2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

美しい女性の容姿であることが多い妖怪だが、老婆やいかにも人外の見た目のものも存在する。
大抵は白肌白装束黒髪といったモノトーンが伝統的なスタイルだが、近年の創作では水色で描かれることも多い。
雪女の登場する文学作品としてはラフカディオ・ハーン小泉八雲)の「雪おんな」が有名。

の寒さと非情さを伝えるのみならず、の美しさや儚さの象徴としての側面も併せ持つ。また幻覚や人恋しさゆえに訪問客を求める心理も絡むため、日本各地に善悪入り乱れた伝承が多数存在する。

主に口から冷気を吹き掛けて人間を凍死させたり、精気を吸い取ってしまうなどの能力を持っているとされたり、話しかけたり姿を直視するのはタブーだという伝承が有名で、人間と子を成す伝承もあれば、最初から子供がいるとされる場合もあるのだが、ハーフと純粋な人間との差異は全くもって不明。正体に関しても、雪山で遭難した女の霊や精霊や神霊の類など諸説ある。

多くは正体を突き止めるなどすると姿を消すという、鶴の恩返しなどと似た余韻を残す物語が多い。西洋でいう人魚や水の精のような存在であるのかもしれない。

他の幽霊話などに似た行動や、単独で様々に化けたりすることもある(参照)。

ベコを連れて乳を搾る雪女も有名。

また、「おぼう力」や「幽霊にもらった力こぶ」のようなパターンもあるが、力を授けてくれるどころか殺されてしまうらしい。

別名

「雪女郎」、「シッケンケン」、「雪婆」など

各言語での呼び名

言語カナ表記綴り
英語スノーウーマン / スノーメイデンSnow Woman, Snow Maiden
ドイツ語シュネーフラオSchneefrau
スペイン語ムヘール・デ・ニエベMujer de Nieve
ポルトガル語ムリェール・ダ・ネーヴィMulher da Neve
イタリア語ドンナ・デッレ・ネヴィDonna delle Nevi
フランス語ファム・デ・ネージュFemme des Neiges
チェコ語スニェジュナー・ジェナSněžná Žena
ハンガリー語ホーアッソニュHóasszony
フィンランド語ルミナイネンLuminainen
スウェーデン語スネクヴィンナンSnökvinnan
ノルウェー語スニョクヴィンネSnøkvinne
ロシア語スネージナヤ・ジェーンシチナSnezhnaya Zhenshchina
タイ語サーオヒマSao Hima
インドネシア語ワニタ・サルジュWanita Salju
アイヌ語ウパシメノコ(伝承有り)Upas-menoko
中国語シュエニュイXuenu


創作に登場する雪女

まんが日本昔ばなし』に登場する雪女は、老人青年の家族の前に現れ、1度目は老人の命を奪うも、2度目は残った青年と結婚する。老人が死んだ時のことを話してはいけないという約束をうっかり彼女自身に話してしまい、青年の前から消えてしまう。

近年は所謂「正体を見抜かれると消える」という前提すら覆した雪女も描かれるようになり、その性質も非常に多彩になった。それでも儚げな容姿や設定から、大抵の場合人と妖怪との恋愛・相互理解の象徴として好まれている。

妖怪漫画家である水木しげるの描く雪女の姿にはメディアによって差異があり、妖怪図鑑では髪を振り乱した女性、漫画やアニメ版ではいわゆる水木顔で描かれる。2000年代版以降のアニメでは華がなさすぎると判断されたのか美女系の雪女も登場している。

関連キャラ・作品

漫画・アニメ


ゲーム


その他(特撮など)


それ以外の主な雪女系統キャラ


関連タグ

一般

   雪山 冬山
雪の女王 氷の女王
妖怪 女妖怪 日本妖怪 雪の精 雪娘 雪ん子 雪ん娘 つらら女 氷女 スネグーラチカ(ロシアの童話) 白粉婆
雪男 ジャックフロスト(霜の精霊)
氷属性
異類婚姻譚

他の記事言語

Yuki-onna

関連記事

親記事

女妖怪 おんなようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「雪女」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「雪女」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31163376

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました