ピクシブ百科事典

虚構推理

きょこうすいり

城平京の小説。及びそれを原作とした漫画・アニメ作品。
目次[非表示]

概要

2011年5月9日講談社ノベルスより『虚構推理 鋼人七瀬』のタイトルで刊行された城平京の小説。
2012年に第12回本格ミステリ大賞、本格ミステリ・ベスト10第4位を受賞。
シリーズ累計200万部を突破している。

コミカライズ化に際し、2015年12月15日には講談社文庫より本タイトルで刊行。2019年1月23日には後述の短編集に併せて講談社タイガより同タイトルで刊行。同じ作品が3つのレーベルから刊行されている。
2019年現在、既刊は長編で第1作目となる『虚構推理 鋼人七瀬』(現:虚構推理)と短編集となる『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』の2巻。
第3巻となる『虚構推理 スリーピング・マーダー』は6月刊行予定。

コミカライズ版は少年マガジンRにて2015年1号より連載中。作画は片瀬茶柴が担当。
既刊は10巻。
第8巻からは通常版に加えて限定版・特装版がリリースされている。
2016年に第6回 NEXTブレイク漫画RANKING BEST50第7位を受賞。2018年に第42回講談社漫画賞 少年部門にノミネートされた。(受賞自体は『BEASTARS』)

余談だが、本作は城平氏約7年ぶりの小説作品である。

2019年1月、アニメ化決定

登場人物

虚構推理


岩永琴子(CV:鬼頭明里
主人公にしてヒロイン。作中世界の名家・岩永家の令嬢。
容姿、体系が可愛らしいため、年齢相応に見えないが、恋においてはぐいぐいいく肉食系でその外見とは裏腹なぶっ飛んだ言動をとることが多い。
11歳の時に〝怪異達の知恵の神になる〟という契約を交わし、怪異間の悩みやトラブルを解決している。その証として片眼と片脚を失っており、義眼と義足をしている。(古事記に記されているクエビコになぞらえている)

桜川九郎(CV:宮野真守
琴子の一目惚れ相手で、ぐいぐいおして恋人になった青年。
11歳の時に、食べると不老不死になるという人魚の肉と生まれ落ちてすぐ必ず当たる予言を行い、死亡するという妖怪「(くだん)」の肉を食べ、不死になった。件の影響は『死ぬことで未来を自分の望むものに決定できる能力』となっている(=妖怪「くだん」の特性である「未来を確定させられるが必ず死ぬ」のうちの「必ず死ぬ」というデメリットが、人魚の「不老不死」の特性により「すぐに復活・再生する」ことで帳消しになっている)。
いちおう恋人関係にある琴子のことは、「ことこ」というのが言いにくいため、「岩永」と苗字呼びを続けている。
好みの女性は後述の従姉の六花や恋人だった紗季なため、琴子への扱いはぞんざい。(だが、彼なりに大事にしていないわけではない)

桜川六花
九郎の従姉で、彼と同じ体験から同じ不死の体と能力を持つ。
『死ぬことで未来を自分の望むものに決定できる能力』を利用し、自身の“不死の体を元に戻す”怪異を生み出そうとしている。

弓原紗季
九郎の元恋人。九郎とは結婚も視野に入れていたが、婚前旅行先のとある出来事から別離を選んだ。
『鋼人七瀬』事件の際に九郎と再会。嫌いになって別れたわけではないため、未練自体もあり、琴子といがみ合うもこの件を共に解決に導いた。事件後は九郎を吹っ切ることを決意。
現在の職業は女性警察官

TVアニメ

2019年1月15日にTVアニメ化決定が発表され、同時に公式ティザーサイト・公式Twitterが公開され、制作会社がブレインズ・ベースであると報じられた。
同年4月9日、メインキャスト2名のキャストが発表。
6月6日には続報として、正式な放送時期が2020年1月であることやキービジュアル、新PVが公開された。ティザーサイトも正式なサイトにリニューアルされている。
更には、本作のワールドプレミアも開催される予定である。
アメリカロサンゼルスにて開催される「Anime Expo 2019」内で現地時間7月5日16時より実施され、九郎役の宮野が登壇することも併せて発表された。

制作スタッフ

監督後藤圭二
シリーズ構成高木登
キャラクターデザイン・総作画監督本多孝敏
制作NAS
アニメーション制作ブレインズ・ベース


主題歌

オープニングテーマ『』
歌 - 嘘とカメレオン
エンディングテーマ『』
歌 - 宮野真守

関連動画




関連タグ

恋愛 伝奇 ミステリー
妖怪 都市伝説
2020年冬アニメ

外部リンク

コミカライズ版公式Twitter
アニメ公式サイト
アニメ公式Twitter
wikipedia

関連記事

親記事

城平京 しろだいらきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「虚構推理」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25062

コメント