ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 紙や布の一部を切り取って別の形にすること。
  2. 動画サイトにおける投稿スタイルの一つ。現代において切り抜きといえば主にこちらの意味で使用される事が多い。

1の概要

まぁめいど


文字通り、紙や布といった物の一部をハサミやカッターなどの道具を用いて切り抜くこと。そこからさらに形のある物へと加工し、アートとして表現する。

pixivにおいては上記のような切り抜き絵や、切り抜いた紙を折り紙のように立体化させたリアリティのある作品が投稿されている。


2の概要

【切り抜き漫画】昭和のアニメみたいなしゃべり方の尾丸ポルカ


長時間に渡る動画の一部を編集で抜粋すること。また、そういった動画全般を指す。

このような動画を投稿する人は「切り抜き師」とも呼ばれている。

主にYouTubeでこの投稿スタイルが盛んに行われており、中でもバーチャルYouTuber(VTuber)の動画配信を対象とした切り抜き動画が多く投稿される傾向にある。

VTuberの動画配信は最短でも30分〜1時間、最長だと12時間直前にまでなり、リスナー側も視聴を継続するのに時間の余裕が求められつつある。

そういった余裕がないリスナーには配信の要所要所のみを的確に見られるのでありがたい存在でもあり、VTuber側も知名度の向上に繋がるので切り抜き動画の投稿を許容・推奨している事が多い。

実際に切り抜きから興味を持ってファンになったリスナーも多く、VTuber側も切り抜きの話をしたり自ら切り抜き動画を投稿する事もある(Twitchではクリップという似た機能があるが、視聴期間に制限がある)。なお、AVTuberの場合は扱うコンテンツの関係でチャンネルが飛びやすいため、切り抜き動画の存在は貴重である。


切り抜き師の数だけテロップや立ち絵など編集も様々で箱推しもいれば特定の推し中心など切り抜きはほぼ毎日たくさん投稿されているので見比べて見るのも一興。

また、音声のみを切り取って自作の漫画やアニメーションとして表現する動画も多く存在し、こちらも人気が高い。


ただし、企業勢Vtuberの切り抜きを投稿するには特定のルールが設けられている場合もあり、投稿の際には規約などの文面があればしっかり目を通しておくなど、注意が必要。

また、一部ではサムネイルの時点で誤解や悪印象を与えかねない悪質な切り抜き動画も散見され、問題となっている。


切り抜きは基本的に切り抜き運営チャンネルの自己責任で行われる。その上で広告収入の収益配分は切り抜き元動画のチャンネル運営者と協議の末に決まる。つまり切り抜きは切り抜き師の善意が無ければ成り立たないコンテンツと言える。


当然ではあるが、動画の作者が切り抜きを許可していなければ著作権侵害となる。

切り抜き動画の中にはアニメや映画といったものを無断で投稿しているものもあり、それらは切り抜きではなく違法アップロード動画として扱われる。

このような動画を見つけた場合、公式コンテンツ等の著作元やYouTubeの運営への速やかな報告が推奨される。

過去にはこの違法アップロード問題により逮捕者が出た事もある。→ファスト映画


主な悪質切り抜きの例

・配信者本人が配信を終える前に切り抜きをアップロードする(実際、これのせいで配信者本人のアーカイブが複製と見なされて収益化が停止された例がある)。

・本人が言ってもいないことを音声を繋ぎ合わせて言ったことにする。

・MMDを配布している場合、それらを使ってlive2Dでは出来ないような表情に加工したサムネを作る。

・「実は〇〇だった」「××な理由は―――」など大したこともない言動をさも重大なことに見せかける。

・1時間程度の短い配信の内のほぼ8~9割を切り抜き動画にする。


これらの行為により、切り抜き自体を好意的に見ていないユーザーも増えている。

そしてこういった動画が企業の手によって粗製濫造されているのもまた事実である。


関連タグ

  カット

動画サイト 編集

ホロライブ にじさんじ


切り取り


邪神ちゃんドロップキック:違法な切り抜きを問題視し、公式が最速で切り抜きを行う展開となった。詳細はリンク先を参照。

関連記事

親記事

編集 へんしゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1656852

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました