放送前に切り抜きアップロードすることもある


更に言えば、1日に可能なアップロードの限界に挑戦し、100本の切り抜きを一挙にアップロードという予想の斜め上な行動に出た。


因みに、これらの切り抜きアップロードを公式ではハッシュタグで「邪法アップロード」と称している。


一連の顛末は、後述のねとらぼの記事リンクを参照のこと。


アニメ「邪神ちゃんドロップキックX」公式が違法切り抜きに対抗 公式切り抜きを「どこよりも早くアップロード」すると宣言し話題(ねとらぼ)


後に公式切り抜きが様々な作品で拡散していく流れになったのは、邪神ちゃんの公式切り抜きがきっかけになった、ともいわれている。


アニメアワード2023編集

同アワードで行われているアニメアワード投票において、邪神ちゃんは圏外となっていた。


しかし、公式が投票方法などを解説したツイートを行い、そこから票は伸びていき、気が付くと上位ベスト3に入っただけでなく、何と圧倒的な差をつけて1位になるという展開を生み出した。まさかの下剋上と言えるだろう。


後に、この投票解説に関して流れに乗ったのが同じくアワードで投票対象になっているメカアマトの公式である。

(ここまで投票を解説したり、ランキングの中間報告などを行っている公式アカウントは、邪神ちゃんとメカアマトのみである)


舞台版編集

2021年12月24日〜25日に開演された。


アリス・ギア・アイギスEX編集

2023年に開催された邪神ちゃんのリアルイベントにおいて、アニメ制作会社が同じ『アリス・ギア・アイギスEX』のポスターが掲示された。


制作会社つながりだけで掲示されたのか、と思われがちなのだがしれっとコラボイラストもイベント内で公開されたのである。


これがアリスギア側の公式コラボにつながるのかは、定かではない。


公式による……編集

コミケにおいてグッズとして展開されていた邪神ちゃんショッパー(袋)、やはりというかメルカリなどのオークションサイト転売ヤーによる出品が大量に出てきた中で、まさかの邪神ちゃんの公式アカウントがショッパーを転売ヤーよりも安値で販売するという予想斜め上の行動に出た。


違法アップロードに対する邪法アップロードと同様の展開を見せたことに、やはりというか衝撃の声も挙がった。この場合は「邪法オークション」か。


公式曰く「買わないでね!」とのことだが、この場合は「転売ヤーからは)買わないでね!」という公式からの注意喚起と思われる。


再販、もしくは追加分があるかどうかは不明だが続報を待ちたい。


最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。編集

上述のアリスギアと同様に、邪神ちゃんのリアルイベントで最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。のコラボカードが制作されている。


令和の米騒動編集

ある事情もあってか、何と米を売ることになった。それを『令和の米騒動』と言及し、公式のXアカウントでも令和の米騒動がアカウント名に使われている。


本来の意味としては、リンク先を参照してもらいたい。


あの軍曹とコラボするのであります!編集

2023年12月1日から新宿マルイで実施される邪神ちゃんイベント、そこでは何と『ケロロ軍曹』とのコラボイベントとなった。まさかの展開になったといえるだろう。


邪神ちゃん公式曰く「ヘビとカエルの仲良しコラボ」である。ポスターに関しては、両作品を担当していた古賀誠氏によるもの。


世紀末編でもコラボ?編集

世紀末というと、あの作品と何かあるのでは……と言う中、邪神ちゃん公式において北斗の拳とのコラボを世紀末編において行う事が発表、しかもケンシロウも登場する。


更に言えば、この世紀末編、放送前に映像データを300円で発売するとも発表済み。まさかの展開となった。上述の違法アップロード対策とも言えるような事を、予想の斜め上な方法で……と言う意味でも。


異世界ゆるり紀行編集

こちらも上述の最弱テイマーと同様、出演者繋がりの縁でコラボイラストが作られることになった。こちらの放送は2024年7月予定なので、その辺りには公開されることかもしれない。


続報を待とう。


スライム倒して300年編集

2024年6月2日の邪神ちゃんフェス2において、スライム倒して300年とのコラボが発表された。原作者によるボイスドラマも予定されているとのこと。


…などと言っていたら編集

上述の邪法アップロードやメルカリ(いわゆる転売ヤー)よりも安く売るなどと言ったような活動も含め、何と邪神ちゃんの行った宣伝活動のビジネス書が出ることになった。


嘘みたいな話だが、事実である


タイトルは『宣伝は差異が全て-邪神ちゃんドロップキックからマーケティングを学ぶ-』である。


それ以外にもふるさと納税なども含まれており、ある意味でも本格的なビジネス書になる模様。


予約してくれた人に邪神ちゃんフェス2でプレゼントもあるとか……。


二次創作編集

2022年9月30日、公式よりガイドラインが制定された。

以後、二次創作を行う場合はこのガイドラインに従って利用することが条件となる。

ただし、ガイドライン対象は3期のみであり、1期・2期は対象外となっているため注意が必要である。


二次創作ができる対象コンテンツ

  • 邪神ちゃんドロップキックX(全12話)

対象外コンテンツ

  • 邪神ちゃんドロップキック(1期)
  • 邪神ちゃんドロップキック'(2期)

二次的コンテンツの公開が可能なプラットフォーム


詳細は以下のリンク先を参照。




users入り編集


外部リンク編集

関連記事

親記事

ユキヲ ゆきを

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33002680

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました